読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生戦略ノート

Enjoy the Life

「ストレス溜めにくい工夫で元気良く人生を遊ぶ方法」

ストレス ストレス-溜めない工夫

スポンサーリンク

ストレス社会とずっと言われ続け、そのストレスに対する濃度がどんどん増えていると思います。ストレスが溜まり怒ってしまう人は近い心臓病のリスクが増えます。イライラしてしまっても次の日に持ち越さないための自分がしているストレスをどう対策するかを考えてみました。

ストレスについて理解する

ストレスをためないリス

www.xn--fdkl2l313jkkuvhzboa.com

ストレスの耐性やストレスと上手に付き合ったり、ストレスを解消するのは「技術」です。

ストレスに対して、どうするかを考え、ストレスが溜まらないようになれば、かなり物事が楽しくなるはずです。

ストレスが溜まりやすい人はどうなる!?

ストレスが溜まるとそのストレスの影響からか攻撃的になります。対人関係の悪化や男性の場合、妻などに行く所謂DVへと繋がる恐れがあります(女性から男性へのDVも増えています)。

攻撃的なストレスとは違い、ストレスが溜まりすぎてネガティヴになったりもします。物事マイナスでしか見れず、生きていても楽しくないというメンタルになります。

そして、ストレスを放置すると眠れなくなります。睡眠は人間に取ってかなり重要な行動で、肉体疲労回復やストレスの解消で一番の効力を発揮します。その一番効力がある睡眠を取れなくなるとストレスがどんどん溜まり、体への変調をきたします。

内臓や脳への影響があり、ストレスもガンに近い存在だと思います。

ストレスが貯まるプロセス
ストレスは基本言葉や相手の行動を見て、自分でストレスというのを判断します。ストレスかどうかの判断は心のどこかにある自分基準で決定をしているのと相手から与えられるストレスの2つあると思います。

満員電車のラッシュでストレス、仕事のプレッシャーなどいろいろあります。ただそれがストレスと判断しているのも自分自身です。プレッシャーを感じやすい自分、満員電車のラッシュをストレスと感じる自分。

そう考えると自分のストレスを感じるという事を自分で抑えられるかも知れません。
上司が仕事をしないストレス、同僚の仕事のペース配分が悪いなど周りから影響されるストレスがあります。自分は卒なくこなすも同僚の仕事が終わっていないので残業というストレス。

ストレスが溜まる要因をしっかり見つけて、そのためにどうするかを考える人よりストレスを感じてそこでイライラするという悪循環に陥ります。
<2>ストレスを溜めない対策 ストレス解消にはお金が掛かってしまう場合があります。ストレスが溜まりすぎてやけ食いややけ酒にブランド物を買いあさったり、無駄な買い物でストレス解消をしてしまったりしていします。

お金を掛けずにストレス解消が一番ですが、冷静になれなかったりもするので一番良いのはストレスを溜めないようにするのが一番だと思います。

ストレスが溜まるプロセスをマインドマップ化する

マインドマップ 書き方(手描き)
自分がストレスが溜まるプロセスを「可視化」する事が大事です。ストレスになっている流れをしっかり目に見えるようにすれば意外に冷静になれたり、何でこんな事で怒っているんだろうという事に繋がります。

マインドマップでストレスのプロセスを記載して更に枝を伸ばして解決策や方法を書けばストレスを溜めない方法にもなります。

ストレスを溜める人は環境で乗り切ろうとする

ストレスが溜まり、今入る環境でいかに上手に出来るかを一人で考えてしまいます。一人で抱え込み一人でストレスを感じてしまう人がストレスを溜めやすい人です。

会社で協力してくれる人がいるならその人に相談やアドバイスを貰ったりしてした方が効率的なのとアイデアを貰えます。そのアイデアで自分自身もそして行動した結果を教えてくれた人へ情報共有をすれば組織としてのレベルも上がります。
ただ人間関係に貸し借りどうったらと言う人もいるのでしっかりそういった事を見抜いた上で協力を仰ぎましょう。

弱いものをいじめをするより、協力する側にいく

仕事に困っている人に対して追い討ちをかける発言や暴言は言わないこと。私が見てきた人のほとんどが攻撃的な人ほど打たれ弱く、ストレスを溜めやすい人なので、いじめるより助ける側に回って自分も相手もレベルアップ出来る様にしましょう。そして協力者を増やす事に繋がるので一歩二歩先の事を考えて行動しましょう。(最近この思考になりました)
仕事を休まないより仕事を休む
仕事を休まないのが当たり前という固定概念。休まない事がストレスになるのを気づいていないのと、他人が休むと更にストレスが溜まり攻撃的になります。

ストレスを溜めない方法は職場によって休みにくいかもしれませんが、適当な時に休む方が圧倒的にストレスを溜めません。
ストレスを受け止めるより、ストレスを食べるでバネにする
ストレスというなのボールをしっかり受け止めて、ダメージを受けてどんどんストレスを溜めるより、ストレスというなのボールを丸呑みして自分のバネにすれば成長する事ができます。

今後問題が起きないようどうするかを考え、それでも起きる場合は毅然とした態度で接するという余裕が必要です、受け止めてばかりでペコペコしても自分の成長にもなりません。そして病気になるだけなのでストレスは食べましょうーやけ食いはダメです。

ストレスを溜めないまとめ

ストレス社会と言われ、スローライフなど言われたりしていますが、無駄にスピードを出そうとするのが社会人です。そして昔から休まないことは当たり前、上司にはどんな時でもペコペコしてゴマをするというのは無駄です。

無駄が生んだストレス社会、ストレス社会も人が作っているので、人さへ変わればストレスはかなり軽減します。

こういった無駄な当たり前を減らすセミナーやストレスを溜めないセミナーを企業は必須にすれば良いのではないかと思います。