読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生戦略ノート

Enjoy the Life

「電子書籍を読むためにKindleを導入した感想と電子書籍のメリット」

電子書籍 電子書籍-kindle

スポンサーリンク

電子書籍を読むためにKindleを導入した感想と電子書籍のメリット

通勤電車で読書は両手を使うのでバランスが取りづらいのと思い本だとさすがに疲れるので集中するのが難しいです。
それでも読書を増やしていきたいので思い切って電子書籍のKindleを導入するとすぐにメリットが出たので紹介したいと思います。

電子書籍導入のきっかけ

読書をもっと積極的に読みたいと思っていますが、本を買えば買うだけ部屋がどんどん狭くなります。
通勤電車で快適に読めないのでで思い切って読みやすそうで場所を取らない電子書籍で読書をする事にしました。

通勤時間の満員電車で本を読むのは非常に難しい状態でした。片手ならまだスペースがありますが、両手だとさすがに厳しいスペースで脇を閉めて本を読まないといけません。
それに加えて本を両手で持っているのでちょっとした揺れやブレーキで体重移動をミスると人に当たってしまいます。通勤時間に集中して読書をするのは私にとってかなり難しいと思いました。
ただ読書は好きなのでどうしようとかなと考えながらスマホでSmartNewsを見ているとビビっとくる記事を見つける事が出来ました。

honeshabri.hatenablog.com

中身を見る前にタイトルを見た瞬間に電子書籍リーダーを購入する事を決定しました。決定してからはどの電子書籍リーダーはいいのかを調べた結果、無難にAmazonから発売されているKindleの電子書籍リーダーを購入しました。

www.xn--fdkl2l313jkkuvhzboa.com

電子書籍リーダーのKindleを使った感想

まずは電子書籍リーダーはかなり軽くて持ち運びが便利。あとは紙の本を読むのと伝書籍リーダーで読むのとでは読む快適さの大きな差がでました。
圧倒的に電子書籍リーダーで読む方が快適で、今までは集中しずらい状況で5日で1冊を読んでいましたが、電子書籍にしてからは2日で1冊のペースとなりました。
2回3回読むので1週間で1冊をきっちり読むことができる反面少し恐れている事があります。

本を購入する勢いが強くなる

毎日Kindleを見ていしまっています。本を読むペースが遅かった分、購入ペースが遅かったのですが、快適さがアップし集中して読めるのでかなりのペースで本を読んでしまうので、ある恐怖があります。

「読み終えて次に読む本がないとう恐怖」を今非常に強いです。読む本を購入していなくて読む本がないとなると物凄く時間を無駄にしてしまう感覚があるのでどんどん購入しています。
そしてどの本も面白いので更に読書をしたいという欲求が増えた分は本が増えています。本が増えても今まで抱え込んでいた問題が電子書籍によって解放されました。

本を置くスペースを必要としない電子書籍

紙の本って、質量保存の法則的に考えて、買えば買うだけ部屋のスペースがだんだんと狭くなっていくるのが問題と思う人と本があるだけ嬉しい人がいるよね。

私の家には漫画といろいろな本がある影響で本棚を大きめの使っていました。3度の引越しでつくづく思ったのは本が一番重くて量が多くて部屋のスペースを使うので邪魔だと思うようになってきました。
その影響で本を購入するのにブレーキが掛かってしまったりと読書をする事によってはマイナスに働いてしまいました。とりあえず家にある本は捨てたり、オークションで漫画を売ったりして大分減らすことに成功しました。
本が増えると部屋の場所を取るので本を捨てるという作業はかなり苦痛でした。電子書籍にする事によってその苦痛からの開放とこれからの部屋のスペースの確保が出来きます。

軽くて片手で読書ができる

電子書籍にした事によって片手で読書ができます。本で片手読み出来る本は私の手が小さいので限られてくるのと参考書などの本は重いので片手では不可能です。
手が疲れるといった事がなく、Kindleの電子書籍は軽いので手が全く疲れません。そして更にメリットはスマホではないので、Lineや電話やメールに邪魔されることなく読書に集中できます

ハイライト機能とメモ機能の素晴らしさ

Kindleの電子書籍を購入した理由は軽いのと目に優しくてバッテリーが長持ちする事でした。そしていざ使ってみると購入した以上のメリットを感じる機能をは発見しました。
メモ機能とハイライト機能でこの機能は読書によって得られる効果を数倍に引き上げる機能です。

ハイライト機能

カンタンに言うとここ重要だなと思う所にマーカーを引く機能です。マーカーを引くと「マイクリップ」に保存されるのでいつでもどこにマーカーを引いたかを確認する事ができます。
そして更に購入した人達がハイライト機能を使った分が複数かたまると点線で「20人がハイライト」と表示されるのでここはみながマーカーを引いた所という事が分かるので印象に残りやすいです。この機能は本当に素晴らしいので電子書籍リーダーのKindleを購入して良かったです。

メモ機能

これは普通にあるメモ機能ですが私にとっては非常に嬉しい機能です。紙の本で読書をしていた時に「ここは重要だ!」という内容を見つけるとスマホの「EVERNOTE」で入力していたので出して戻す作業が非常に煩わしかったのでメモ機能がある事が嬉しいです。

電子書籍Kindleを導入した感想まとめ

通勤時間での読書を快適に出来るので本を読む量が今年は増えていくと思います。片手で持っても疲れないのとハイライト機能にメモ機能を有効活用してどんどん本を読んでいこうと思います。
ただ妻に本の購入予算を指定されたのでその予算内で楽しめるよう頑張ります。

もしかしたら人間は自由よりも制限された中で楽しさを見出す生き物なのかもしれません。謎の哲学を発見した気持ち。