人生戦略ノート

Enjoy the Life

「ポジティブになる方法を実践するために前向きな発想に変える考え方」


スポンサーリンク

ポジティブになるために不満を前向きな発想に変える方法

人生に取って大事なのはポジティブシンキングだと思っています。ネガティブに考える事は必要な時もありますが日常の中でそうある事ではありません。不満や文句の言いたいことは人生の中で多数あります。
人生の中で不満や文句からくるストレスと上手に付き合い方法解決策がポジティブだと思っています。
ポジティブになるためにまずは発想を変える考え方を自分が現在している事をまとめてみました。

不満を口に出し続ける事は時間の浪費

不満を言いたくなることはかなりあるかと思います。会議での資料のコピーなどをタブレットでデータに入れて、会議室で使うようにすれば紙代の節約とコピー時間の節約になり、地球にも優しい会議になったりします。
パソコンが使えない上司がいると全て紙ベースでの提出を求められたり、なぜか手書きの資料を作る必要になったりと時間を無駄に使う事が多いと不満を持っているとします。その不満を口に出して他者と共有しようとします。
別に不満の共有は悪い事ではありません。ただ私がよく陥ったのが不満を口にするだけで終わる事が一番無駄だということです。不満があるならどう行動すればよいかを考えて行動しない限り改善しないのと何もしないと自分の成長にもなりません。
不満を言い続けたら言い続けた時間は浪費になるので、不満ばかり言い続けるより解決するためにどんどんチャレンジしていくべきです。そのためにはどういった事をしてきたかを紹介したいと思います。

解決できない問題を上手に解決していくのが社会人

すぐに不満や文句を口に出したくなります。ただ出すだけ終わっていると先に繋がる事を一切していないので全然進歩がありません。
すぐに頭の中に文句を言いたくなる事や不満が頭をよぎる事は常にあります。その時に私がよく自分に言い聞かせている事は「文句を言うのは誰にでも出来る」という事です。
私の場合はしっかり言い聞かせないとすぐにまた思考が不満になりイライラしてしまいます。言い聞かせてから改善するためにどうすれば良いかを考え、どう行動していくべきかをスケジュールを立てる事を考えています。
無駄な労力になってもとりあえず行動しようという事を意識しています。
上司や問題に関わる人が動かないのであれば自分が動き、先回りして問題の解決に役立つ行動をしていこうとしています。

不満を共有するより、改善方法を共有する

不満を他者と共有したくなる事はいっぱいあります。顔を合わせれば不満を言い合い、酒の席で不満を言い合うというのははっきり言って人生の時間の無駄です。
人と話していて後ろ向きで文句ばかりの人を見ていると結局自分が動きたくないのともし行動した時に面倒な事になると思ったり、自分に不利益を被ることを非常に嫌がるひとばかりです。
不満ばかりの人と一緒にいる時間より、多少の不満は言うものの、改善方法を共有し、どうしていくかのために時間を使う方がよっぽど有意義です。

言葉に出す事を意識する

ポジティブな発想にする一番の効果があるのは言葉を意識する事です。すぐに不満を口に出したり、文句や自分がいかに不遇かを言う人は一度ポジティブな発言に換えてみると良いと思います。
私がやっている事は疲れた??と聞かれると「疲れ知らずに体です」と答えたり寒い暑いを言わないようにしたり、あえてストレスや不満はないと言います。不満はないにしてもあるのは問題であって不満でもなんでもありません。
問題をいかに上手に解決したり、上司を上手に気持ちよく動いてもらえるかだけと無理やり言っていると本当に言っている気持ちになります。
前向きな発言をどんどん言っているとメンタルが変わってくる事を理解したいので更に前向きに発言していきたいと思います。

メンタルを強くする

体を鍛えたり、運動をしたりするのがかなりの効果があります。ポジティブになるために体力も必要だと思ったのと体に負荷をかけてしんどいと思えることを経験するために体を鍛える事を2年前から始めています。
鍛えた影響で体が慣れてきたり、体力が付いてきたりするとかなり精神面で変化するので手っ取り早く変わりたいと思う人はジムに行って体を鍛え、プールで有酸素運動をしましょう。

不満を言い続けて、足を止めた未来を想像する

不満を言い続けている自分の10年後20年後を創造して見て下さい。文句ばかりで10年経ち能力や成長するわけがありません。文句だけでは成長はありえません。
会社がダメになって他で転職して仕事をしても文句ばかりで成長してこなかったら他で働いても役に立ちません。同僚で不満を言って盛り上がっているより、どんどん問題を改善するための行動していく方が良いと思っています。
その分、仕事量と考える事が一気に増えましたがメンタル強化の一環として体力作りもしているのでまだまだ余裕です。

ポジティブになる方法を実践するために前向きな発想に変える考え方

不満がある人の多い特徴が個人的な感情が入り過ぎる事だと思います。こうすればもっと時間の節約、何かを決める時にスムーズなど改善について不満ならまだしてもあの人のやり方が気に入らないとか個人的な感情での不満なのでさっさとゴミ箱に捨ててしまいましょう。
私は中々ゴミ箱に捨てれず、鍋で個人的な不満を煮えていました。ゴミ箱に個人的な不満を捨てれずに6年ほど経ちましたが、今はしっかり不満をゴミ箱に捨て、前向きに行動するようにしています。
不満を不満で口に出す事で終わらず、前向きにどう捉えていくかが人生に取って大きなポイントになってくると感じています。
ポジティブだからこそ前向きに捉えて行動できると思うので、どんどんポジティブシンキングで人生の荒波を乗り切っていきます。