健康、投資や生活に役立つ「人生戦略ノート」ブログ

人生の戦略を実戦して楽しく生きるブログです。健康や投資に筋トレなどいろいろな情報を楽しくお届けします。

MENU

「睡眠の質はメンタルと時間と質の3つをしっかり意識する事が大事」



スポンサーリンク

メンタルの強いおじいちゃん

睡眠の質について分かったことがあります。次の日に嫌な事をしないと分かっている場合は圧倒的に睡眠の質が低下します。それに加えイライラしている状態の時も睡眠の質が低下します。
メンタルや時間と質によって睡眠が変わってくるのでこの3つに対してしっかり意識する事が大事だと思っています。

20年生きてきて睡眠の質について発見した事

仕事がいつも一定の時間でしたが、朝早くに起きないと時間通りに着けない遠い場所で朝から直行する事が何回がありました。その時に寝る時間はいつもより早くせずいつも通りに寝ました。

そして起きた時いつも以上にスッキリしていました。朝の弱い自分が以外にスッキリ起きれたのに驚きました。仕事終わり帰りの電車で理由をいろいろ考えていました。特段何かを行動をした問う事はありませんでした。

1.平日と休日の睡眠の質について

平日と休日で睡眠時間と質が全く違います。その主だった原因が平日だとこの時間には絶対に寝ないといけないという睡眠時間ラインがあるのでそこを意識しすぎて睡眠の質が下がるのではないかと思います。

www.xn--fdkl2l313jkkuvhzboa.com

平日の睡眠対策

小さい事ですが、1時までに寝るという事をしていますが、それを12時から1時の間で寝るという事でちょっとした寝ないといけないという負荷を下げる行動をすればちょっとずつ効果が出てきています。
ジムや仕事では疲れているのであれば早く寝ると体調が良いです。この時間に寝るという設定をしている時間より早く寝るだけで睡眠の質が上がり、朝起きた時にスッキリしていました。

2.睡眠時間の固定概念を無くす

睡眠はこの時間は確保しないといけないという事を考えすぎるのが睡眠の質を低下させているのかもしれない。思い込みで睡眠の質を下げているのという事が分かったのが今回朝早くに起きないといけない時に気が付いたことです。朝早いからといって普段通りに寝ると睡眠時間は減ります。それでも起きた時は普段以上に起きた時にスッキリしていました。

睡眠はある最低睡眠時間があり、後は質が全てだと思います。

3.睡眠時間が少なくても他で確保する

どうしても睡眠時間が短くなってしまう事があります。もし睡眠時間がしっかり確保できなかった場合は、お昼寝や電車で上手に寝ればよいと楽観的に考える事が出来れば睡眠の質は下がりません。睡眠はメンタルの状態で影響してくるのでポジティブに考えていきましょう。

4.目覚まし時計は見ない

目覚まし時計やスマホでの目覚まし時計は一度設定すればあとは固定です。今は目覚ましよりスマホで目覚まし時計の機能を使っていて、平日だけ起きる時間を設定する人は多いと思います。
寝る前にしっかり確認しておいておけば目覚ましが鳴らなくて遅刻をする事はありません。ただ寝る前に目覚まし時計の設定を見るのが睡眠の質を低下する原因だと思います。

寝る前に確認するのではなく、寝る前以外に確認しておけば問題はありません。

5.夜中起きた時に時計を見ない

これもポジティブな人だと問題ないかもしれません。夜中に起きた時に時計を見て「あとこれだけの時間しかない」となればストレスになります。そのちょっとしたストレスで睡眠の質を低下させるので、夜中に起きても時間を見ないよう自分ルールを作りましょう。


睡眠の質は時間と質で、後はメンタル次第です。まずメンタルから改善するのであればポジティブになるようにすれば良いかと思います。ポジティブになるための行動をして、ポジティブになれれば、人生が楽しくなり、睡眠の質が上がるので一石二鳥です。

自分のメンタルで睡眠の状況が変わってくるのでメンタルをしっかり鍛えましょう。

© 2017 人生戦略ノート