読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生戦略ノート

Enjoy the Life

「過去記事の修正をしていくメリットと過去の自分の過去記事を見た感想」


スポンサーリンク

過去記事の修正をしていくメリット

過去記事を修正する事でブログ全体の質を上げ、検索件数を上げるという情報を見ました。そのメリットとブログ全体の記事の質を上げるという事で過去記事を見ていると現在と過去とは違った考えでブログを書いている事が分かりました。

過去記事を修正するメリット

過去の記事を見ていると見出しの付け方に書き方がかなり違っていました。そういったのを修正するのと見出しの内容と本文が良くわならない構成になっているので今以上にひどい内容でした。
そして文字数が短い記事や意味不明な記事に文句ばかりを吐き出し内容などいろいろな内容がありました。こうした記事を修正するメリットは私が思うに4つあります。

・誤字脱字の修正
・リンク切れやデザインのおかしい所の修正
・奇跡のアクセスアップ
・過去と現在の違いを自己分析できる

この4つぐらいが私の中で過去記事を修正するメリットがあると思っています。
画像の貼り方が違ったりといろいろな発見があるので発見する度に記事を書いていた時の事を思い出せるのでこれが「エピソード型記憶」かと納得しました。

過去記事を見て自分の成長を自覚する

過去記事を見ていて思ったのは現在と過去の記事の書き方がかなり違っていました。昔は顔文字を使ったりと普段口頭で友達と話す言葉を文章にしていました。現在口頭で話しているような文章を見るとしっくりこないという気持ちで一杯です。
いつからかは分からないですが、しっかり伝えるために文章が変化しているので成長しているなと分かるだけで嬉しいのとスラスラ記事が書けるようになったので過去の自分と比較すればするだけ成長が分かるので自画自賛しています。

過去記事からブログをネタを貰える

過去に書いた記事はブログネタの宝庫です。過去記事を見て、結論として何を伝えたいかは自分で書いたので分かると思います。月日が経ち再度そのネタを見ると違った視線や違った考えが出てくる場合があります。
その違ったことこそ新しいブログネタとして記事を書くことが出来るのと、過去とは違った視点で物事を判断できるので過去と現在の考えの違いを過去記事から実感する事が出来ます。そうした実感をブログネタにする事が出来るので、過去記事は「ブログネタの宝庫」だと思います。

とりあえず1年間ブログを継続して書いていたのでその1年分はブログネタがあるようなものなので過去記事から修正や記事を追加したり、削除して全く新しいのにしたり出来るのでワクワクする事ができます。

雑記ブログは日記のようなもの

最初のスタートとしてブログの目的は「継続」する事でした。「継続」する意気込みはしっかりあったのですが、考えが甘かったと思いました。ブログの「ネタ」が全く思いつかないという事になったのでとりあえず日々思っている毒や購入した物のレビューや料理のレシピを公開していこうと何でもブログでやっていました。
何気なく書いていた過去記事を見ていて思ったのはただの日記であったと思います。見ていて全く面白くないのと今と考え方や行動があまりにも違うというのが分かって自分は成長していると現在自己満足に浸る事が出来たきっかけとして良かったと思っています。

過去記事を見た時の自分の心理を読み解く

過去の記事を見て一番思ったのは社会や政治に自分の会社の不満をブログに書いていました。文句ばかりで文句を言った後に「自分はこうだから○○をする事にしました」という行動が伴っていない内容ばかりでした。
文句ばかりの人はどこにでもいますし、文句を言って終わりな人より自分で文句があるならその文句を消すぐらいの行動をすれば良いという発想になってからは文句を言わなくなりました。そうなると自然と文句を垂れ流す記事は減っていきました。
それに文句は妻が嫌がるので前向きな人間になろうと思った事も影響しています。過去の記事を見て文句を言わずに前向きになろうという過程を思い出すので昔と現在の心理状況の違いが分かるだけでも素晴らしい事だと思っています。

過去記事修正のメリット

過去記事の修正となるとSEOのようにアクセスアップがどうといった記事が一杯出てきますが、私のは自分の成長が理解できるといった事の方が一番良いメリットだと思います。日記を毎日付けて過去の日記を見た時に過去と現在は違って良い方向に成長できていると確認できるのがブログです。
字が汚いので紙の日記を付ける事が出来なかった私でもブログでは毎日近いスパンで記事を書くことが出来たので非常にブログを書くことでメリットを感じています。30代40代50代60代と年を重ねる毎に成長していける人間を目指してブログを書いていきたいと思います。