人生戦略ノート

Enjoy the Life

「社会人の休日を有意義に過ごすためのできる特集」


スポンサーリンク

社会人の休日を有意義に過ごすためのできる特集

https://www.flickr.com/photos/76657755@N04/7027602839/in/photolist-bH1iuc

社会人になると休日がすぐに終わってしまう感覚になります。せかっくの休みを有意義に過ごせないと人生損をしていると感じます。
時は金なりという言葉があるように休日を有意義に過ごすして人生楽しみましょう。

社会人の休日過ごし方を考える

休日はゆっくり寝れるという考えが大半を占めますが、私が実践した事で分かった事は休日は短時間睡眠でも問題がないという事です。休日と平日では睡眠の質が違います。
平日はいくら寝てもずっと寝続けたいと思うので、朝中々スッキリした起床が出来ない場合があるのに対して、休日は起きてから仕事がないので睡眠の質は平日よりかなり高いでしょう。

そして休日だからこそまとまった時間があるのでその時間をどう使うかで人生が変わってくるかと思います。休日の時間の使い方を上手にすればお金になる価値を生むかもしれないと最近思うようになってきました。

1.休日の睡眠は短くても大丈夫

なぜかというと睡眠はメンタルの状態で質が変わります。休日だというだけでメンタルは最高の状態になるので睡眠の質は平日よりぐっと上があります。

www.xn--fdkl2l313jkkuvhzboa.com

休日の前日にお酒を飲みすぎると二日酔いになり、睡眠の質が低下するので注意しましょう。休日の睡眠の質は平日より良くなるので普段起きている時間の30分早く起きても全く問題ありません。

最終的に休日の起床時間は平日起きている時間の1時間前に起きています。全く眠いという気がしないのと朝からなぜか分かりませんがやる気に満ち溢れています。

2.朝早く起きて掃除と選択をする

休日の選択や掃除は後回しにしがちなので、朝早く起きて朝から積極的に掃除や洗濯します。最初はやるのを後回しにしがちですが、いざ掃除や洗濯をすると結構スッキリした気持ちになります。
家でする家事を全て朝に集中してやるとスッキリした状態でお昼を迎えられるので読書や勉強に見たかった映画などを見るのが良いでしょう。

3.読書をする

読書をする時間って結構作るのが難しいです。休日となると時間がいっぱいあるのでどの時間帯でもしっかり読むことが出来るという安心感の影響で中々読書をしない状態になってしまいます。
休日で読書をするために私が考えた方法は、休日は朝早く起きるようにしています。休日は朝6時に起きて、ボーっとしてから8時まで読書をする時間にしています。おkの方法で読書を時間の確保と朝読むと結構本の内容を覚えているので自分に取って素晴らしい時間帯を見つける事ができました。

4.旅行に行く

旅行は前もって準備したりしていくのも良いでしょう。時には翌日が休みで何も予定がないのであれば行き当たりばったり旅行ツアーを企画するのも良いでしょう。日狩り、泊まりのどちらでも構いません。ダーツの旅の用にダーツで行き先を選んだり、調べた地名をあみだぐじで決めても良いでしょう。

旅行先でする事は全力で楽しむ事です。自分の知らない場所などを自分の足を使い、目で確認する事によって新鮮な気持ちになれます。旅行先で疲れたなら銭湯に入ったり、工夫や考え方次第で楽しさは無限大です。

5.ブログを大量に書く

私はブログを書くのが好きなのと今は書くことより、調べるたり、問題を解決した時などどうやて解決したかを考えたり、ノートに書いている時間の方が多いです。ノートに書かれている事は箇条書きなのでそれをブログでまとめたりするのが楽しいです。

ブログを書くことは私に取って有意義で勉強になる事で、別にブログではなくても良いかと思いますがせっかくブログを書いているのでブログで有意義に過ごせる事を紹介したいと思いました。

6.スポーツや運動をする

休みだからこそゆっくりするのではなく、休みだからこそ活発に動くのも良い事です。運動は精神と身体に取って非常にプラスになる事です。
休日に野球やサッカーをしたり、ちょっとした山登りに行ったり自転車で遠くに行ったりするのも良いでしょう。社会人になると運動不足になるので積極的に運動をする事が非常に大事だと痛感しています。



休日を上手に使うからこそ勉強や成長が出来るとやっと思えてきました。社会人になるとどうも言い訳が多くなり、仕事で疲れる事が多いから休日にわざわざは疲れる事をしたくないという発想になりやすいです。
そうなると積極性がなくなり、勉強もせずただ言われた事だけをするようになり年をとっていくとある一定の年齢になった時、自分に何が出来ると考えた時に何もできないという事になるかもしれません。そうならないためにも休日は有意義に過ごして、心も体もリフレッシュし、積極的に行動できるようしっかり休日を楽しめるようにしましょう。