健康、投資や生活に役立つ「人生戦略ノート」ブログ

人生の戦略を実戦して楽しく生きるブログです。健康や投資に筋トレなどいろいろな情報を楽しくお届けします。

MENU

「二日酔いにならない3つのカテゴリーからする二日酔いの対処法」



スポンサーリンク

二日酔い対策

お酒を飲む人にとっては飲みながら話す時間事でストレス解消や楽しい時間です。しかし、飲みすぎると次の日に二日酔いになることがあります。この二日酔いは一日の生産性を奪うだけではなく、時間までも奪う事になります。

二日酔いになってしまった時の対処法と二日酔いにならないために自分が行っている3つのカテゴリーからしていることをまとめました。

この記事は2015年6月26日の記事を修正してます。

「お酒は飲んでも飲まれるな」

『戦士たるもの者いかなる時も酒に呑まれるようなバカはやられねモンさ』


この言葉は、ワンピースのゾロが発した言葉です。この言葉を社会人に例えると
「サラリーマンたる者酒いかなる時も酒に飲まれるようなバカはしません!」

お酒は飲み始めはお酒に飲まれないようにという気持ちがありますが、徐々に楽しくなりお酒のペースが早くなります。最悪フラフラになり、お酒に飲まれた状態になり、次の日には二日酔いコース。
まだ、次の日が休みなら何とでもなります。次の日が仕事だと寝坊や仕事の失敗を起こす可能性があります。

お酒を飲んだ翌日に二日酔になり、誰もが言葉があります。
「後悔先に立たず」です。後になって飲み方や飲む量を気を付ければ良かったと後悔します。

お酒を飲んでいてすぐに限界を感じる事は出来ません。後悔した時に自分が二日酔いにならない量を次の飲み会に調整して、学ぶ必要があります。

二日酔いは人生の損


人間関係や仕事でも信頼関係を大きく損なう「遅刻」。その中で、過去にブレイクしていた時に8.6秒バズーカの人が大遅刻をしました。
遅刻をする前日は、夕方に仕事が終わり、同期と先輩でお酒を飲んでいたそうです。

自分より年上の人とお酒を飲むと、どんなに早く帰りたくても先に帰るのは難しいです。お酒が入り過ぎると睡眠の質が低下し、起きなければならない時間に起きれません。

お酒の影響で朝起きれない事に加え、酔った時に発する失礼な発言で信頼関係に亀裂が走るのを何度も目にしています。お酒の付き合い方をしっかり意識して行わないと必ず人生を損するこおとになります。

二日酔いのメカニズム

二日酔いのメカニズムは、多量のアルコールを摂取すると体がアセトアルデヒトという物質に分解され、その後に水と二酸化炭素に分解されて体外に排出され、分解できる限界をを超えると頭痛や吐き気などといった二日酔いの症状が出ます。ただ明確なメカニズムは不明で、複数の要素が絡み合って、二日酔いが起きます。

二日酔いのメカニズム:厚生労働省

二日酔いのメカニズム | e-ヘルスネット 情報提供

二日酔いになる主な原因は、自分の分解能力を超えた量のお酒を飲む「飲み過ぎ」です。

二日酔いの症状

二日酔いの症状

  • 頭痛
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 睡眠の質が低下する事による睡眠不足
  • 喉の渇き
  • 胸のむかつき

二日酔の症状は、急激な喉の渇き、ひどい吐き気、嘔吐と頭痛に睡眠不足になり、一日中苦しむ事になります。喉が渇いているのに吐き気があり、水分補給を積極的にできません。アルコールを分解するために多くの水を使うので、体内の水が不足し、脱水症状の状態になる可能性があります。

また、吐き気がなくともアルコールの利尿作用で体内の水分がなくなり、脱水状態になる場合があります。日本人は欧米人に比べて肝臓の大きさが小さく、お酒にあまり強くありません。お酒に強くなるためには、肝臓にしっかり働いている貰う必要があります。

普段の食生活から肝臓が必要される栄養素をしっかり摂取する事が大切です。
「二日酔いの対処として肝臓機能に良い5つの栄養素」 を紹介しているので、5つの栄養素を含む食べ物を摂取する事で二日酔いに強くなれます。

二日酔いにの治し方

二日酔いの治し方は、「塩分を含んだ水分補給と食事と睡眠」です

塩分を含んだ水分を補給し、アルコールを分解するためのエネルギーを食事で摂取し、睡眠をすればたいていは治ります。ただ貴重な1日を使って治すことになります。

水分補給の時に注意しておく事があります。塩分を含まないただの水だけを飲むとナトリウムイオンの濃度を一定に保とうとし、積極的に水分を排出するようになります。いくら飲んでも水分が保持されにくくなり、アルコールで分解されたものがトイレで出ますが、体の水分を保持しづらい状態なので、のどの渇きや脱水状態になりやすい。
塩分を含んだ水分は体に必要な水分を保持する働きがあるので、運動で活用されるスポーツドリンクを飲みましょう。またエネルギー補給のために具材入りの味噌汁で元気あれば「シジミ」を入れて美味しい味噌汁を食べましょう。

重度の二日酔いで睡眠ができない人の対処法

二日酔いは吐き気、頭痛で睡眠できず、苦しみ続ける事になります。寝る事ができても朝から苦しむという状態が続きます。

まずは、吐き気があれば、すぐに吐く。これが一番です。吐きたくても吐くことができない人にオススメなのがパンシロンGです。飲むと一気に胃が活性化され、二日酔いを脱却する最初の栄光の架け橋となります。

次に頭痛対策です。常備薬として家にロキソニンがあったので、飲むとすぐに頭痛が無くなりました。朝早くから二日酔いの苦しみがあり、パンシロンGとロキソニンのおかげで、2時間ほど寝る事で完全復活することができました。

ロキソニンは飲酒前後は飲まないで下さいと薬の説明書に書いてあります。効果が効きすぎるので本来は避けるべきです。ただ二日酔いの地獄から抜け出すには、私にとって唯一の救いでした。大事な日以外は飲まないようにしてください。

二日酔いの対処は事前にするのと二日酔いになった時に対処する方法は「二日酔いの時や事前に二日酔いを防ぐ役立つ5つの飲み物」で紹介しています。

次に紹介するのは、二日酔になる前にできる事を3つのカテゴリーからできる二日酔い対策です。

3つのカテゴリーから二日酔いにならない対策を実施

お酒を飲む時間は仲間と楽しく話したり、先輩上司と楽しく飲んだりとコミュニケーションの一環と大人の大事なストレス解消になっています。

次の日に後悔せず、人生を楽しむためにも二日酔いにならない対策を実施する必要があります。

二日酔い対策として、「お酒を飲む前」、「お酒を飲んでいる時」、「お酒を飲んだ後」3つのカテゴリーに分けて、二日酔対策をすることができます。

1.「お酒を飲む前」にする二日酔い対策

「お酒を飲む前」にする二日酔い対策

お酒を飲む前に対処する事がまず最初の二日酔いにならないための近道です。事前にお酒を受け入れる準備をしておくことでアルコールを分解してくれる肝臓などに負担をかけず、アルコールの分解を促進させる行動を事前に実施することができます。

仕事での付き合いや友人と飲むときに翌日に後悔しないためには、飲む前にできることがあります。

  • 空腹の時にチーズや牛丼を食べる
  • オリーブオイルや酢を飲む
  • カテキンを多く含む緑茶を飲む
  • 二日酔い対処のドリンクを飲む
  • 飲む前に水分を補給する

  • お酒を飲む前に出来る事が多く、するのとしないのとでは翌日の二日酔いになりにくいです。喉が渇いた状態や空腹時に飲むお酒は美味しいですが、そこを我慢して空腹の時にチーズや牛丼を食べる事でタンパク質を摂取し、胃がアルコールを吸収を抑える効果があります。

    オリーブオイルや酢は海外の酒飲みが二日酔い対処としておこなっている行動です。日本の場合は「お茶」という最高の飲み物があり、緑茶に含まれるカテキンもアルコールの吸収を抑えてくれます。

    ちょっとしたことをするだけで二日酔いの対処ができます。

    詳しくは「二日酔いの対処として、飲む前にできる4つの二日酔い対策」で説明しています。

    2.「お酒を飲んでいる時」にする二日酔いの対策

    「お酒を飲んでいる時」にする二日酔いの対策

    お酒を飲む前に二日酔対策を最初に実施します。次にお酒を飲んでいる時にできる二日酔いの対処として5つあります。

    2-1・お酒のチャンポンは辞める

    複数のお酒を飲む事を「お酒のチャンポン」といいます。これをするとほとんどの人が二日酔いになりやすいです。
    い 最初はビール、次に焼酎、最後に日本酒といった流れは二日酔いコースなので、飲むなら1種類、せめて2種類で止めておくべきです。

    2-2.お酒と水を交互に飲む

    お酒を飲んでいる間に水をはさむことはかなりの効果があります。これをするだけで二日酔いになりにくいのは実証済みです。

    お酒を飲んでいてついつい飲んでしまう人は、最初はお酒、次に水というローテーションであれば、二日酔いになりづらいです。

    2-3.唐揚げとサラダを食べる

    「脂肪」はアルコールを胃で吸収するのを大幅に減らすので、飲食店で揚げ物である空揚げやポテトフライがあるのは納得できる料理です。

    サラダを食べる理由としては、「ビタミンC」の摂取が目的です。ビタミンCはアルコールの分解を促進させるので、必ずサラダは食べておくべき食材です。ビタミンCを含んでいる野菜の代表は

    1. ブロッコリー
    2. キャベツ
    3. 赤ピーマン
    4. 黄ピーマン

    できる限り、二日酔い対処と健康のためにもお酒を飲む席ではサラダを食べるようにしましょう。

    2-4.オリーブオイルや酢の効いた料理を食べる

    脂肪はアルコールの吸収を防いでくれるので特に体に良いオリーブオイルの効いた料理がおすすめです。オリーブオイルがいっぱい入っているアヒージョがオススメです。家飲みでも簡単に作れるので二日酔い対処にはオススメの料理です。

    オリーブオイルにチーズやトマトを使うイタリア料理のお店だと、二日酔いがしにくいかもしれません。ただ飲み過ぎた場合はどうしようもありません。

    酢も二日酔いに効果があり、一番効果があると私は感じています。酢もアルコールの分解を促進し、なおかつクエン酸のおかげで疲労回復効果があります。酢の効いた食べ物は、お寿司、南蛮漬け、カルパッチョなどがあります。

    酢はあとで説明しますが、二日酔いの救世主となる存在です。

    2-5.料理の〆は「梅茶漬け」

    お酒を飲んだ後に更にラーメンのような味の濃いものを体は欲します。そして、お酒を飲んだ後のラーメンは美味しいです。ラーメンに含むイノシン酸を摂取するために脳が指令を与え、更に飲んだ後は濃い味のラーメンが物凄く美味しく感じてしまいます。習慣化すると太るので辞めておきましょう。

    お酒を飲んだ後にアイスクリームを食べたくなるなど糖類を欲するのは、アルコールを分解するために血中の糖を使うので、どんどん足りになくなるのが原因です。ラーメン同様に習慣化すると肥満など健康には悪影響なので、二日酔いのために食べるべき料理の一つとして「梅茶漬け」がおすすめです。

    梅茶漬けは、アルコールの分解を助け、水本補給ができ、体の水分保持し、疲労回復効果があるので疲れやすい社会人にとって最高の食べ物です。
    最後の〆に梅茶漬けを選択している人は賢い人です。是非最後の〆に梅茶漬けを食べましょう。

    2-6.適量、飲むペースをゆっくりにするのが二日酔いの最強の対処法

    お酒が強い人や早い人と同じペースで飲むのではなく、自分のペースで飲むのが一番の二日酔い対処。会話が楽しくなり、お酒が進んでしまいそう中で自分のペースを守り、ゆっくり飲めば量も減らせるので二日酔いになりにくいのは確かなことです。

    お酒を飲む量は、何度か飲んでいれば自分の適量が分かってきます。先輩や友達と行く中で「お酒の飲む量が少ない」と言われて無理して飲むのは愚の骨頂です。
    将来の健康と明日の二日酔いにならないためにも意志を強く持ち、自分のペースを守りましょう。

    3.お酒を飲んだ後の対策

    お酒を飲んだ後の対策

    二日酔いの対処として、飲む前、飲んでいる時、そして最後の飲んだ後の対処となります。
    そして、飲んだ後にお酒の勢いで何もできない人が多いですが、最後のひと手間で二日酔いの対処になるので、最後までしっかり実施できる余力を残してお酒を飲むべきです。

    3-1.寝る前の塩分を含んだ水分補給

    誰もが知っているのは、寝る前に大量の水を飲む。ただ水よりスポーツドリンクの方を飲むべきです。

    寝る前に飲むとトイレに行きたくなるから飲まないという人がいますが、アルコールを出す方が最優先です。水分を取らない事で脱水と血液がドロドロになり、内臓機能を低下させ、アルコールを分解する働きを抑制してしまいます。寝る前にしっかり塩分を含んだ水分補給をしてください。

    水だけだとアルコールを排出するためには役立ちますが、体内の水分を保持しづらいので逆に内臓に負担をかけてしまうので塩分を含んだ水分補給を取るようにしましょう。特にスポーツドリンクは、二日酔い対処と疲労回復効果があるので、お勧めです。

    寝る前の二日酔い対処法

    「飲み過ぎて翌日が気になる二日酔い対処法のために寝る前にできる4つの行動」

    3-2.寝る前に酢を飲む

    アルコールの影響で睡眠の質が低下します。
    そのため、疲労を一番回復させてくれる睡眠の効果が低下する事になります。体の疲労を回復を促進させるためにクエン酸が摂取でき、風邪対策となる殺菌作用にアルコールの分解を促進させる「酢」を寝る前に飲むのがオススメです。

    酢は実はアルコールであるお酒から作られています。
    「酢」とはお酒がすっぱくなったものを意味します。

    わかさ生活

    参照元:酢 | 成分情報 | わかさの秘密

    ただ、酢はクセが強く簡単に飲むことができる人とできない人に分かれます。効果的な酢を取り入れるには、サプリメントで飲むのが一番効果的です。

    3-3.ラーメンを食べる

    上記に挙げましたが、アルコールを分解するために血中の糖を使うので、糖を摂取するために体は食べ物を摂取させようと脳から指令出ます。そして、食べたくなるのがラーメン。お酒を飲んだあとの天下一品の「こってり」は天下絶品の味です。しかしデブへの究極の第一歩として有名ですね。

    ただラーメンを食べたくなるのも体がアルコールを分解に役立つことを知っているからです。
    ラーメンのスープにお酒を分解するイノシン酸やアミノ酸が豊富にあるので、体がラーメンを欲するのはアルコールを分解するための本能です。ただし、メタボなど健康を害する恐れが高いので、できれば〆の料理で梅茶漬けで、済ませる方が健康的です。

    飲んだ後こそ寝る前までに何をしたかで二日酔いがどうなるかが決まります。二日酔いにならないために寝る前にできる対処法をしっかり実施しておきましょう。

    寝る前にしておくべき4つの行動

    「飲み過ぎて翌日が気になる二日酔い対処法のために寝る前にできる4つの行動」-人生戦略ノート

    二日酔いにならない3つのカテゴリーからする二日酔い対処法まとめ

    飲む前、飲んでいる時の料理、飲んだ後の行動で二日酔いの対処ができます。お酒を飲むなら好きなようにしたいと思うかもしれませんが、ちょっとしたことをするだけで、朝のムカムカもなく、朝スッキリした状態を迎える事ができます。

    ただ一番の対策は「飲みすぎないこと」これに尽きます。

    お酒を飲む時間は楽しいです。飲んだ後の二日酔いは楽しくありません。ついつい飲み過ぎてしまう人は、サプリメントなどで次の日の二日酔いを対処を事前に準備しておきましょう。

    © 2017 人生戦略ノート