読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生戦略ノート

Enjoy the Life

「若い内に健康を意識して行動する事で、老後の経済負担を減らす」


スポンサーリンク

若い内に健康を意識して行動する事で、老後の経済負担を減らす

老後の経済負担が怖くて貯金しがちです。貯金をいくらしても不安はなくなりません。特に病気の時の金銭負担は多くなる可能性があるので健康を意識した行動が必要になってきます。

老後の不安の1位は金銭面の不安

老後の不安で一番は金銭面の不安がきます。金銭の不安がある中で貯金という選択肢を選ぶかと思います。この貯金はいくら貯金しても不安が無くなる事がありません。
そして貯金をしていても健康に対して、意識せずにいると溜めている貯金は病気によってどんどん目減りする可能性があります。病気のリスクに物価上昇など不安な要素をあげればキリがありません。
現在の生活を惰性で暮らすより、老後の事を少しでも考える必要があるかと思います。

老後いくら必要か誰も分からない

老後いくら必要か、老後の世帯赤字はいくらですと謳い文句を記載して、金融商品を販売している所を見て、焦る人がいるかもしれません。住んでいる地域、支出傾向で人それぞれになるので平均なんてものはほぼ価値がありません。
老後が不安だからといって貯金し続けても不安のままです。貯金にお金を回せば生活を制限されるのといくら貯金があれば安心かというのは誰にも分かりません。
行き過ぎた貯金は無駄だと思うのとどこまで自分自身が生き続けれるか分からないのに貯金ばかりに走るのもどうかと思います。貯金より食事や運動などの健康に対してお金を使うべきです。

運動する時間を作る健康

最近筋力が低下している子供たちを見ていて思うのは運動する習慣や運動する場所がないのが原因だと思っています。昔とは違い外で遊ぶにもスマホや任天堂DSなどを持ち歩いてあまり運動をしないようになっていると感じています。
若い内にそういった運動をしない状態だと社会人になり、運動が大事だと気が付いた所で運動の負荷が強すぎて長続きしないかと思います。子供の時から運動をする習慣を付けるという事が大事ですが、社会人になってからでも運動は遅くないですし、今迄運動をしていない人でも今から運動をする習慣を付けるのはとても素晴らしい事です。
毎日運動というよりかは休みの日の朝にランニングなど1週間1回程度と日常で出来る運動を取り入れて、体を動かす事を意識していく必要があります。運動をする人としない人で脳の活性状況が違うので運動をし続ける事でボケ予防にもつながります。

食生活の工夫で老後でも健康を維持する

好きな物を食べ続ける事で長生きしている人は多くいるかもしれません。ただ若い内に菓子パンや高カロリーの食べ物を食べ続けて老後長生きできたとしても病気のリスクが高く治療費で多くのお金を使う事になりかねません。
老後の経済負担の一番は病気なので、今のうちから野菜と肉料理や魚料理をバランスよく食べる生活をするべきだと思います。バランス良く食べる事で老後の経済を負担減らす事に繋がるので老後の金銭面が不安であれば食事もしっかり栄養バランスの取れた食事を取るようにしましょう。

老後の趣味を作って脳を活性化させる

www.xn--fdkl2l313jkkuvhzboa.com

老後に趣味がないと時間が余って仕方がないという意見をお年寄りたちの集会で聞きました。する事がなくてただひたすらテレビを見ているだけだと。
そうなると認知症のリスクにボケやすくなります。仕事を辞めてから一気に老化が進むので、何かやる事を見つけるべきです。そのやるべき事は「趣味」です。

老後の健康を意識して行動する事で、老後の経済負担を減らすまとめ

老後の経済負担が減らす要因の一つとして今できる運動や食事といった健康に大事な事を率先してやるかどうかだと思います。
今できる最善の行動をして、老後の経済負担を減らしていきましょう。