人生戦略ノート

Enjoy the Life

「疲れが取れない平日に体を休息させる方法」


スポンサーリンク

疲れが取れない平日に体を休息させる方法

平日いつも通りの行動をしていますが、最近疲れが取れなくなってきました。
疲れている時であっても疲れていないと気と同じことをしようとするなら次の日に影響します。疲れを感じないよう体力を増強していますが、全然疲れがとれません。
疲れを取るためには疲れを取る行動をしていかないといけないので疲れている時に体を休息させる方法を考えてみました。

疲れは行動のやる気を削ぐのですぐに対策する

疲れると他の事をしたいと思える状態ではなくなるのとイライラしやすい状況を作ってしまいます。疲れが溜まっている中、HOTメールのアカウントが乗っ取られそうになりました。HOTメールとは別にセキュリティー対策のアドレスを登録していましたがそのアドレスが分からなくなりイライラしていました。
家に帰るまでに落ち着いて対処しようと言い聞かせて、何とか思い出し対策をする事が出来ました。現代社会で疲れは人生にとっても大きな敵となっているので平日に疲れを溜めないよう自分の休息方法をまとめてみました。

疲れたと感じた日はいつも寝る時間の2時間早く寝る

寝溜めは意味がありません。ただ普段寝ている時間より2時間ぐらいを目安に早く寝ると次の日はかなりスッキリしています。寝すぎると逆に体調が悪くなるので私の体質的には2時間ほど多くとれば疲れが取れます。
寝すぎると悪影響、短すぎると効果なしなので丁度の時間を自分の体で実験しながら目安を探しましょう。

寝る前のストレッチを忘れずにする

体をほぐすことは大事です。血行の流れを良くし体を柔らかくします。私は朝は時間がないので中々出来ていないのですが、朝と夜のストレッチをこれから積極的に取り入れたいと思っています。
寝る前にストレッチを続けることで疲れが溜まらないようになっていると思います。最近ストレッチをおろそかにしているのと冬の寒さの影響で疲れが取れない状態になっているのかもしれません。

寒い時期は体を冷やさない

かなり寒くなりました。寒いと暑い時とは違いかなり疲れやすいです。疲れやすいと感じるのは季節というより、季節の変化による風邪かもしれません。寒さで血行の流れが悪くなります。
朝は特に冷え切っているので、しっかり朝食を食べるのと日本の朝食の定番である味噌汁で体を温めましょう。家ではネックウォーマーを付け、靴下を履いて完全防備でいます。

夜はコーヒーを飲まない

夜にわざわざコーヒーを飲む必要がありません。私は平日の夜のコーヒーを禁止しました。寝る時間が12時として9時にコーヒーを飲んで目を覚ました状態でパソコンや趣味をしようとするのがそもそもの間違いでした。
コーヒーを飲んだ日と飲んでない日の睡眠の実験をしました。コーヒーを飲んだ日は平日の夜スッキリした状態でかなり快適です。コーヒーを飲まなかった日は夜少し眠たいと思う状態が来ますが乗り切ればどうってことがないです。
コーヒーを夜飲む実験で一番大きな影響が出たのが寝る時です。コーヒーを飲んだ日は中々寝付けず、睡眠時間が減ったのと質が非常に悪く疲れが取れない睡眠という事が私の体で分かりました。
自分の体質的には夜コーヒーを飲まない方が休息できるという事ですが、そもそも夜にコーヒーを飲む人って他にいるのかな??と思ったりもします。

仕事は適度に休憩を取る

休憩が取れないほど忙しいというのを続けると血尿が出たり、めまいがしたり、抜け毛の症状が出るという事を聞きます。私の先輩は超ブラック会社で朝の5時30分出発の終電に帰るという事をしていました。
お昼休憩は15分ほどで休みは1日2~3回のトイレ休憩のみだったそうです。先に挙げた血尿、めまい、抜け毛がひどくて6年目で退職しました。
そしてどこかの研修にいった際に書いてあった資料にタバコ休憩をこまめに取る人ほど疲れにくいやうつになりくい的な事を見た覚えがあります。根拠が曖昧で「ん?」となりましたが、説明の中にタバコというよりこまめに休憩を取る事で疲れにくい状況を作るのが良いそうです。
そして疲れをこまめに取る人の方が仕事の効率が良いので、積極的に5分休憩などを取り入れていきましょう。

疲れが取れない平日に体を休息させる方法まとめ

意外に大したことがない事でも積極的に実践していると効果が出てくると思います。特に周りの目を気にして出来ない仕事中のこまめに休憩を取る。
周りが休憩を取れないから自分も取らないというのは別に良い事ではありません。集中力が常に持続し続ける社会人はほぼいないでしょう。集中し続けるためにはしっかり休憩を取る必要があるので、ずっと座り続けると体にも悪影響です。
仕事中にこまめに休みを取るクセ、水を飲むクセに仕事の休憩時間にストレッチをする事で体を少しでも休息できる事をすると何もしていない人より疲れから解放されると思います。