人生戦略ノート

Enjoy the Life

「休日に肉体と精神の疲労回復する8つの行動で元気になる方法」


スポンサーリンク

イライラする人が多い現代社会でストレスを解消する3つの行動

Happy! | Flickr - Photo Sharing!

平日の疲れを癒すために休日どう行動するかが大事なのと平日でも疲労回復するためにどうしていくべきかを調べ、実践していく必要があります。
疲労回復をしっかりする事で元気に楽しく人生を過ごせるので、疲労を回復させる8つの方法を紹介します。

肉体と精神を癒すための行動

仕事は肉体と精神を疲労させます。そうならない体づくりをするために運動を習慣化したり、食事を気を付けながら楽しい事をするのが一番効果があると思います。ただそれだけでは年を重ねる毎に限界が来るので更に出来る事を増やしていく必要があります。疲れは判断を鈍らせたり、楽しくなくなります。ストレス社会と言われる日本社会ですが、慢性的に疲労が溜まりやすい社会であると思っています。ストレス社会であって疲労が溜まりやすい社会でストレスと疲労はセットで付いてきます。

休日だからこそ時間がある中でしっかり準備し、疲労を回復するための行動をしていきましょう。

1.ストレッチメニューを作る

ストレッチをするといっても適当に考えなくやるより、ストレッチをする流れをある程度決めておきましょう。
休日だからこそできるストレッチのメニューを作って習慣化してみましょう。私の場合は夜に10個ほどのストレッチをいつも同じ流れでやっています。継続してやると体が柔らかくなるのとどんどん調子が良くなっています。

呼吸をしっかり意識して、継続して行う事で効果が出るので休日にしっかりメニューを作ってみましょう。

ストレッチを学ぶ

www.amazon.co.jp

2.即効性のある疲労回復するにんにく

にんにくは誰もが知っている疲労回復がある食べ物です。ただ難点なのが臭い成分があるので平日に食べる事は難しいです。土日休みなら金曜日の夜に食べたり、土曜日のお昼に食べるなど仕事に影響しないように工夫しましょう。
そして自宅に家族いるならにんにくを食べる事を宣言するのとマスクを付けたりと自宅内での対策をしっかりしておきましょう。

にんにくの効果を詳しく調べるとビタミンB1の効果を最大限に発揮し、末梢神経を拡張する事によって血栓を防ぎ、血液をサラサラにします。血液がサラサラになる事で体の隅々まで血液が行き届き、栄養や酸素が届きにくい器官までもしっかり届くようになります。栄養と酸素がしっかり行き届くことによって疲労回復になるので、1週間に1回休日ににんにくを適量取り入れてみましょう。

3.食事時間を気を付けて効果的に疲労を回復する

ご飯を食べる時間は非常に大事です。生活のリズムを整えるためには平日と休日に関係なく食べる時間を近づけるべきです。睡眠も同様に平日と休日に開きがあると疲労回復を阻害するので、食べる時間と起きる時間と寝る時間は極力一定のリズムで行うべきです。

食事時間を固定したおかげで体調が良いのと睡眠の質が過去に比べて上がりました。低体温、低血圧で早起きが出来ませんでしたが、休日は6時に起きるぐらい体質改善をする事ができました。

4.睡眠の質を上げる

睡眠の質が上がれば必然と疲労回復の効果が上がるのと精神的な安らぎを得る事ができます。

www.xn--fdkl2l313jkkuvhzboa.com

www.xn--fdkl2l313jkkuvhzboa.com

5.お風呂で疲労回復する半身浴をする

お風呂は湯船に浸かるべきです。湯船に浸かって、更にマッサージをします。
そして、休日だからこそゆっくり湯船に浸かる事が出来るので半身浴をする事がお勧めです。お湯は熱すぎず、お湯の量はおなかぐらいにしましょう。だいたい時間は30分ぐらいにしておいて終われば水分を補給しましょう。そしてなぜ半身浴は疲労回復と30分の時間を使って読書をする事ができます。

休日に疲労回復するための行動と読書をする時間を確保する事が出来るので一石二鳥です。

6.お笑い番組を見て良く笑う

肉体的に疲れていれば睡眠の質を上げる事によって対策出来ますが精神的な疲れは睡眠だけは中々回復しません。精神的な疲れを回復するのに効果があるのは笑う事だと思っています。
時間のある休日にアメトークや笑ってはいけない24時などを見て、意識して声を出して笑うと精神の疲労回復に繋がります。社会人3年目で精神状態が危なかったので何か出来ないかという事で始めた笑い番組のDVDを見て声を出して笑うという事をしたおかげで、何とか持ち直しました。

7.お昼のみお酒を飲む

お酒は体に毒なのは確かです。お酒が好きな人に飲むなというのは難しい事です。夜になると家で毎回飲んでいる人は休日だけは土日休みなら土曜日の昼や日曜日の昼のみにしましょう。夜お酒を飲むことによって睡眠の質を低下させるのでせっかくの休日に疲労回復するための睡眠の質を下げると悪循環になります。

ただ我慢できるかどうかの話になってくるので、お昼に飲んで夜飲む人はまず我慢する精神力から鍛えるべきかもしれません。

8.疲労回復するための栄養素と食事のバランス

2で紹介したにんにくの記事の中にビタミンB1は体を動かすエネルギーになる栄養素です。ビタミンB1がないと疲労を感じたりします。体のだるさや疲労感を感じやすいひとはビタミンB1が欠乏しているかもしれません。
豚肉に多く含まれているのでにんにくと豚肉料理は最高の疲労回復料理になるかもしれませんが、口臭に悪影響を及ぼすので注意しましょう。
一つずつ上げていくときりがありません。要はバランスの取れた食事をする事によってしっかり栄養素を摂取するという事が大事だという事です。疲労回復のために食事のバランスが必要なので、休日にバランスの取れた食事を作れるよう平日の献立を考えてみるのが良いでしょう。私は平日の献立を月から金まで立てているのと献立を作るのが非常に楽しいです。

あとはどの食べ物に栄養素が入っているかをしっかり覚えて、バランスの良い食事ができる献立を作っていこうと考えています。


休日は平日と違い時間があります。休日だからこそ時間を有効に使ってどういった行動をすれば疲労回復に繋がるかをしっかり考え、自分の疲労回復できる行動をレシピ化しましょう。
疲労回復レシピが増えれば増えるだけ人生を上手に生きていく事が出来るので楽しく疲労回復をするための自分レシピを作ってみましょう。