人生戦略ノート

Enjoy the Life

「結婚式をする男性の考えと結婚式をする場所の決め方」


スポンサーリンク

人を動かす技術

結婚式と言えば男性と女性では全く違う考えになります。何でこんな事でお金がかかるのかとかお花が高すぎるなど男性は結構気にする方もいらるかと思います。私もその一人でした。

そして結婚式は費用が高すぎると思っていました。祝儀で賄えるとはいえ、300万円ぐらいの金額を使って式を上げた所で何になるのだろと思ってしまいます。
その中で女性は結婚式はこれぐらい費用がかかるとゼクシーや友達から聞いた情報が当たり前という考えが定着するので、結婚式の金額はあまり高いとは思わないのかもしれません。

それでも結婚式はやるべきだと思った理由と費用などについての考え方を紹介したいと思います。

結婚式をするという事は!?

結婚したら、式をするというのは一種の儀式だと思っています。役所で提出するのはあくまでも紙での申請なだけで、籍を入れるだけでもしかしたら結婚したという意識はあってもあまり実感はないかと思います。

役所に結婚の申請をした時でも、これで夫婦だという感覚にはなりませんでした。同棲をしてカップルの延長線にいる感じでした。
結婚式をする事によって、息子娘の晴れ姿を見せるのと友達の前で「これから頑張ります」という宣言のようなものだと思っています。籍を入れてから1年後ぐらいに式を上げましが、ちょっとずつ結婚式の日程や何をするかを話し合っていきました。

ただ私がネガティブに思った事とこういった考えだから最初は結婚式はうーんと思ったことがあります。

結婚式のネガティブなイメージ

結婚式は人生で唯一の主役やヒロインといった考え方があまりしっくりきませんでした。
自分の人生だから自分が主人公だけど、結婚式をして主役を演じられるというのははてなになります。自分の人生主役は自分でしょうと発想になるのと、結婚式で幸せを意識するよりこれから生活で長く幸せになることをイメージ付けた方がいいのではないかと感じていました。

結婚情報誌を見て、即ゴミ箱に捨てた

上の結婚式は人生で唯一の主役と書いてあった瞬間にこの結婚情報誌を即ゴミ箱に捨ててやろうと思いましたが、ポジティブに考えていこう事で、ネガティブな考えを捨てて再度頑張って読んでみました。

次に書いてあったのが、結婚式の金額のパーセンテージで、100万円未満は約8%と書いてあったのと300万円貯金しなくても祝儀や親から費用を出してもらったり、おじいちゃんおばあちゃんは孫のためにやらいろいろ書いてあり、限界が来たのでゴミ箱に結婚情報誌を叩きつけてしまいました。

その時思ったのが、何が当たり前かという情報がないのがいいと思ったのと、疑問は全部ブライダルプランナーにぶつけるのが早いと思いました。
その前にまず決めておかないといけない事があります。

結婚式をする前に決めること

まず、初めに結婚式をどこでするかの場所を決めるのではなく、最初にする事は誰を呼ぶかを決めることです。
人数によって、式をする場所を決めないとくる人数が入れる場所で、選ぶ必要が出てきます。
少人数でやるのであれば、検索キーワードは「小さな結婚式」と「人前式」です。人数を少なくすれば金額を抑えられるのと「人前式」にすると招待した親しい友人達や両親の前で幸せと愛を誓うので、シンプルに出来るのと神父さんを呼ばなくてもいいので費用を抑えることができます。

会社の人を呼ぶといった習慣は私にはなかったので呼びませんでした。そして呼びたくありませんでした。

人数を決めたら披露宴をどうするかを考える

結婚式より、一番費用がかかるのは披露宴です。ただ披露宴でDVDや出し物やお色直しが当たり前だと思わないようにすると費用を抑えることができます。式込の披露宴で300万円と言いますが、披露宴が7~8割かかっているのと思うのとホテルでしたり、豪華な食事にしたりで費用がどんどんかかります。いくら祝儀で賄えるからといってそこまで費用をかけてするのはあまり良いものだとは思いませんでした。
ケチすると招待した人に文句を言われる可能性は!?
これについては2点あります。

1.友達の定義が甘い人

そもそも式に招待され食事がしょぼい、衣装をもう少しおしゃれにとか言う人自体何の友達でもありません。こういった人を友達でいる人は自分で友達として招待して呼んだので仕方ありません。いろいろな人に見てほしいと思い、大勢呼ぶとこういった事が起きるので招待する人はしっかり考えてから招待しましょう。

2.元から高い結婚式場で低く抑えようとする

元から高い費用がかかる結婚式場で、低く抑えようとすると食事の質が圧倒的に落ちます。そして結婚式をする人たちは招待したい人達に食事がしょうもない物だと思われてたくないのでしっかりした物を選ぼうと思います。それを上手に誘導するブライダルプランナーもいます。

そして高い費用がかかる式場は場所が広いのでいろいろ費用を抑えようとすると結構空間の空いている場所などが気になったりするので、しっかり人数を把握する必要と広さをしっかり確認しておくことです。
結婚式の値段に当たり前はありません。高いから良い、安いから悪いという事はありません。夫婦で納得する内容をプラダルプランナーと話し合い、本番にあれ!?と思った事があれば夫婦で上手にフォローしてやればいいだけのお話しです。

式をするなら一年前から動いておく

打ち合わせに時間がかかると言う意味でも、結婚式で打ち合わせやいろいろな事で忙しくなるという事でもありません。私の場合は打ち合わせも非常に少なくどんどん決まっていたのと披露宴というなの食事だったので、出し物やDVDといった物もないので、招待した人達はただ参加するだけでいけました。完全なるシンプルな結婚式だったのと忙しくもなく、のんびりゆっくり結婚式を迎えることができました。

1年前から結婚式のために動く理由

結婚式場をここだと思って決めるのではなく、3~4社ほど見積もりや話し合いをするために時間を使う事が大事だと思います。3、4社の見積もり比較をして、ちょっと高くてもここでやりたいという場合は他の見積書を見せて、ここの式場での服装や花などの費用を交渉するのに使えます。

見積もりの整理から見積もりを取るために足を運ぶ時間がかかるのとそこをしっかりして、上手に交渉すれば費用を抑えることが出来るのと、3,4社の結婚式の流れを見て、何が必要か自分たちは何が不要かを把握することが出来ます。

結婚式をする男性の考えと結婚式の場所と決め方のまとめ

式は男性はネガティブに考えがちですが、そこを否定していても前に進めません。結婚式をするまでの打ち合わせや交渉や夫婦生活の試練だと思えば良いのとせっかくするのであれば楽しめる結婚式にしたいものです。

式の日程が決めってから多少忙しいですが、夫婦で分担、協力をすればすぐに出来るのと印刷などすべて自分達でやればオリジナルの招待状や席札を作れて、費用もお手頃に出来るので結構楽しくできました。
次回は式の費用を抑える方法と結婚式をして良かった事を紹介したいと思います。