健康、投資や生活に役立つ「人生戦略ノート」

人生の戦略を実戦して楽しく生きるブログです。健康や投資に筋トレなどいろいろな情報を楽しくお届けします。

MENU

「英語の漫画を読んで勉強する方法」



スポンサーリンク

勉強する時にノートに拘ると勉強の効率が落ちる 過去にいろいろな英語の勉強をしようとしましたが、たいして成果が上がらなかったのと英語の勉強だけに時間を使えず結局後回しになってしまっています。英語の勉強をしなくてはと思うと中々行動に移せませんし、他に優先する勉強があるので中々で来ていない現状を打破したいと思います。
勉強は継続が大事なので、休みの日や平日のちょっとした時間に家でやろうと思っている英語の勉強方法をスタートさせました。

電子書籍や古本で英語の漫画を購入する

電子書籍や古本屋さんで英語の漫画を購入しました。
まず電子書籍のKindleで安い英語の漫画がないかを探してみました。

ブラックジャックによろしく英語版が13巻完結で1巻なんと100円です。

これは非常にいいものを見つけたので即全巻購入。
この漫画は私が中学生の頃に連載していた漫画でよく「say Hallo to ブラックジャック」読んだ??という会話をした覚えがあります。
丁度知っている漫画なのでこれを見て、勉強していきたいと思います。

楽しく英語の勉強

前はNARUTOの英語版の漫画を読もうとしていましたが、原作を知り過ぎて表現が分かりづらいのとちょっと違うかなという感じになり、疑問ばかりでて読むたのワクワクよりちょっと違うんじゃないかという無駄なダメ出しを入れてしまっていました。
そのため長続きしなかったのですが、今回読もうと読んでいるブラックジャックによろしくは全く内容が分からないので読んでいてワクワクします。読んだことない漫画を読むワクワクを久しぶりに感じたので早く読みたいという気持ちが非常に強いです。

調べながら漫画を読む

英語の単語や文法など分からない中で早く読みたいという気持ちが強いので調べるスピードがかなり速いです。kindleはPCで見れるので私のPCディスプレイは2台あるので片方にkindleで片方にグーグルの翻訳で調べていく事が出来ます。

ルーズリーフに調べた単語を書く

ルーズリーフに26枚使います。アルファベット毎に分けます。一度調べた内容を調べる手間を省くのとどの単語を調べたかを記録するために書きます。
あくまで記録として使うので、ノートを取ることに拘らないようにしないと時間の無駄となります。

単語が分からないときはまずルーズリーフで確認するのとルールの追加

一度調べた単語があるかもしれません。同じ単語を何回も翻訳して探すのは非効率ですし、一度調べた物をあまり忘れないと思います。ただ単語が増えてくると忘れると思うので分からない単語がでればすぐにルーズリーフをチェックします。
そして分からないと思った単語がルーズリーフに記載されていた時はルーズリーフの横に「-」を入れます。2回目は「l」と書き3回目は「-」を付けて5回調べたら「正」になるようにします。その中で線が多い単語は自分が覚えれていない単語なので漫画を読む前に重点的に覚えておきます。

ブラックジャックによろしくを3回読む

1回読むだけではなく、全部で3回読みます。3回も読めば内容と英語である程度読めるようになると思います。そしてしっかり覚えきれていない単語をチェックしていくのでどの単語に弱いかを目で確認する事が出来ます。
3回読み終えた後は覚えきれていない単語を重点的に勉強します。

単語帳アプリや単語帳で覚える

チェックした回数が多い単語について、しっかり覚えるために単語帳を作ります。単語帳を作ることによって更に書く事と苦手な単語に触れる機会できるので覚えられる確率が上がると思います。
苦手な単語をしっかり覚えるのと出た単語を全部単語帳に作らないようにしたいと思います。ただ少し迷っているのは単語忘れたくないので全部単語帳を作っても良いかもしれないと思っているのでその辺は時間と効率を考えてから行動に移したいと思います。

英語の漫画を読んで勉強する方法まとめ

机に座ってノートと教科書と問題集を開いて英語を勉強しようと思えません。それより自分が興味を持てて楽しいと思えることを上手に使って英語を勉強する方が覚えられると思います。日本のオタク文化に触発されて日本に行って買いたい、同じ趣味を持つ日本人と話したいというモチベーションで日本語を覚える外国人がいるので、英語を覚えて何をしようかを次回に考えたいと思います。

© 2017 人生戦略ノート