読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生戦略ノート

Enjoy the Life

「妊娠時の夫の対応方法とポジティブで対応する考え方」

夫婦 夫婦-コミュニケーション

スポンサーリンク

妊娠時の夫の対応方法とポジティブで対応する考え方

仕事でのグチを吐かず、いつもニコニコしていて不安なんてへっちゃらな妻ですが、さすがに妊娠するとお腹の赤ちゃんの事で不安で一杯です。夫出来る事はポジティブで対応する事です。

妊娠時は誰でも不安になりやすい

妻と産婦人科でのセミナーで院長が「妊娠時の女性は不安定になりやすいのでご主人達はしっかり話を聞いてあげて下さい」という事を言われた後、妻と話していると不安はあるけどそこまでの不安はないと思うと言っていました。しかし急な体調変化にお腹の張りに急激な痛みがくると自分の事よりお腹の赤ちゃんの事が心配で不安になります。
中には大丈夫大丈夫と楽観的な感じの女性もいますが、大概は不安になります。こうした不安の中で夫は普段通りの行動とは違った対応が必要となります。
まず最初に妻が妊娠してから注意しておく事です。

不安の時期の夫の行動の注意点

不安な事や辛かった事は記憶に残りやすいです。妊娠時の不安定な時期は特に記憶に残りやすい時期でその時の夫の行動をかなり覚えています。妊娠時での行動が将来の夫婦生活に大きく影響すると感じています。
特に男性は1年間ほど我慢するとまでは言いませんが、普段通りの付き合いや行動を変えていく必要があります。特に注意しておく事は3点あります。

1.飲みに行く回数を減らさない

普段通りに飲み会に行くと間違いなく怒られるのとケンカになります。男性は意地にならずに飲み会を行かない選択肢を選ぶ勇気を持つべきです。
周りの付き合いより家族優先で物事を考えるようにすれば自ずとどうすれば正解かは分かるはずです。私が一番聞いた話でダメだなと思ったのがキャバクラに数十回いってお金を家族口座で引き落とした男性です。この男性の奥さんはキャバクラ通いをした事に対して10年たっても忘れていません。馬鹿な行動は慎むよう男性は注意しましょう。

2.家事全般をあまりしない

仕事で疲れてしまう状況であっても仕事より家事を優先する方が良いと思います。どうしても仕事で疲れてしまうという人は同じ仕事の質で疲れない方法を考えていくしかありません。
子供が出来た時、奥さんが体調を崩して夫は家事をしませんは良くありません。家事をちょっとずつでもいいので生活の流れに組み込んでいない人はしっかり家事を一日のスケジュールにしっかり組み込んでいきましょう。

3.妊娠の事や妊娠での入院についての内容

男性は妊娠などの女性の体調変化とまだ言ってほしくない時期などがあるので妊娠した事を周りに伝えるのはどこまでの範囲か、いつ言っていいのかをしっかり奥さんに確認するようにして下さい。
無難にトラブルを避けるためにも慎重にした方が良いかと思います。酔っぱらった勢いで話してしまうのもご法度。奥さんが妊娠した時点で酔っぱらうまで飲まないようにしましょう。

不安に対してポジティブで返す

どうしても不安になります。そして一番不安になる事はお腹の赤ちゃんの事。お腹が張りやすいと子供にも良い影響を及ぼしません。そうなるとお腹が張ってしまう事でごめんねという気持ちと早く張りを抑えたいという気持ちで一杯になります。そうした事を夫は必ず言われます。普段強い妻でも不安にあるとどうしよう~という気持ちで一杯なので不安を煽るよう事を言わないように全てポジティブシンキングで返してあげて下さい。
アホじゃないの?バカじゃないの?と言われても全てポジティブで返してあげると返って安心するのと後は笑顔で話す事を伝えて自分も笑顔で話すように心がけていれば大丈夫。

しっかり話を聞いてあげる

妊娠後期なると家で安静する事になりますが、一日中一人だと寂しい状態かつ不安がある中で夫が返ってくると矢継ぎ早に妻は話してくる事が多くなります。その時、夫はしっかり目を見て笑顔で聞いてあげる事が大事です。聞くだけで構いません。
家に帰ってから好きな事をさせてくれという気持ちは心の奥底に沈めておいて、不安を解消してもらうためにしっかり話を聞くだけ奥さんは安心するはずです。

入院したら毎日見舞いに行くための仕事術を覚える

お腹の張りや痛みがある場合、自宅でいくら安静にして薬を飲んでも効果がない時は入院する事になります。入院した際は更に不安になりやすいので、出来るなら毎日見舞いに行くべきです。仕事でどうしても遅くなるといった人もいますが、表示に大事な時期です。
仕事のやり方、周りの協力を仰いで素早く終わらせる仕事術を身に付けていきましょう。周りに妊娠している事を伝えている状態で妻から許可を貰い、職場の同僚に妻が安静のために入院した事を伝え、その後積極的に一日の仕事を終わらせようとすると周りが協力してくれたりします。
そして積極的にやる事で新しいやり方無駄を発見する事で今まで時間が掛かっていた仕事の時間を短縮する事が出来たりします。奥さんの妊娠で自分が成長できるという事なので本当に子供を授かるという事は素晴らしい事です。

感動させすぎると奥さんは泣いてしまうかもしれない

あまりにもポジティブで返して、昔の出会いの話の中で自分の奥さんの事を褒めたり、奥さんの恋に対しての恥ずかしい気持ちを伝えたりすると奥さんは泣いてしまうかもしれません。
不安定な時期でポジティブ発言をしてくれる夫に感動して涙を流させる事まで出来るようになればポジティブ対応は完璧です。そして一番必要なのはポジティブ発言の内容を自分で実現する事です。ポジティブな発言はするものの行動はいつものポンコツでした・・・では総合的なただの口だけポンコツです。ポジティブ発言、ポジティブ行動を一体化して行動していきましょう。

妊娠時は誰でも弱くなる妻を喜ばせるためにはポジティブで対応するまとめ

自分に取ってのポジティブが大事だという事は生きていて後に気が付いてきましたが、自分より妻への対応でポジティブが良いという事を気が付くことができたのが妻の妊娠でした。
いろいろな場面でどう対応していくかは仕事以外でも多くの事を学ぶ事が出来るのでいろいろな経験をして成長していきたいと思います。