読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生戦略ノート

Enjoy the Life

「英語の勉強を挫折しない勉強方法を考えていく」

勉強 勉強-英語の勉強

スポンサーリンク

英語の勉強を挫折しない勉強方法を考えていく

英語は必要と分かっている社会人は多数いるかと思います。その多数の中で英語の勉強を挫折した人も多数いて、その中に私がいます。
英語の勉強を挫折しないために過去の反省を活かして、挫折しない英語の勉強法を考え、すぐに英語の勉強をスタートするために考えをまとめてみました。

英語を見るだけで拒否反応が出るのを無くす

英語を見るだけで拒否反応を起こしていしまう人が自分以外にも多いのではないかと思う。PCで英語で表示されたり、フリーソフトをダウンロードする時の英語表示などなぜか英語を見るだけで読む事を拒否してしまいがちです。
英語を見るだけで拒否するのはおさらばしたい。ハワイ旅行で英語シャワーを浴びて理解した事が一つあります。完璧に理解せずとも単語と単語の組み合わせで理解する事が可能。完璧に理解しようとする完璧主義の日本時ならではの無駄を理解する事が出来ました。
もしかしたら、今後テクノロジーの発達で、日本語を自動変換して英語の出力してくれるテクノロジーができるかもしれませんが、とある本を見て英語の勉強をしておいた方が良いと感じました。


ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図<2025>

この本はまた別の機会で紹介したいと思っています。この本の中で自宅でずっと仕事をする中で海外の人と話し合ったり、チャットをしたりとグローバルな仕事が訪れるかもしれないという可能性を描いています。
翻訳機能が優れていても多少なりとも自国の言語以外の言葉を覚えるべきと思ったのと、今後仕事の在り方が変わってきた時に対応していくためにまずは「英語の学習」は必須だと感じました。無駄などこの会社でも使えるサラリーマンを目指しても先はないと感じました。

英語の勉強での三日坊主の反省

ハワイまでに英語を話すと意気込んでいましたが、途中に異動がありいきなり激務になり、家から帰るとクタクタとストレスで勉強する気力がありませんでした。ストレスコントロールとスタミナ不足が露呈したので反省と次に活かしますが、それでも英語の勉強を出来なかったのはやはり三日坊主のような特有の最初だけの意気込みだったと思います。
ハワイで英語を話すためという事で勉強はできましたが動機づけは非常に弱かったと感じています。もう一度英語の勉強する事によって得られるメリットを深く脳に焼き付ける作業が必要だと感じたのとどの時に英語を勉強するかといった習慣化が非常に大事。勉強は出来る出来ないより習慣化してとりあえず継続するためにロボット化して無理やり習慣化する事にしまいた。次になぜ英語の勉強をするのかのメリットを再度まとめてみよう。

英語を覚えられるメリットを今一度考える

英語が分かる事で海外のフリーソフトや日本語化していないソフトを導入しても使用できるというメリットやアフィリエイトなどネットで収益を上げるコンテンツを英語で作り、日本人より圧倒的な数の市場に飛び出すことが出来ます。
あと英語のニュースで日本のメディアより早く情報収集したりする事ができます。そして更なるメリットは海外旅行で言語の壁を取り払って楽しめるという事です。
英語を学ぶという事は誰もがメリットを享受できるものですが、勉強を継続する事とどこまでいけば英語を話せるかが分かりません。英語を勉強するという事をメインにするより、まずは英語の勉強を「継続」する事から始めるべきだと思います。

英語の勉強を自分の身近な物で勉強する

英語の勉強をするために英単語帳や英文法を購入して勉強していてもピンとこない事ばかりです。英語の勉強をするためにまずは英単語帳や英文法の前に身近な物を英語で言うと何だろう?と調べたり、今思っている事を英語で話すとどうなるのかなと調べていくのから始める方が、良いかと思っています。いきなり「英語のメリットしかないから英語を勉強しよう」と言った所で継続できないのがほとんどです。
勉強は継続なので、ちょっとでも続けられるよう今の身近な物の英単語や自分の思っている事を英語に変えるとどうなるかを習慣化してみるのが良いと思いました。
思っている事を難しい言い方にすると翻訳を使っても意味が分からないので、簡単な文章から始めるべきです。

英語の勉強だけをするのは意味がない

英語の勉強が必要だというネット広告にブログや本などの記事で多数言われています。私も必要と思いきや勉強して放置、勉強してまた放置を繰り返しているところです。英語を覚える事で選択肢が増えるのは間違いなし。
ただ勉強をするという事をしているだけでは全く意味がないです。勉強をしてどうするかと勉強したらこれをする!ではなく未熟な状態でも英語を使う場面を自ら作る必要があると感じました。

英語を使う場面を自ら作る

英語を学ぶために単語帳を覚えたり、文法を覚えた所で使う事がなければ忘れていきます。じゃあ使う場面といえばと考えると普通に生活しているだけでは使う事が滅多にありません。
自分から使うための行動をしない限り、使う場面はないという事でどうすれば英語を使う機会を作れるかを考えました。

オンラインゲームの外国人とのチャット

ゲームをする人なら海外サーバーのオンランゲームをする。チャットで会話をして英語を話す機会を作るのは面白いです。
ゲームをしながら英語を学べるのは素晴らしい事です。

観光客が地図を見ていている時に声をかける

これから結構難しいかもしれませんが、声を掛けるという事に挑戦するのも一つです。
地図を見て、どこだろうと困ってそうな外国人に頑張って声を掛けて、どこに行きたいかを聴いて、英語で答えるといった事ができます。唯一の無料でできる英会話なので、やってみるべきです。
ちなみに私の場合はなぜか外国人の方に話しかけられるので、今毎週2-3人と謎の話す機会があるので、無料で英語の勉強と人の役に立っています。

英語の勉強を挫折しない勉強方法を考えていく

英語の勉強を挫折しても構いません。次に繋がれば良いだけです。挫折という失敗を成功に導くために過去の事を反省し、対策を考え行動する事です。
英語を身近な物にするために英語のニュースを毎日見たりなどして、英語の拒否反応を無くし、英語と日本語両方使えるよう取り組みを開始していきます。