読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生戦略ノート

Enjoy the Life

「子供が出来た時に気付く大人が勉強をしないといけない理由」


スポンサーリンク

子供が生まれる前にしておく行動 全く気が付きませんでしたが、子供を授かった時にいろいろ自分の事や子供の事を考える時間が増えました。一番重要な教育である勉強についてどうやって子供に勉強してもらうかを考えているとある事に気が付きました。
まずは自分が勉強を継続的にしていかなければいけないという事と理由を自分の中で整理してみました。

子供より大人が勉強する必要がある

www.xn--fdkl2l313jkkuvhzboa.com

こちらの記事にも触れましたが、親が口うるさく勉強しろと言いながら親自身は自分の好きな事をしています。その事を質問すると大人は好きな事をしても良いという発言をしますが、はっきり言って子供には理不尽に映ります。
子供に勉強させるなら親がまず率先して勉強する必要があるのと大人になると勉強する時間をしっかり作る必要があるという事を再認識する事ができました。

社会人になれば勉強しないようになる

大人は勉強しなくて良いという発言を自分の親がしていましたが、その時は理不尽だと思いましたが、今の自分の状況と親が発言した内容の行動を考えて見ると自分が大人になった時に勉強をしなくなった事に気が付きました。
大人になるという事は勉強しないという事になるのではないかと思ったのと子供にそういった認識を植え付けたくないので生まれるまでに毎日勉強をする習慣をしっかり根付かせたいと焦りだしました。

子供以上に勉強を頑張る姿を子供に見せつける

子供に勉強をしろと言うなら親自身も勉強をしないと説得力がありません。子供に勉強させたい親はまず親自身がしっかり勉強している姿を見せるべきです。姿を見せつけてからもし子供が勉強しない時に親が仕事をして勉強もしているなら説得力があります。
仕事でも仕事が出来ない人にこうするべきと言われても納得いかずに無視をするという選択肢や返事だけで実際にやらないというパターンを良く見るので、勉強をしてほしい事を言うならまずは親自身が勉強していることが必須だと思いました。

子供に勉強させるために親が勉強する事で勉強ができるメリット

子供に勉強をさせるために親が勉強をするという事はメリットしか存在しません。する勉強がないのであれば何か資格でも心理学でも何でも構わないと思います。机と本と紙とボールペンなどで勉強をすれば人生に役立ちますし、子供にも良い影響を与えられると思います。

私はある程度やらないといけない事に目途がついたら[食育」の勉強をしたいと思っています。

子供の時だけの勉強は働かないオジサンになる

勉強を子供にさせるのは良い事ですが、大人になっても勉強してもらえるようなってもらいたいと思います。働かないオジサンの特徴は勉強をせずに昔から培った古い経験で判断しがちなので、新しい発想や新しい事をするために日々勉強してもらえるようまずは親の自分が率先して勉強をしていきたいと思います。

夜に勉強は厳しいので、平日朝早起きして勉強に挑戦する[朝活」に再度挑戦したいと思います。

朝活による人生戦略

www.amazon.co.jp