読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生戦略ノート

Enjoy the Life

「ブログと書籍の違いを理解して、ブログを更に面白くする研究」


スポンサーリンク

ブログと書籍の違いを理解して、ブログを更に面白くする研究

自分のブログを読み直していました。面白いと思えるのが少なく、つまらないと自分で書いて思ってしまい、落ち込んでしまったので改善をしていくためにいろいろ考えてみました。

ブログと書籍は書き方が全く違う

当たり前の事だとは思いますが、自分のブログ記事を読んでいると確定した用に言っている感じはするのですが、自分の言葉で伝えているとは言えないと思っています。
読んでいて違和感があるのと確定した情報にこだわりすぎて自分の言いたい事が分かりにくいと自分の記事を読んで思いました。ブログはある一定のルールで運用していこうと思いました。とりあえず書籍の特徴を明確にしたいと思います。

書籍は信憑性が高い

本は世の中にお金を出して買ってもらうので多分の話ですが、販売するまでにかなりの労力と時間が掛かると思います。チェックに加筆修正のオンパレードで、なおかつ不確定と思える情報を削ったり、完全に一人で出すよりチェックする人が複数いてこそ成り立つの書籍は素晴らしい情報と読みやすい内容になっていると思います。
そして一番重要なのは、ただ私みたいにブログを書いているような人間が本を出そうとすれば文章はポンコツで日本語からしっかり学んでいく事になるでしょう。


ただ電子書籍で100円から400円ぐらいで人を惹きつけるようなタイトルで販売しているものがあります。それについては正直内容が曖昧過ぎて意味が分からないのとコンタクトをお持ちしています的なのを複数見たいので電子書籍のみものは信憑性は本以下です。

本は第三者と作るからこそ文章の質が違う

文章のプロがチェックしたり、修正を提案してくれるからこそ書籍の文章はブログの文章とは読みやすさ、伝わりやすさは違います。中には一人で分かりやすい文章で納得できる文章やなるほど!と思える書き手はいっぱいいます。
ただ、ブログ全体で考えるとやはり書籍の文章の方が当たり前ですが、圧倒的なレベルです。

書籍の素晴らしさをブログで活かしつつ、ブログの良さを全面的に出していく事でブログが面白くなるはず。

自分の意見を書けるのがブログ

書籍でも自分の意見を書くことができます。ただ情報やノウハウを記載していくのでその分、自分の意見より情報が重要となってくるのに対して、ブログは好き放題書きまくれます。
この点をすっかり忘れていました。最初にブログを書いていたい時は政治や社会の文句を垂れ流していただけでした。ネガティブな意見は犬も食わないので、ポジティブな意見をどんどん言っていけば良いという基本を忘れて、ふわふわしていました。

ブログは自分の言葉で書くことで中の人が分かりやすい

自分しか分からない内容を書いて仕方ありません。見てもらう事を前提かつ分かりやすく伝えたい事を書いていけば良いかと思います。
ただやはりずっと思っていたことがあります。それはブログのジャンルの設定は大事だという事。
書くにしても、雑記や日記でも構いませんが、やはりジャンルの内容を積み重ねていく方が良いという自分の実感があります。そしてジャンルがあるからこそブログを書くときにジャンルに沿った内容の情報を収集していくので、情報収集のスキルが身に付くと思います。

つまらないブログの特徴

自分で読んで自分でつまらないと思えるのは非常に悲しい事です。もう少しブログを書いて読み直して修正するのが大事です。反省しています。
自分のブログでつまらないのと読む気がうせた感想をまとめました。

  • 結論が意味不明、何が言いたいのかさっぱり
  • 見出しと内容が一致しない
  • 用語の統一感がなく、解説がない
  • 中々話の革新に触れていない
  • タイトルと内容が一致しなさすぎ



修正点が見つかればあとは修正点を記載して常に見る事にする。

ブログを更に面白くする研究まとめ

書籍に近づけるほど信憑性の高い情報を載せて、あくまでも分かりやすい文章と理解しやすい文章を書くことを目標にしたい。
そしてブログの良さをフル活用して、ブログを楽しんでいきたい。ブログは記事数や文字数を意識するぐらいならじっくり書く方が良いと思っているのとこれからは量より質を意識してレベルアップしていきます。そして何度も見てもらえるような記事を書けたら嬉しいのであと40年はブログを続けたいと思います。