健康、投資や生活に役立つ「人生戦略ノート」ブログ

人生の戦略を実戦して楽しく生きるブログです。健康や投資に筋トレなどいろいろな情報を楽しくお届けします。

MENU

「人生戦略プラン① 『あとで読む』を習慣化して本当に後で読む勉強方法」



スポンサーリンク

『あとで読む』を読むは本当に後で読んでいるのであろうか!?
あとでとは、いつ読むかしっかりあとで読む日や時間を設定していますか!?
私は設定していないので、後でを2ヶ月先に読むと何でこんな内容のことをあとで読もうと思ったのか疑問に思う場合がほとんどです。
後で読むの代表である「Poket」系のサービスと後はツイッターでお気に入りやリツイートとしたりグノッシーだとクリップやいいねをして、後で確認出来る方法があると思います。
あとで本当に読むために習慣化しようと思いました。

人生戦略ノート,人生戦略読書,あとで読むの習慣化

あとで読むのはいつ読むのかの設定

barrgan.hatenablog.com

まず、本当にあとで読むために時間が必要な物は非常に少ないと思います。
その場で集中するより、家でゆっくり読もうと思う気持ちはありますが、家に帰ってあとで読む事よりやりたい事を優先してしまう事が多いです。
あとで読むなら今読めばいいという事を理解する必要があると最近思っています。
良質な記事を家や休憩時間にゆっくり吟味してみると言う事はほとんど出来ていません。
ただ、情報を自己満足でストックしているだけで、『あとで読む病』になっています。
情報のストックを自己満足するのは無駄なので、本当にあとで読もうと思ったものを体系化して読んでいきたいと思います。

あとで読むに至るプロセス

グノッシーにツイッターにはてなブックマークなどで日々良質な情報がたくさんあります。
特にあとで読もうと思う事の前提の一つが、長文。
だれもが長文は読むためには時間がかかるのと、長文を読んで内容を丸々覚えている人は少ないかと思います。
良質な記事ほど覚えておきたいという気持ちがあるかと思います。

①長文=あとで読むになる。
②内容を覚えたいという願望が出てくるので、家でゆっくり読もうとする。
③家でゆっくりする時にはあとで読もうと事を忘れている。

あとで読もうと思う場合の記事を見ている場所のほとんどが電車です。
電車以外でも長文を読むには家ではないと読もうという気持ちになれないポンコツメンタルを改善する必要があります。

あとで読む前に今読めないのか

あとで読むをあとで読んで本当に良かったと思える事が少ない気がします。
その時は大事だと思って、ある程度月日が経つと大事だという気持ち自体が薄れています。
なぜあとで読もうかすら思い出せず、早く見ていればアイデアや得るものがあったのかもしれないのに機会損失に近い損だと勝手に思っています。
あとで読むの選択肢の前に長文でも今読めばいいかと思います。
どうしても完全に読みたい、全部をしっかり読みたいという気持ちがあとで読むに繋がっていると自分は思うので、とりあえず読めるところまで読むようにする

一気に読むより、読めるところまで読むほうが覚えやすいかもしれない

あとで読むは長文で一気に読むためにするのかもしれません。
読める時間があるならとりあえず読めるところまで読むべきです。
読めるところまで読んで、その内容を自分の言葉で簡単にEVERNOTEでまとめておけばその内容を読むだけより記憶に定着しています。

一日に何個も『あとで読む』より一個ずつ確実に読む

日々ネットでは多種多様な情報が飛び交っています。
それを素早く一覧で見たりするのは、日頃のニュースをさっと見る程度でいいかと思います。
それ以外の自分のためになるかもしれない情報がわんさかある中であれもこれもをあとで読もうとしても結局あとで読まない状態になっています。
通勤時間であとで読む前に読めるところまで読んで、その画面をそのままにしておけばいいかと思います。
次から次へと情報を見て、あとで読むよりひとつの内容をしっかり消化していく方がはるかに効率的です。

あとで読む必要があるならいつ読むかを設定する

本当にあとで読むなら帰りの通勤時間読むや風呂上りに読むなどいつ読むかを設定するべきだと感じています。
いつ読むかがないのにあとで読むはきまぐれで読むのは非常に勿体無い。
あとで読む賞味期限はたいだい3日ぐらい限度かと思っています。
3日過ぎて読まなかった場合は、もう読む必要がないと判断しても良いと思います。
これからは、いつ読むかを設定し、3日ルールを維持をする。

あとで読む以外に記事を残して置きたい場合

困った時に読もうと思っている情報や今後旅行など行く時に役立つかもしれない記事などがある場合は、すかさずEVERNOTEでしっかり情報整理をしていていつでもすぐに分かり、読めるようにしておくべきです。
これは考えさせられると思った記事があります。

matome.naver.jp

正規雇用は一度採用されたらクビにならない。たとえ生産性が下がっても企業は解雇できない」と指摘する。「だから非正規で雇用調整せざるをえなくなり、非正規はいつ契約が終わるかとびくびくしながら働かざるをえない。これは不公平だ」と持論を展開した。 「働かない正社員をクビにできるようにすべき」との発言が反響 - ライブドアニュース この生産性の低い社員や働かない社員がある一定層に多いため、若手の給料が増えず、非正規が増える要因の一つだと思います。
こういった記事は、いつまでもストックしておき、一年後に再度読むなどいつ読むかを設定していれば、今書いた内容より気持ちや変化が分かるかもしれません。
変化が分かれば自分が成長しているのか、考え方が変わったのかが分かるだけでも自己分析や頑張ったかがその時気がづくかもしれません。
自己分析や成長度合いが分かるので、あとで読む自己分析はいいかもしれません。

あとで読むのまとめ

長文だからあとで読むというプロセスを辞める。
情報をいろいろ見過ぎず、しっかり一つ一つを消化する。
長文こそ今すぐに読む、読めないならいつ読むかをしっかり設定する。
そこから改良していけばあとで読む自己分析が出来るので、今後この内容を意識していきたいと思います。

© 2017 人生戦略ノート