人生戦略ノート

Enjoy the Life

「ダイエットと健康維持の効果を発揮する水泳をするメリット」


スポンサーリンク

運動の習慣で得られる多大なメリット

ジムでランニングをするより、かなりの効果がある水泳。
ダイエットには効果的な水泳、水泳という運動による健康維持にも大きな効果を発揮します。水泳をする事で得られる素晴らしいメリットを紹介します。

水泳による圧倒的なメリット

冬は痩せにくくて、夏は痩せやすいと思っている人がいるかもしれません。 夏に運動し、しっかり汗をかけば、痩せると思っている人がいますが、夏より冬の方が痩せやすいのです。

寒いからこそ、体は体温を上げるためにカロリーを消費します。たき火の木がカロリーです。この事から体温より低い環境で運動すればダイエットの効果が普段以上発揮します。
体温より低い状態で運動ができるのは「水泳」です。
ダイエットに大きな効果のある水泳、健康維持にも役に立つ優れた運動です。

1.ダイエット効果

体温より低い水温にいることで体は温度調整をします。体温を調節する働きによって冷えた体を温めるために体内でエネルギーの燃焼が促進されます。エネルギーを消費する事でカロリーの消費にあるので、脂肪燃焼効果が高まります。水泳をする事で水圧がかかり、負荷がかかる事で脂肪燃焼効果をさらにアップさせます。

ジムなら夏は温度下げて快適に水泳ができ、冬は冷たすぎない温度なのでどの季節でも快適に水泳を行い、ダイエット効果を大きく発揮します。

2.浮力による体の負担を減らす

ランニングをする事で膝や腰に足の裏を痛めてしまう事があり、継続するための運動に黄色信号を灯すことなります。

水泳の場合は、浮力があるので普段の運動より関節や腰など体の負担は少なくなります。体の負担は少ないけど、水圧、水温といった要因でカロリー消費は普段の運動より消費される可能性があります。

3.バランスの良い筋力をつけるl効果

~ 夏のプールでエクササイズ ■ 水中運動のススメ~ 健康の診断サイト カラダカラ

陸上での運動やウォーキングは、主に足など下半身の筋肉を使って推進力を得るのに対して、水泳は全身を使って推進力を得ています。

ウォーキングなどずっとやり続けるとひざや腰に足の裏、くつずれがあったりと各部に負担がピンポイントでかかります。

その点、プールは負担が非常に少ない運動で体全体を動かすので、バランスの良い筋肉を付け、カロリー消費することができます。

4.心肺機能の強化

心肺機能は大事な事です吸入による酸素量が多いほど、心臓の血液循環が向上し、全身のいたるところで酸素を供給します。

運動をするさに全身にしっかり酸素が送られないとあちことで故障しやすくなります。心肺機能の強化は心臓病や血圧を安定させることになります。水泳で心肺機能の強化は老後の病気のリスクを下げ、酸素不足で動けなくなることを防ぎます。

水泳のメリットのあとがき

水泳となると水着を着てする事になるので恥ずかしいという事が最初に思い浮かぶかもしれません。私は水泳するためにジムの水着を買ってからしばらくはジムで水泳をしていませんでした。
行動せずにそのままにして、学生時代後悔した事があるので思い切って水泳に挑戦しました。失敗を恐れたり、恥ずかしいという事だけで尻込みするのは無駄でどんどん失敗しようと気持ちで水泳に挑戦しました。

1年後にはクロールのスピードがあり、1キロ泳いでも1年前に比べて疲れにくくなったのと体重が大きく減少しました。そのおかげでスーツや私服の買い直しになりましたが、継続して水泳をする事で身をもって効果を実感できました。これから運動しようという人は、水泳を一つの選択肢に入れると大きな効果を発揮する事は間違いなしです。