読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生戦略ノート

Enjoy the Life

「家計に優しい保険に加入するための一つの自分の意見」


スポンサーリンク

家計に優しい保険に加入するための考え方

生命保険や医療保険は加入する側はほとんど知識がありません。何も分からない状態で加入して良いのか悪いのかの判断が付きにくいと思います。
保険に加入するにあたって意識しておく家計に優しい情報をまとめておきました。

塵も積もれば山となる保険料

万が一病気になったり、亡くなったりしてしまった時に多額の費用や残された遺族に資金を残すためなどに保険に加入するかと思います。多くの保険料を払っている人のパターンの一つとして夫婦で子供がいない世帯です。
子供がいないので子育て費用が掛からないので保険料は多く支払えるからといって掛け捨ての更新型で3万ぐらいの保険に入るケースを見てきました。
月3万円で年間36万円で5年で180万円を保険料に支払うぐらいなら溜めて他の事に使った方が良いかと思います。月額で支払うと総額を見ないようになるので、平均寿命までいくら支払うか計算したり、保険料を払うなら他の事に回した方が良いなどをしっかり計算して考えましょう。

友人や家族に言われたから加入より、自分で理解して加入しよう

友人や家族に「とりあえずこれだけは加入していたら間違いはない」と言われて加入した人が非常に多いです。何が間違いかは加入させる側が決めるのではなく、加入する側が決める事です。
間違いか間違いではないかという事は知識がなければ判断ができません。保険に加入する時は社会人だと思います。社会人になった時に無駄な費用を払わないようするためにも保険の勉強をするべきだと思います。
社会人になって勉強からどんどん勉強をしなくなりますが、景気が悪くなり超高齢化社会がすぐそばまで来ています。家計の防衛は自己責任です。しっかり知識を得るために勉強する事が家計を守る手段の一つです。

必要な補償額の設定は未来の予想

死亡保障や入院日額の設定はもし万が一のリスクが起きた時にどうしたいかやどう必要かの未来の予想です。
未来の予想をしてもらうにあたって、良く平均金額を出してきますが、あくまでも平均という事を忘れないようにするべきです。高い人もいれば低い人もいてその間が平均です。
平均を選ぶという事は考える事を放棄しています。一つの考えとして平均の額を最高額にしてその下限で金額を調整するのが一番合理的に保険に加入する事が出来ると思います。そういった判断は先に述べた知識や勉強で学ぶ事だと思います。

高い保険料を払うより健康にお金を使う

医療保険に多額の特約を付けて日額を最高金額までする人はお金を持っている人がする事です。多額の保険料を回せる人なら良いですが、一般的な人は多額の保険料を払うのは勿体ないです。
医療保険で最高の内容の保険料を掛けるなら、シンプルな医療保険に加入し、健康のためにお金を使うほうが精神的にも肉体的にも健康でいられると思います。

保険で全て準備しようと思わない事

シンプルが一番です。保険で全ての保障を準備する人はお金持ちだけで良いでしょう。健康にお金を使って保険料をシンプルにして、子供や妻や友人のためにお金を使ってあげてください。それか自分のご褒美として使いましょう。

医療の進歩により必要な補償が年々変わってくる医療保険

医療の進歩で2年ごとに新しい医療水準の医療保険が出ています。昔に比べて最近は開発のスパンが短く補償内容がガラりと変わっています。昔は保険料が安いというトレンドから女性疾病の特約に今は三大疾病の一時金がトレンドになっています。
新しいのがでれば今加入している古い保険では新しい保障の保険金が出ないと言われれば切り替えたいと思ってしまいます。

日本人はネガティブだからこそ保険に加入していると思う

もし病気になったらといった発想ばかり考えがちで、ネガティブすぎると私は思っています。日本は民間の保険にはほぼ加入していると思います。海外と比べて保険料は安いという理由があるかもしれませんが、何を持って安いか判断出来る人はいますか?多分いないでしょう。
海外に比べて保険料は安いかもしれませんが、多額の保険料を払っている人を結構見ます。変化を嫌いがちなのと生活習慣を変えられないのと保険に対しての知識がなさすぎだと思います。
とある保険会社の保険商品は、形のないゴミのような商品であっても分からない人は分かりません。
本当に必要かどうかを判断するのは運よく教えてもらうか、自分で学んで気付いていくしかありません。

家計に優しい保険まとめ

いまだに凄い保険に加入している人がいます。別に問題ないと言えばそれまでですが、多額の保障を付けた保険に加入して喜ぶのは売った保険会社です。保険会社を喜ばすために人生生きている訳ではいので、自分で使えるお金を増やすためにも無駄な保険は今すぐに減額するなり、解約するなりしましょう。それこそが家計を守る防衛手段です。
家計に優しい保険の話でしたが、内容は優しくない内容でした。書き終えて反省しているので、時が経てばちゃっかり修正されていると思います。
鴨葱を探すうさぽん