読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生戦略ノート

Enjoy the Life

「生活習慣を改善する事によってプラスになる4つの行動」


スポンサーリンク

今行っている生活をある時期に見直しました。ちょっとした事を改善したり辞めたおかげで、体調にメンタルに自分の体質の改善に繋がったので紹介したいと思います。

生活習慣を見直す

生活習慣を改善する4つの行動

会社から帰り、そこから寝るまでの行為はほとんど同じことをしています。その同じ行為を中々見直して変えようと思う事がなかなかありません。仕事では業務改善で違った事をしたり、同じ事だとスキルが上がらないのと言う思考になりますが、生活に関しては中々改善しようという意欲が沸きません。

今回は、ちょっとした改善と体に良い習慣をする事によってかなり体質やメンタルが良い方向になった事を紹介しようと思います。

①低体温の改善のためお茶を冷やさない

りんく
低体温だからという訳ではありませんが、複合的な原因で疲れやすいといったことになっていました。あと良く風邪を引いたりと20代が体調を崩す原因はもしかしたらここにあったのかもしれません。今はピンピンしすぎて、ディアブロ(妻)からドーピングを疑われています。

②睡眠の改善

www.xn--fdkl2l313jkkuvhzboa.com
一日の始まりは起きた時から始ります。「朝すっきり」をテーマに取り組んだ影響で睡眠の質が上がりました。睡眠の質が上がると疲労が溜まらない状態になり、一日中元気を保てているので、生産性も上がり、健康状態と精神状態の改善に繋がりました。

③ご飯を良く噛む

www.xn--fdkl2l313jkkuvhzboa.com
噛む事はダイエットにも脳の活性にも繋がります。
これを意識できれば、満腹度もしっかり来るのと消化にも良いので忘れずにし続けたい。この事で言える事は現代社会で必要なのは「ご飯をゆっくり食べる時間が必要」という事です。

④口呼吸から鼻呼吸へシフト

昔から口呼吸で生きていました。その原因は中学先生曰く、「鼻づまりや鼻で呼吸しづらい事が原因」と言われました。これも低体温での鼻づまりが原因で常に口呼吸になったのかなと思っています。口呼吸はデメリットしかありません。

まず、みなさん鼻毛という鼻にあるジャングルはご存知でしょうか!?あれは鼻に侵入する細菌を絡め取るために存在する最高のジャングルなのです。

鼻からこんにちわ鼻毛という印象があり、嫌われているかもしれませんが、鼻毛は素晴らしい役割を果たしているのです。そして口の中には毛がありません。なので細菌は顔パスで侵入してくるという事にないります。

口呼吸のデメリット

無意識のうちに口が半開きになる
唇がカサカサに乾燥している
朝起きた時に、のどがヒリヒリ痛む
鼻の穴を意識して動かすことができない
唇を閉ざすと、あごのとがったところに“梅干”ができる
鏡を見ると、口が「へ」の字だ
クチャクチャと音を立てて食べる
いびきをかく
唇の厚さが上下で著しく差がある
受け口である
歯並びが悪い、または前歯が出ている
片方の歯で噛むくせがある
口呼吸には危険がいっぱい! [子供のしつけ] All About

そして、口呼吸の影響はまとめると

①風邪が引きやすい

②口臭に問題がある

③睡眠に悪影響

④歯並びが悪くなる

④については記事のリンクにあるように子供の時から注意してあげることだと思います。

4つの行動まとめ

低体温の改善、睡眠の改善、ご飯を食べる時良く噛む、鼻呼吸をするために意識すると言った事だけでかなり改善しました。ちょっとした事でここまで改善出きるという事を学ぶ事が出来ました。

もっともっと改善出来る事が無いか日々アンテナを張り巡らせていけば、どんどん生活習慣を改善が出来るのでどんどん探していきたいと思います。