人生戦略ノート

Enjoy the Life

「資格を取るとしたら一体何がいいのか?自分に合った答えを探し見てる」


スポンサーリンク

資格を取るために何をする?取ってどうする?

bingでキーワード「一番使える資格」を検索。
一生使える資格にすり替わっていたけど、それはいいとしてクリックして見てみると・・・
調剤薬局事務というのが一番上に出てきました。
中でも柔軟な勤務が可能な調剤薬局事務への注目が高まっていますと書いてあります。
注目が高まっているから何の?となるこのフレーズは、ファイナンシャルプランナで見た事があります。
取るだけでは全く意味のない資格なのに取れば金融に精通し、就職にも有利と思わせるぐらいになるのと資格を取った実績にはなります。
ファイナンシャルプランナーはコンサル力や商品提案力などが必要で、ファイナンシャルプランナーを取らなくても出来る事なのでこの資格があるから大丈夫と思わない方がいいのと、内容も非常に広く浅い範囲なので使えるかは本人の努力次第。
この不安定な社会の中、まず資格に目がいってしまうけど、そもそも資格事態は勉強のためにやるのであって使える使えないは本人次第。
検索して、そのサイトを見てユーキャンで申込もう♪ってのは愚直な発想です。
そもそも検索上位にヒットするサイトは広告収入目当てやマージン目当てのサイトがヒットするという事を覚えておくほうがいいと思います。
メインのオフィシャルサイトで次ぐらいに「徹底比較、資格の○○」というサイトは当たり障りのない事と申込んでもうらための誘導文章しか書いていないので、自分自身がしっかり調べないといけません。
ただ、資格はあくまで資格で一生使える資格や一番使える資格とかは、未来の事が分からない限り答えは出ません。
資格の定義としては「資格は裏切らないというフレーズが使われていましたが、資格はどんな場所でも通用する伝家の宝刀ではない」。
これを踏まえて、実務用の資格を取るというよりかはとりあえず勉強を継続するためにやるという事で探してみました。

Excelを使う資格で分析とか出来る資格とかないかな!?

ありませんでした。
Excelと分析と分けて検索してみると出てくるのですが、Excelで何かをするなら本を買ってグラフなり分析なりの本を買えばいいので、資格としては違うかなという結論。
Excelを使っていろいろ数値を見やすくする方法やそこから分析など仕事以外でも使えそうなので、資格という勉強以外でする勉強として候補に入れておこうと思います。

中小企業診断士

サラリーマンでも持っている人がいる資格ですが、難しい資格だと思います。
あくまで資格なので、取ったから仕事がある訳でもないので、苦労した割には使えないかもしれません。

ファイナンシャルプランナーAFP CFP

入りません以上。

TOEIC

これを勉強するぐらいなら英会話に行って、英語を話せるようにする方がいい。
企業はバカだから大卒を重視したり、資格を重視するけど、TOEIC持っていて英語が話せないより、話せる方が断然使える。

半分だけの結論

仕事で必要とかキャリアップのために勉強をするために資格なので、ないよりある方がいいけど資格勉強より自分で何かしろ今後ためになる勉強をするのもありなのと、取るとしても国家資格ぐらいじゃないと仕事では意味がないのとそれ以外でちょっと勉強したいなと思っていることはカラーコーディネーター。
色の組み合わせとか全く分からないのでただ私服の色合わせがダサいと思っているのと、家具の色と部屋の色をどうするかが全く答えが出ません。
調べた結果、無駄でもとりあえず勉強するために行動しようと思ったので、勉強するのは3つぐらいに絞りました。
1.Excel
2.分析
3.色彩<Br>
この3つを勉強したいと思います。
ホームページ作りたいし、絵の編集もしたいし、ブログもいっぱい書きたいし、ゲームもしたい。
今後の課題は、「時間の配分と使い方」だと思います。
あと、やっぱり一番必要な力は「行動力と調べる力」も大事だと思います。
もう少し時間をかけて調べてみみます。