人生戦略ノート

Enjoy the Life

「ノートを作るだけ終わらない!ノートを見直す習慣を付け、アイデアを見逃さない工夫」


スポンサーリンク

ノートを作るだけ終わらない!ノートを見直す習慣を付ける工夫

勉強にセミナーを受けた際にノートを取る事が非常に多いかと思います。ただいつも思うのがノートに記入しているだけで見直さないので勉強した内容やアイデアを見逃しがちです。しっかりノートを見直す習慣を付けるべきです。

ノートはアイデアの宝庫

社会人になり、ノートを取るだけが非常に多いと思います。手帳やノートに書く事で記憶の定着や過去に思っていた自己分析ができます。

www.xn--fdkl2l313jkkuvhzboa.com

手書きでその時に思った事をひたすら書いてそれで終わりという事になると非常に勿体無い事です。

私たちが日々の生活で浮かぶアイデアは、メモ帳に書き留めておくことが容易にできます。一度、あなたが書き溜めているメモ書きを見直してみると、自分のアイデアの傾向やテーマなどが見つかります。それらを組み合わせることで、アイデアを洗練させることができます。
引用元:メモを見直す習慣をつけ、「発想術」を磨こう | ライフハッカー[日本版]


人生は自分から湧き出たアイデアを上手に使っていくためにはノートを作り、見直す習慣が必要です。そして得たアイデアを実行して人生を楽しくするべきです。

ノートを見る機会はノートを書く時だけしか見ない

ノートを書いて終わりになり、再度またノートを書くときに開けますが、その時に過去に書いたページを確認する習慣を付けるべきです。
そのためには出来る事はノートに書いた最後のページに付箋を貼ったり、次に書くノートのスペースにあらかじめ過去のページを内容を見るようにチェックボックスを作った付箋を貼ったりと出来る工夫は沢山あります。

寝る前に書いたページを開いてカバンの上に置く

寝る前にあらかじめノートのページを開いておいて上に置いておきます。朝起きた時に確認しながら片づける事で無理やりノートを見る習慣を作りました。
あとは手間が少し掛かりますが、ノートに書いた内容を更に短くまとめたメモを作り、朝ごはんを食べながら読むという事をしたりしています。朝なのでまだ脳が動いていないので曖昧な状態ですが脳が起きてくると内容を思い出せるので非常に便利です。

小さなメモ帳を持ち歩き、ノートに貼る

わざわざノートに取るのは面倒という気持ちになる事があります。その場合はわざわざノートに記入せず、メモ用紙やWEB上のメモ帳などで書いた内容をそのままノートに貼ってしまいましょう。
私の場合はEVERNOTEでメモを取り印刷し、印刷した紙をノートに貼っています。

ノートを全部埋める事が出来ない人はルーズリーフにする

ノートを全部使い切れないならルーズリーフを使えばいい

ノートのデメリットは過去の情報を訂正が難しい事です。そして中にはノートを全てのページまで書くことをせずに新しいノートに行ってしまう人がいます。そして新しいノートはしっかり綺麗な文字で書こうという気持ちからノートの中盤にくるとまた新しいノートを使いたくなります。
ノートを書続けるとアイデアが見えてくるかもしれませんが、新しいノートを作りたがる人は過去のノートを捨てる可能性が非常に高いかと思います。
その点ルーズリーフは最初はスカスカで後からどんどん増えていくのでノートのようにあと何ページという事もなく、毎回新しいノートを書く新鮮な気持ちで書くことが出来ます。私のように新しいノートばかり使いだかる人にはルーズリーフは抜群の相性です。そしてルーズリーフを入れるバインダーを高いのにしたいのでおしゃれな気持ちで書いた内容を見直すことが出来ています。

ノート作りを楽しむために文房具に拘る

ノートを楽しく取るようになれば、見直した時にカラフルだと更にノートを書きたい、また見直すという習慣をしっかり作れます。
ノートを取る事を楽しみたいなら文房具にこだわるべきです。

www.xn--fdkl2l313jkkuvhzboa.com

ノートを見直す習慣を付ける工夫まとめ

ノートに書いて見直さないという事が非常に多いです。見直すという習慣を最初に付けるのは学校の勉強だと思います。しっかり見直す習慣が付いていれば仕事の効率化やアイデアがどんどん出てくると思います。
学校で見直す習慣を付けても社会人になると見直すクセがなくるのでしっかり習慣化したいと思います。