人生戦略ノート

人生の戦略を実戦して楽しく生きるブログです。健康や投資などいろいろな戦略を発信中

MENU

「投資初心者が自分のために作った投資信託を購入する前に見るべき一覧」



スポンサーリンク

スポンサーリンク

投資初心者が自分のために作った投資信託を購入する前に見るべき一覧

少子高齢化で貯金だけでは老後に苦しい生活がくるかもしれません。何もせずに老後を迎えるは非常に危険。 じゃあ投資をしょうとして失敗する恐れがあるので怖いというイメージがありますが、継続して投資をしない事には勉強になりません。

まずは株などに比べて比較的リスクが少なく少額でスタートできる投資信託を開始。
勉強記録と備忘録のため、少しずつ投資していく人のためにまずは投資信託を分かりやすく解説した『投資信託を購入する前に見るべき一覧』を作りました。

投資信託とは!?

投資信託とは!?

「投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品」引用:そもそも投資信託とは?

投資信託は少額の資金で運用の専門家であるファンドに運用してもらいます。
積み立て投資信託は月100円から開始できる所もあり、貯金感覚で投資をすることができます。
ただし、貯金感覚で積み立てる事ができますが、元本保証されている金融商品ではありません

投資家の利益はファンドの運用によって「安く買って高く売る」という事です。分配金というものもありますが、最初はスルーしても問題なし。
株と同様にこれから成長する株を買うように伸びる投資信託を購入していく事になります。国内株のみ投資するファンドから投資信託は国内株や外国株に債券を分散投資するファンドなど1つで分散投資が可能です。

投資信託に向いている人の3つの特徴

投資信託に向いている人の3つの特徴は以下の通りです。

  • 投資初心者
  • 手軽に分散投資をしたい人
  • 短期より長期的に運用したい人

株など投資を始める前に投資信託をしていけば、投資全般の勉強になりステップアップをしてから株にいくなど段階的に勉強できます。

ファンドの選び方

投資信託は手軽にできますが、投資してもうらファンド数は3,000種類以上あるのでその中から選ぶのは非常に難しいので3つの項目を起点に選びます。

  • ①ファンドの投資対象
  • ②投資信託の3つの手数料
  • ③格付け

ファンドにはいろいろな投資対象の商品が多数ありますが、まずは3つの項目を抑え、慣れてくれば対象を増やして選ぶ幅を広げていくのが良いでしょう。

①ファンドの投資対象

ファンドはどの金融商品で投資・運用していくかをしっかり見て行きます。 投資・運用の対象となるのは4つに絞りました。 ・国内株 ・外国株(先進国と新興国で分かれる場合がある) ・債券 ・バランス型(分散投資型)

国内や先進国の外国株は歴史的低迷しているのでリターンが欲しいのであれば、新興国の外国株を選べばいいですし、安定した収益を上げたいのであれば国内株。 国内株や外国株に債券を分散投資するバランス型など選べます。

1つだけを購入するならバランス型、または複数のファンドを購入するのがオススメです。

②投資信託の3つの手数料

投資信託の3つの手数料

投資信託を購入する際に必ずチェックするべき「手数料」。
投資信託の手数料は3つあります。

  • ①販売手数料・・・投資信託を購入する際に手数料
  • ②信託報酬・・・持っている時にかかる運用会社等に支払う運用手数料
  • ③信託財産留保額・・・途中で売るときの手数料(取らないファンドもある)

手軽に運用できるのが忘れてはいけないのは、プロに運用してもらうので「手数料」を取られます。自分でしっかり運用できる人は自分で株や債券などで運用する方が手数料は投資信託よりかかりません。
基本的に投資信託は手数料ビジネスなのでいかに割安な手数料の商品を選び利益を出すかになります。

1.販売手数料について

販売手数料は投資信託を販売する会社に支払うものです。ネット証券会社では販売手数料がないノーロードや割安な販売手数料の所が多いですが、金融機関は販売手数料が高い商品を販売してくるので注意が必要です。
あと毎月分配型というのを販売してきますが、仕組みをしっかり理解できないのであれば安易な発想で購入しないようにしましょう。

注意点は販売手数料ばかりに目が行きがちですが、次に説明する信託報酬が一番高い手数料のとなるので販売手数料と併せて信託報酬を見るべき。

2.信託報酬

投資信託で一番見る必要がある「信託報酬」。
販売手数料が割安であっても信託報酬が高ければ利益が減る事になります。

ファンドは利益が出なくてもこの信託報酬が収益になり、投資家からすれば利益がでない状況でも信託報酬分引かれるコストとなります。

3.信託財産留保額

買う時の「販売手数料」、保有期間中手数料である「信託報酬」、そして売る時に発生手数料「信託財産留保額」があります。

頻繁に解約など他の投資家に迷惑がかかるので、投資信託の運用を安定するためのものです。
信託財産留保額制度をとっているかどうかはファンドごとに異なるので「投資説明書」などで確認しましょう。