人生戦略ノート

Enjoy the Life

「低体温の悪影響と原因と低体温改善する行動で将来の病気のリスクを下げる」


スポンサーリンク

低体温の悪影響と原因と低体温改善する行動で将来の病気のリスクを下げる

夏風邪を引き、熱が出そうな所で何とか食い止める事に成功した翌日に体温を測りました。すると体温がちょうど35℃でここまでの低体温は今後、病気のリスクを上げる可能性があるので、今の内に体温を上げて、低体温対策をしたいと思います。

低体温による悪影響

低体温による悪影響

通常体温が低いという事をあまり気にせずに過ごしていました。ほかの人と比べると風邪ひきやすかったり、疲れやすかったり、朝弱すぎるなどよく考えてみれば自分の体が弱いというよりかはその弱さの原因は低体温にある事が分かりました。
東洋医学には「冷えは万病の元」とコトバがあります。 まず低体温による悪影響を理解し、すぐにでも改善するために低体温のリスクを調べてみました。

1.血行が悪くなる

血行が悪くなる

低体温で血行が悪くなり、更に冷え性になりがちです。老廃物が溜まりやすくなります。

2.頭痛がある

頭痛がある

低体温だけではないと思いますが、低体温だと血行が悪くなる事で酸素や栄養素が十分に届かなくなることで脳が貧血状態になり頭痛がおきるそうです。

3.太りやすい

太りやすい

期初代謝に冷え性にyろう腸の動きか低下し、便秘になったり、他の人に比べて体温が低いのでカロリーの消費は低くなります。体温の違いでカロリーの消費が違うのは当たり前です。
熱を発するためにエネルギーを使うので期初代謝によるカロリーの消費は低体温なので普通の体温の人よりかは低くなり、太りやすくなります。

4.疲れやすい

疲れやすい

しっかり寝ても体のだるさが取れなかったり、朝しっかり寝たはずなのに疲れているといった事があるかと思います。体温が低いという事は血行の流れが悪くなりがちなので疲労物質を排出しにくい事になります。
低体温は疲労物質を蓄積しやすい体質なので早い事を改善する必要があります。

5.免疫機能が低く病気になりやすい

免疫機能が低く病気になりやすい

菌は熱に弱いです。体温が高い人は菌に強く低体温の人は菌に弱いので風やウィルス感染しやすくなります。そして低体温の人は病気にかかりやすく、病気がなおりにくいという違いがあります。
体温が36℃の人と一℃違うだけで病気のかかるリスク、治るスピードが違ってきます。 そして、少しずつ耳にするようになった低体温はガンになりやすいという事が分かってきています。
低体温のみがガンの原因ではありませんが、様々な要因の中の一つとして低体温がガンにになりやすいという事です。
総じて病気にかかりやすいということは病院代に薬代が掛かりやすいという事で支出面でも大きな悪影響を及ぼします。

低体温の原因

低体温になるのは子供の時から続けている生活習慣に大きく起因します。子育てしている方は原因をしっかり理解し、自分の子供に低体温という体質にしないよう心掛けましょう。
そして社会人になってからストレスや不規則な生活で低体温になるので今一度生活の質を向上させて低体温を改善するための見直しを開始しましょう。
低体温の原因の一例を上げますが、当たり前の事が書いています。この当たり前が少しずつ難しくなっているので、今一度再確認しておいてほしい内容です。

1.冷たくて甘い飲み物・食べもの

冷たくて甘い飲み物・食べもの

冷たくて甘い食べ物や飲み物を取ることで大量の脂肪と当分を摂取する事になります。特に甘くて冷たい食べ物ものほとんどがデザートで砂糖を大量に使用しています。
これらのものを食べすぎる事で肥満による冷え性、冷たいものを食べ飲みする事で体温を下げていきます。多少大丈夫であっても塵も積もれば山となるなので、ほとほどにしておくべき。

2.運動不足

運動不足

運動をする事で体温を調節する機能が働き汗をかく事で体温を下げます。運動不足により体温を調節機能が低下していきます。冷房などが整った住居や職場にいる事で体温調節機能が鈍くなり低体温になりやすくなります。

3.過度なストレス

過度なストレス

冷えは万病の元と同じストレスも万病の元です。ストレスがないと人間にダメになるので適度なストレスは必要であってもストレス社会である現代社会には適度というのは難しい。自分自身出来る事はストレスの受け止め方とストレス解消法を身に着けておくべきです。

4.寝不足

寝不足

冷えとストレスは万病のもとに加えて寝不足も万病のもとです。寝不足により血行が悪くなり代謝の低下、体質虚弱になりどんどん熱を発する力が良くなります。
規則正しい生活を取らない限り、低体温以外にも様々な病気のリスクが高まります。

5.朝食を取らない

朝食を取らない

私が低体温になった原因はこの朝食を取らない生活が原因だと考えています。朝食を12年間ほど取らずに生活していた影響で疲れやすくなり、すぐに眠くなったり、太りやすいといった事が起きました。
そして体温は35℃代で良く風邪をひく状態でした。朝食を取っていない状態から朝食を取るようにしてから体調は一気に改善していきました。朝食いるいらないの議論は不要。
朝食は食べておくべきです。

低体温の改善する行動

低体温の原因を学ぶ事でその逆をすれば良いだけです。そして低体温を解消するためにする行動は何も低体温改善だけではありません。病気のリスクを下げ、体調を整え、生きる活力や体力を増やすことにもなるので低体温の人は低体温を改善する行動で更にステップアップが出来きます。
出来る事を習慣化してどんどん行動していきましょう。

低体温改善行動を習慣化するアプリを導入

ドラクエやFFなどRPGをしていた人にはもってこいのレベルアップ型タスクアプリを導入してみるのをオススメします。


詳しい内容は下記のサイトで確認してみてください。モチベーションがかなりアップします。
アプリをダウンロードしたら次に低体温の改善するための項目を紹介します。

1.運動

運動

大人だけが運動不足ではありません。今は子供でも運動不足です。
運動する場所がなく、年々暑くなっている環境で室内でゲームやスマホで遊ぶことが多くなっています。
運動不足は低体温だけではなく、いろいろ病気のリスクを上げ、更にメンタルにまで影響を及ぼします。
運動する仕組みを作っていきましょう。

2.規則正しい生活

規則正しい生活

当たり前の事です。規則正しくなく、不規則な生活こそ低体温の原因かつ万病の元です。
規則正しい生活をするために一度生活パターンの見直しから行動しましょう。

3.食生活の見直し

食生活の見直し

季節によって食べ物に注意しておきましょう。冬に夏野菜や南国産のデザートを食べる事で体温を下げる原因なります。

www.yasainavi.com

冬野菜は体温を上げる効果があるものもあるので、料理に上手に組み込みましょう。

www.yasainavi.com

4.お風呂に浸かる

お風呂に浸かる

シャワーだけで済ますよりかはお風呂に浸かる事のほうが低体温改善に役立ちます。更に低体温を改善するためには入る時間に一工夫する事で効果があります。その時間帯は朝です。
休みの日などに朝お風呂に浸かる事をオススメします。朝は代謝が良く、夜は代謝が低いので代謝の良い朝に入ります。朝にお風呂に浸かる1日中の代謝を上げる事で温まりやすい身体に変化していくのでオススメです。

5.サプリメントで改善


サンワ食研 金時しょうが粒 1袋(30粒入)15日分

食生活や運動をしっかりしているのに低体温で改善しない人はサプリメントに頼ると良いでしょう。特にしょうが系のもの中心としてサプリメントがオススメです。あとは生姜湯飲むのを習慣化するか、飲めないならサプリメントを飲むなどしっかり対策を施していきましょう。