読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生戦略ノート

Enjoy the Life

「家計の把握と家計簿を付けて賢く生きる戦略」


スポンサーリンク

個人の資金管理:家計の把握と家計簿を付けて賢く生きる戦略まとめ

家計について周りからやいろいろ調べていると結構しんどいと言います。人それぞれ年収が違うのにしんどいというの理由の一つとしてお金の使い方が原因です。
お金の使い方を改善するために家計簿を付けて賢く生きるための戦略を考えました。

家計簿を付けるだけでは意味がない

家計簿を付けるだけでは何も意味がありません。ただしんどいだけの作業で終了して断念している人が多い印象があります。サラリーマンでも共通している事で集計を取って、そのまま資料として報告をするけどなぜ集計しているか分からない事があります。いざ聞いてい見ると無駄な集計というのがありました。
家計簿も同じで付けているだけでは無駄です。家計簿を付けてどう活かすかが大事。家計簿を付けない限り、見えてこない事があります。家計簿をしっかり付ける事によって活かせる事を理解すれば家計を付け続ける可能性が上がるはずです。

家計簿で支出を把握

家計簿を付けて、一か月単位で見てみると使っている内容を理解する事ができます。項目にしっかり分けて支出の推移、季節によって増える項目などを数値化する事で客観的に家計を理解する事に繋がります。
どこに無駄があるか、どの無駄や工夫次第で減らせる項目を探すためにも家計簿が必要です。漠然とした数値感覚で大丈夫という人はどんぶり勘定になり、お金が貯まりにくいので、賢く家計を運用するなら家計簿をしっかり付けていきましょう。

支出は予算化する

家計簿を付けたら、支出の数値を理解する事ができます。支出の数値を予算化します。予算は目標でその目標に向かって行動していきます。企業は予算を設定して、その予算に向かって試行錯誤を繰り返します。会社でしていた事を個人にも通用する事ができます。予算内で収まるよう支出していく事が出来ます。

ただし企業でも言える事は予算の付け方が甘いと意味がないので、厳しめの支出予算を設定するのがオススメです。

お金の使い方を把握する

家計簿を付けて、分かるの支出です。その中でどのような支出があるかを理解していく事が可能です。数回しか着ていないのにすぐに服を購入してしまったり、ネットの買い物が意外に多い事に気が付いたりします。
支出を目で分かるよう数値化する事によって自分のお金の使い方を数値から読み解くことができます。無駄な使い方をしたなら反省できます。家計簿は自分のお金の使い方の日記のようなものです。夫婦の場合は二人で作る日記です。無駄を無くして家計の支出を抑えて、子供にお金を使えるように工夫していきましょう。

月額で発生する費用をまとめる

月額というのは人間弱い物です。今は一括買い切りというのより、月額で安く長く貰えるビジネスモデルが主流となっています。ブログ塾で月額いくらや、デザイン系の人が使うPhotoShopも月額モデルにチェンジしました。過去は高額なソフトが今ではクラウドで月額料金を支払ってするようになりました。
そうする事で高いお金を払ってソフトを購入を躊躇った人が、月額制になり安く使える事になりどんどん加入者を増やしているかと思います。
この月額制を良く考えると長く使えば使うだけ金額は大きくなります。過去のPhotoshopは高かったですが、長く使うのであれば月額モデルより安くなるはずです。
月額が安いからとって、意識しないとう事はせず月額で一定した金額を支払っている物をまとめておきましょう。

月額制のもので一番見直せるのはスマホ代

大手キャリアで契約するメリットはもはやありません。高すぎる端末に高すぎる料金設定。今は格安SIMとSIMフリー端末を自分で購入して使う方がスマホ代を安く抑えられます。
全て自分でやる必要がありますが、月額4,000円をスマホ代を下げる事で年間約50,000円浮きます。それを10年続けてると約50万円ほどの差が出てきます。出来る事はどんどんしていくべきです。今迄とは違った新しい事に挑戦して、家計の支出を減らす行動に出てみるべきです。

www.xn--fdkl2l313jkkuvhzboa.com

家や車を購入するのは当たり前ではない

子供が出来たら家と車を購入するの?と先輩方や親に言われます。私はすぐにどちらもいりませんと答えます。すると「なぜ?」と質問が来ますが、逆に「なぜ子供が出来たら車と家が必要なのか?」と聞くと明確な答えが返ってきません。
私は多分一種の洗脳や思い込みだなと思っています。しっかりとした根拠より欲しいという願望の方が強いのとなぜほしいというのもあまり明確ではありません。
家の購入は自分の城を持つという感覚に老後に済ませる家や車があれば子供のために遠出が出きるといった理由があったとしても絶対にという事ではありません。なぜ必要かというのをしっかり考えるべきで、願望や周りがしている事に流されるより、自分で考えて決断しましょう。

家計の把握と家計簿を付けて賢く生きる戦略まとめ

お金を使わない話のようになってしまいましたが、私が言いたいことは無駄な事にお金を使わない事です。無駄なお金を使わない事で子供に回せるお金が増えると思います。すべては子供のためと夫婦で楽しめるために賢くお金を使う方法を学ぶべきだと思います。