読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生戦略ノート

Enjoy the Life

「資格を上手に使って勉強するきっかけとして人生に役立つ9つの資格の種類」

勉強 勉強-資格

スポンサーリンク

医療保険を扱っている保険会社を知る

資格を取れば劇的に変わるという事はまずありません。資格がなければできない仕事以外は人生に役立つための資格と思っています。
資格を取るのは無駄と思わず、資格について前向きに考えればメリットは沢山あるのとあれば便利な資格を紹介したいと思います。

資格を取るメリット

一生使える資格は人によって大きく変わってきます。資格を取ったから仕事が増える、仕事ができるという訳ではりません。難しい国家資格を頑張って取ったけど仕事がないという人達はいっぱいいます。
資格に対して過度に期待するのは良くないのと資格と言っても訳の分からない資格が多数出てきているのも確かです。
資格を取ったからどう変わるというより資格を取るために専門的知識と勉強する習慣や勉強する事ができるという事が資格を取る一つのメリットだと思います。その他に資格を取る事によって得た知識を人生に役立てたり、資格を取った結果よりその過程から得られるメリットをいかに自分が上手にアピールしていくかが大事だと思っています。
私が思う資格を取る事によって得られるメリットは3つあります。
1.勉強するきかっけ
2.会社への勉強しているアピール
3.人生に役立てる知識の取得


資格を取得してその資格を最大限に活かすも殺すも自分次第です。勉強や知識や役に立つ資格の種類を9つに分類してみました。

1.TOEICなどの英語の検定

英語の勉強のためにはいいきっかけになるのがTOEICです。あとグローバル企業に就職するのに便利ですが、その場合は英会話ができるレベルが必要となります。
単語や組み立てが出来れば話しやすいので聞き取りを中心に頑張ったりと英語の勉強するのには良いと思います。車のメーカーは昇進にTOEICの点数が一定以上必要だったり、必用用途は多数ある検定です。

2.簿記

財務の仕事するにあたってある方が良い資格と会社の会計について具体的に学べます。業務に使う資格は日商簿記2級までとります。簿記の勉強と得られるのが工場での仕掛品や在庫についての年末の評価に財務諸表について学べるので、自分の会社の経営状況や取引先の経営状況を数字で把握しやすくなります。更に副業するにあたって株での投資をする際は決算書を見て判断できる知識が得られる資格です。

3.ファイナンシャルプランナー技能士

仕事にも使えるのと日常でも役立つ知識を習得する事ができます。ファイナンシャルプランナー技能士の勉強内容は資産運用の金融商品・税金の知識を幅広く浅く勉強します。
全く何も分からない人が金融商品や税金についての勉強する内容としてはぴったりです。ファイナンシャルプランナー技能士で幅広く浅く勉強し、基礎をしっかり固めるのにオススメです。

4.行動心理学など心理学の資格

心理学という講座・資格・検定は多数あります。国家資格は平成30年にスタートする公認心理師ぐらいだと思います。これからどんどんメンタルについての学ばないといけない時代になってきています。
平成27年12月より義務化されたストレスチェックなど心理についてのニーズが増えています。仕事やプライベートを含め、人間関係に悩まされる人は圧倒的に多い中、相手の行動や仕草で心理が分かれば、上手に対処していけます。人生において大に役立つ資格なのでしっかり学べる講座を探していこうと思っています。

5.行政書士などの法律系の資格

行政書士などを含め、法律を学べるのは非常に人生において役に立ちます。行商書士は主に民法を学ぶので日常に関わる法律があれば万が一のトラブルの時上手に対象する事が可能です。
法律の知識があれば詐欺などに引っかかりません。知っている人に取って大きなメリットになり、知らないと大きなデメリットになるので学ぶには行政書士がオススメです。ただ法律は覚えにくいのと覚えるの量が多いのでいきなりこの勉強をするより他の事を勉強して資格を取った後に行政書士を勉強する方が挫折せずに済むかと思います。

6.宅地建物取引士

法律の中で不動産の取得や賃貸に取引士がしてはいけない事を学べます。法律同様に不動産について全く知識がない人がほとんどでといずれ人生の中で家を購入する事があるかもしれないので、今では家を購入する前に勉強をする人が増えています。

7.食べ物系の資格

職に関する資格で有名度があるのは栄養士です。栄養士になるには昼間の認可された学校にいかなければ取得できません。職の専門的な知識を得るのであれば栄養士の学校に行かないといけませんが、社会人になり生活に役立てる食に関する幅広知識を習得できる資格があれば栄養を意識した料理が出来ると思います。

8.パソコン・情報処理どの資格や検定

仕事でパソコン使う事が多くなり、全く分からない人には付いていかない状況になりつつあります。普通に使っていても意味の分からない事が多数あるかもしれません。
特に今後必要となるパソコンやネットに関連するセキュリティーの知識など必要となってくる知識はどんどん増えていっています。コンピュータの知識は今後あるに越したことがないので専門的な事などを先にいろいろと学んでおく方が良いかも知れません。

9.デザイン・色彩などの資格

社内でのセミナーや社外セミナーの案内やポスター作製などがあったり、POPを作成するためのデザインなどが必要な場合はデザインや色彩の資格というより知識があった方が良いかと思います。パソコンでのデザイン作成となる場合もあるのでパソコンの専門のデザインソフトの検定な知識習得と技術習得のために勉強するのは良いかもしれません。

資格についてのあとがき

記事は常に勉強している人向けというよりかは社会人になり、勉強したいと思っていても行動が出来ない人向けという私自信に向けた記事です。行動していくためのきっかけを文章にしてみました。

資格を取るためには勉強をするという行動が必要となってきます。資格には必要があるないは自分次第です。全く意味のない資格は多数あるかもしれません。下調べをして知識が欲しいと思える資格や勉強したいと思っている人は一度資格を取得する前提で勉強してみるのがオススメだと思います。