人生戦略ノート

人生の戦略を実戦して楽しく生きるブログです。いろいろな戦略を発表中

【Amazonプライムビデオ】にドラゴンボールが降臨した影響で嬉しくて作品ランキングを勝手に作成



スポンサーリンク

スポンサーリンク

Amazonプライムビデオにドラゴンボールが降臨して休日の時間が無くなる

懐かしのドラゴンボールの映画がAmazonプライムビデオに登場。
子供のころにすべての映画を見ていた自分にとって本当に懐かしい作品が再度見れる喜びと気が付けば土日休みの最後の日曜日になっていた衝撃。
ここまで時間を奪われるほど面白いドラゴンボールの映画をちょっと紹介したいと思います。

懐かしいドラゴンボールの映画

幼年期の小さい悟空の時の映画はほとんど覚えていないのですが、幼年期以外は今でも結構覚えています。
Amazonのプライムビデオにドラゴンボールの映画を見つけたのが2018年8月17日。

8月17日から始まった家事と子育てにプラスされたドラゴンボールの映画の消化作業。
嬉しくて嬉しくて楽しみではあるドラゴンボールの映画を土日の睡眠時間4時間で必死に見た結果、自分自身が好きな作品を勝手にランキングにしました。

5位 危険なふたり!超戦士はねむれない

悟天、トランクスとミスター・サタンの娘、ビーデルは6つのドラゴンボールを集め、あと残り一個を探しに大氷河が広がるナタデ村に向かう。一方、7年前惑星ベジータで悟空との戦いに敗れた伝説の超サイヤ人ブロリーが大氷河の万年雪から復活していた。

セルを倒した後の話になると思っているブロリー2戦目。
魔人ブウ戦でスーパーサイヤ人にならなくて強いモードがあるが、それを使わずにスーパーサイヤ人で戦っていたのでたぶんのセルの後だと思っている。

ストーリーでは悟空はセルの自爆により死亡しているので、悟空の息子である悟飯、悟天にトランクスが主役。
怖いもの知らずの悟天とトランクスは果敢にも復活をとげたブロリーに挑むも全く歯が立たずに逃げ惑い、やっと登場した悟飯とブロリーの戦い。
最後は親子3人でのかめはめ波は、テレビを見ながら一緒にかめはめ波のポーズをとっていたぐらい力が入った作品。

4位 とびっきりの最強対最強

サイヤ人を滅亡させるために地球に攻め込んできたフリーザの兄、クウラらに襲われる。

割と敵さんたちは地球の位置を知っているのに驚きとクウラがフリーザの兄というか声優同じで見た目が同じなので子供の時はよくわかりませんでした。
この作品で一番好きなのはドラゴンボールの敵のパワーアップは変形、変態、変身。
フリーザーはちびからゴツゴツになっていった後のマル坊主に白い状態。
そしてクウラはフリーザーよりさらに変身できるという所がかっこいい。
復活のFでゴールデンフリーザーになってるけどクウラが最終進化した状態でゴールデン化したらもっと強いんじゃないのかと思ったりします。
この作品の見どころは悟空によるスーパーサイヤ人の圧倒的な強さとかめはめ波は光より早い速度なのですぐに太陽に到着するほどのスピードだという所を認識した作品。
テレビで見せるために視聴者にあえて見えるスピードにしているが、実際は光より早いスピードだと印象付けられれた作品です。

悟空は界王の依頼で宇宙空間で暴れ狂う伝説の超サイヤ人を倒すべく気を頼りに宇宙を模索していたが、なぜか新惑星ベジータへ行き着く。

伝説のスーパーサイヤ人というテーマの映画。
そもそもサイヤ人の中でスーパーサイヤ人が伝説だった中でさらに伝説なのですごい奴なんだろうとか子供の時に思いつつ、敵が強い過ぎると思った作品。
一番驚いたのは「ピッコロはどうやって新惑星ベジータにきたのか」でした。
まあピッコロはいいとしてまたピッコロの話をしますが、サイヤ人でもないピッコロはかなり頑張りますが、サッカーボールのように蹴られた後に気功弾を打たれても生きているので耐久力は神様クラス。
ピッコロは元神様だし当たり前か・・・。
見どころはベジータの失望状態から吹っ切れたあとのやられ具合です。

3位 激突!!100億パワーの戦士たち

新ナメック星が正体不明の星に突如襲われる。地球の神デンデから頼まれた悟空は、悟飯、クリリン、亀仙人、ピッコロ、ヤジロベーたちと新ナメック星に向かう。そこに現れたのはあの激戦で悟空に敗れたはずのクウラだった。一度は死んだクウラはサイボーグ化されて甦ったのだ。

ガンダム00の映画見たいな感じだといまさらになって思う・・というかメタルクーラーの話に感銘を受けたガンダム00の人たちが作ったのかは謎。

太陽にやられたクウラがサイボークになり復活。
やっと倒した!!!と思ったらメタルクウラだらけでこれはドラゴンボール史上初の負けパターンと思ってヒヤヒヤしていたのを今でも覚えています。
この作品を一言でまとめると「クウラ!!!自分の弱点の場所に悟空とベジータを連れてこなければ勝利していたのに」です。
この戦いで学べることは高すぎるプライドは自らの死を招く。
人生においてプライドが邪魔して失敗しすぎる典型的な例。

2位 復活のフュージョン!!悟空とベジータ

あの世の閻魔宮で邪悪な魂を洗浄する装置が爆発し、装置の見張り番をしていた赤鬼は怪物ジャネンバに変身してしまう。

あの世の魂を洗浄する装置って何?ってなるのとちゃんと仕事しろよ!と最初に思う映画です。
過去のボスキャラであるフリーザーやセルが登場するも悟飯に一瞬で消されるのを見ると悲しくなりますが、フリーザさんだけは復活のFでしっかり悟飯にリベンジにしています。

そろそろ復活のスーパーセルも作品として作ってドラゴンボール超の破壊神の細胞とかを集めたスーパーセルとか作ってください。

この作品は誰もが思った悟空とベジーターがフュージョンしたらどうなる???というドラゴンボールファンの思いが作品となった映画。
悟天とトランクスも味わったフュージョンの失敗によるガリとデブの後の最強の戦士が誕生する作品。
そして誰もが思ったのは「ベジット」と「ゴジータ」のどちらが強いのか。
どっちが強いかはわかりませんが、パイクーハン君も映画デビューした作品です笑。
敵である太いジャネンバの時空すり抜けパンチで強かったけどスーパーサイヤ人3に倒された~と思いきや、スマートなやつが出てきて興奮したのを覚えています。

1位 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴

界王様の死により封印が解かれたボージャックらにすりかわり暴れはじめる。 話はセルを倒した後の話で悟飯はまだ子供。
界王様は封印術も使えたのに驚いたのとボージャックをどうやって封印したのかが気になるところです。

天下一武道会を開催中に乗っ取られるという斬新な映画で乗っ取られる際に相撲の人が「どすこい~どすこい~」と首を持ち上げられて気を失うシーンはかなりショッキングでした。
見どころはやっぱり悟飯の覚醒して圧倒的なまでのパワーで敵をぽんぽん倒していくところです。
この作品が1位?え?となる人もいますが、セルの時に最強の悟飯が大好きなのでこの作品が1位となりました。

過去のドラゴンボールでブロリーのすべてを見た後に2018年12月14日公開されるドラゴンボール超 ブロリーが待ち遠しですね。
バイオーブロリーは正直いらなかったでしょうと思うのは私だけでしょうか?

dragonball.news

© 2017 健康、投資や生活に役立つ「人生戦略ノート」