健康、投資や生活に役立つ「人生戦略ノート」ブログ

人生の戦略を実戦して楽しく生きるブログです。健康や投資に筋トレなどいろいろな情報を楽しくお届けします。

MENU

「朝食を絶対に食べるべき!朝食を食べない事によるデメリット」



スポンサーリンク

朝食を食べた事による得られるメリット

高校生の時から社会人4年目まで朝食を食べない生活を続けていました。
朝起きてから顔を洗って歯磨きをしてすぐに家を出るという生活を続けていました。冬になるたびに朝がしんどすぎて体温が全然上がらないのでどうすればいいかを調べた結果、「朝食」が全でした。
朝食を食べるようになってから体調からメンタルまで良い方向に変化しました。

今回は、朝食を食べるようになってからしばらくして感じた「朝食を食べない事によるデメリット」をまとめてみました。

朝食を食べない事で損していた事に気が付く

朝食を食べない事で人生損していたことに気づく

「朝食を食べない」から「朝食を食べる」にかわったことでかなりの変化を感じました。
もともと朝食を食べようと思ったきっかけは、低体温なので冬になるとあまりにも寒すぎて朝が辛い状態がずっと続いていました。学費を社会人になってから支払っていたので暖房機器なしで頑張っていたので朝と夜は、靴下2枚にスウェット2重で着ていました。

最初は冬のみ朝シャワーを浴びればいいと挑戦するとシャワーから離れると体が震えだしてシャワーから出られない状態になりました。
朝起きてすぐに体温を上げる方法がないか必死に調べていると「朝食」というキーワードに辿り着きました。そしていろいろな記事を読んでいて納得した事があります。
睡眠にはエネルギーを使い、朝起きた時はエネルギーが不足している状態です。朝食でエネルギーを補給し、脳や体全体にエネルギーが循環して体温が上がるということです。
朝に朝食を食べないとエネルギー少ない状態なので、カラカラの状態だったという事に気が付きました。

朝食を食べた続けた結果、朝食を食べなかった時に起きていたデメリットをまとめました。

1.食欲のコントロールが難しい

食欲のコントロールが難しい

朝食を抜くことで朝エネルギーがない状態で仕事にのぞみます。前日の夜に蓄えたエネルギーを上手に使いながらお昼まで仕事を頑張ります。
そしてお昼になるとあまりにもお腹が減り過ぎて、大量に食べます。お昼ご飯を大量に食べるので夜は不要かと思いきや夜もお腹が減ります。

朝食を抜くことで脳が2食でエネルギーをしっかり得ようとするので、食べ過ぎを我慢するのが非常に難しい。

2.太りやすい

太りやすい

食欲の食べ過ぎをコントロールできないので太りやすくなります。社会人になったタイミングで1人暮らしをしたので自分で食べたいものを食べます。
お昼ご飯は、弁当を作り、夜も自炊をしていました。途中からお腹が減り過ぎてお昼ご飯弁当の時は、夜ラーメン大盛ご飯大盛に餃子、お昼ご飯の弁当がなければ外食でご飯食べ放題のお店で夜は家で刺身定食でご飯2合以上食べていました。

更にコンソメパンチのファミリーサイズを食べたりしていたので体重が一気に増えました。

3.疲れやすい

疲れやすい

そして朝食を抜く影響で、昼と夜のご飯の量が3食食べる時より1回の量が増えます。その影響で1食分の食べる量が多いため、胃が食べ物を消化するためにエネルギーを使うので非常に眠くなります。
そして食べ過ぎると食べ物を消化するためのエネルギーを奪われるので非常に疲れやすいです。20代で若いという自負がありましたが、なぜか疲れやすかったのは朝食を抜いた影響だと気づきました。

4.食後すぐに眠くなる

食後すぐに眠くなる

胃に消化のエネルギーを使うので疲れやすくなり、疲れると眠くなります。あまりの睡魔にいくら我慢してもかくっと仕事中ですら居眠りをしてしまいます。
特に一番損をしていると思ったのが夜ご飯を食べてしばらくするとあまりも寝すぎて仮眠をとるので8時ご飯を食べて8時30分から10時まで夜の仮眠をする状態でした。

仕事のストレスと食べ過ぎが合わさって眠気が凄かったです。

5.集中力が低い

集中力が低い

朝にミスが多く、ミスを無くそうとメモやノートに失敗を残したり、分析しているのにも関わらずミスが目立ちました。どれだけミスを気をつけようとしても割と多い回数ミスが発生します。
睡眠で使ったエネルギーを朝食で補給しないので、集中するためのエネルギーが不足しがちです。少しでも口に入れてれば良かったものの、何も食べず、飲まずの状態でした。

この事から学んだことは、子供には必ず朝食を食べさせるべきです。

6.すぐにイライラする

すぐにイライラする

社会人1年目はストレスとの戦いです。そのためにストレスを軽減するための行動が必要です。朝食を食べないと私的にはネガティブになるのではないかと思っています。
朝の通勤電車でいつもイライラした状態で朝を迎えていました。慣れない仕事へのストレスもありますが、朝何か変な状態だったと朝食を食べて数ヶ月してから気づくことができました。

朝食を食べる事で睡眠で使ったエネルギーを補給し、余裕が生まれるのでイライラしにくいと思います。最近朝食を食べない子供が増えている影響でイライラしやすい子が増えていると感じています。

朝食は人生損をしているのまとめ

なぜ人間3食必要かを考えると非常に理にかなっている事です。
特に朝食は睡眠で使ったエネルギーの補給と眠っている体と脳のエンジンのスイッチをいれるための燃料として朝食を食べます。

私の場合は朝食を食べる事でプラスに働く事が非常に多く、学生時代に朝食をしっかり食べるべきだったと後悔しています。中には朝食を抜く方が効率が良いという人がいますが、基本朝は「今日頑張るぞ!!!」の燃料だと思うので、朝食を抜いている人は食べるようにするべきです。

© 2017 人生戦略ノート