健康、投資や生活に役立つ「人生戦略ノート」ブログ

人生の戦略を実戦して楽しく生きるブログです。健康や投資に筋トレなどいろいろな情報を楽しくお届けします。

MENU

「結婚式の費用と結婚式をして良かった理由」



スポンサーリンク

人を動かす技術

結婚式は夫婦の大事なイベント。結婚式の日程から行事まですぐに決まる夫婦やいろいろ衝突してしまう夫婦。男女の考え方の違いで衝突してしまいます。

結婚式の費用についてと男性側が前向きに結婚式を考えられる結婚して良かった事を併せて紹介します。

結婚式に当たり前は存在しない

結婚式は披露宴をして、映像や出し物をして楽しくするのが当たり前!!ではありません。友達の結婚式を参加して、お色直しの回数の当たり前も存在しませんし、無くても構わないはずです。

せっかくの結婚式なのに他人の内容を前提にするより、自分達だけの結婚式をすることに意識を向けるべきです。他人のためではなく、自分たちのために結婚するのですから。

結婚式は夫婦で作る共同作業

結婚式は全てオーダーメイドです。 夫婦生活を楽しむ第一歩としての共同作業なので、他人の当たり前を意識せず、夫婦とブライダルプランナーに話し合っていきましょう。

結婚式の費用について

結婚式の相場はあってないようなものです。結婚式場によって値段が全く違います。

祝儀で何とかなるかーという安易な発想にならず、これから夫婦生活をするにあたってお金の使い方もここでしっかり考えていくべきです。金銭感覚の違いは夫婦喧嘩になる一つの要因です。

結婚式に掛かる費用は、ある程度の金額で満足できる結婚式を目指すべき。 お金をかけ過ぎず、楽しい結婚式にすることが大事です。

お互い納得した結婚式しないと後でお互いを苦しめます。そしてケンカをした時にここぞとばかりに結婚式の不満を言い合いようになる可能性があります。

結婚式の費用を理解するためには、結婚式場に足を運び、他の結婚式場と比較しながら進めていきましょう。

結婚式・披露宴で一番掛かる費用

結婚式場代と披露宴の場所代に衣装のレンタル費用などがあります。一番掛かる費用は披露宴の食事代です。

人数が多ければ多いほど費用が掛かりますが、呼ぶだけ祝儀が貰えるので問題ありません。

料理の金額はランクがありますが、変な結婚式場でなければ、一番下のランクでも問題ありません。どの料理も美味しいはずです。

とあるの結婚式場のブライダルプランナーは祝儀を考えて収支をトントンにするように提案しますが、プラスになっても構いません。

結婚式の祝儀でプラスになる事について

心情的に結婚式の祝儀でプラスになる事を恐れてしまいます。私の結婚式は祝儀でプラスになりました。いろいろ調べて各結婚式場で見積りを取った事で祝儀でプラスになる方法を発見しました。

私の結婚式は披露宴でなく、1.5次会にしたので費用を抑えることができました。料理は真ん中ぐらいのランクで出し物や映像をなしにしましたが、楽しくてあっという間に時間が過ぎました。

結婚式をして良かった理由

結婚式はイベントであって、するしないは夫婦単位で決めるべきです。

私はしっかりとした理由がなければ、妻がしたいと言っても納得のいかない理由なら却下するつもりでした。

そして、妻が結婚式をしたいと言ってきたので理由を聞くと「両親に晴れ姿を見せたい」と言われ、即答で「YES」となりました。初めからYESしか存在しません。結婚式は妻のためにするものです。

妻のための結婚式と自分の親に夫婦の晴れ姿を見せてやろうと思い、一瞬で決意しました。結婚式の話し合いでちょくちょく横やりをいれ、私の槍を真っ二つに折っられましたが、無事楽しく結婚式を挙げる事ができました。

いざ結婚式をすることで良かったと思える点が7つありました。

1.きちんと「おめでとう」言ってもらえる

籍を入れる前に友達や両親に連絡を入れておいたので、おめでとうを言われ、ご飯を一緒に行ったときに「おめでとう」を言ってもらえました。

それとは別で結婚式で言われる「おめでとう」は本当に嬉しいものです。全員笑顔で非常に嬉しいのと先輩からの夫婦生活の助言などを聞けたので笑顔しか出ません。

結婚式の場で嬉しいと思えたのでやっみないと分からない事です。

2.親から意外な喜びを聞く

引き出物に手紙を入れておきました。あまり仲が良いというか、私の方からちょっとした壁を作ってしまっています。両親はそれを気づいているの中で、その壁を優しくなでなでしながら話してくれます。

結婚式はいくら仲が悪い親であっても仲直りできるきかっけや嬉しい言葉を聞けたりします。

手紙を書いた内容に母親が喜んでくれたりと親の関係で良かったと思えることは私の場合は中々ないので結婚式は良い機会でした。

3.2人で頑張るという決意表明

招待した友達に先輩と両家の両親が来ている中で、これから頑張りますという決意表面の場でもあります。もしかしたら決意表面をするしないで夫婦生活が変わってくるのかもしれません。それは先にならないと分からないかもしれません。

ただ、結婚式の妻の笑顔は本当に楽しそうにしていたのでこの笑顔をあと60年維持させられるように頑張りたいと決意表面しておきます。

4.二つの家の家族交流

両家の交流というのはあまりないもので、結婚式でしっかり交流してもらえます。お互い楽しそうにしているのを見れて本当に良かった。

5.二次会三次会が楽しい

二次会三次会が非常に楽しい物になります。新郎新婦が二次会三次会で特等席に入るというより、みな同じ席でいろいろ話すのが一番楽しいと思います。

夫婦でキャバクラやオカマバーに連れていかれて物凄い経験をする夫婦もいるかもしれません。周りがしっかり盛り上げようとしてくれるので一日中笑顔です。

6.妻が一番綺麗になる時が結婚式

結婚式での妻の化粧と髪型とドレスを着た姿完全究極型の妻でした。さすがに面と向かって「キレイダヨ」とは言いませんでした。ただ本当に綺麗でした。化粧の技術は凄い。

妻の晴れ姿を見れて良かったのと結婚式で妻を主役にするために結婚式場の人達のおかげで妻を綺麗にしてくれて感謝しています。

結婚式について後ろ向きな発言をした事を心からお詫び申し上げます。

7.結婚式の楽しさを活力にする

10年20年後に結婚式の写真を見たりして、こんな事があったなーやあんな事でぶん殴れたなーと思い出したりするのが非常に楽しみです。そしておじいちゃんになった時に結婚式をしたからここまで頑張ってこれたと言えれば完璧です。

結婚式の費用と結婚式をして良かった理由まとめ

結婚式の費用にわたしはうるさく言いました。そして見積もりを取りそれを一覧にしてと指示した私に文句を言わずに一覧を作ってくれた妻に頭が上がりません。

何だかんだうるさく言ってあまり行動しない私に対して、妻はきびきび動いてくれました。この事を非常に反省しております。結婚式について妻がキビキビ動く場合が多い中で男性がしっかり動く事が大事です。

もし結婚式をすると決まった夫婦の男性側は、しっかり考えて妻以上に動いてくことが夫婦生活における最初の試練です。

結婚式をするなら楽しく前向きにお互いの事を尊重しながら計画していきましょう。

© 2017 人生戦略ノート