健康、投資や生活に役立つ「人生戦略ノート」ブログ

人生の戦略を実戦して楽しく生きるブログです。健康や投資に筋トレなどいろいろな情報を楽しくお届けします。

MENU

「生命保険のパンフレットを請求して商品の勉強をする」



スポンサーリンク

結婚をしたり、子供が出来た時に生命保険について考えるかと思います。最近は結婚で加入するというのは正直あまりいらないかと思いっています。子供が出来た場合は万が一あるので子供のために加入するのが無難です。ただ生命保険についていろいろな種類があります。その内容を理解するためにもまずはパンフレットを見て学びましょう。

保険の内容が分からないまま契約すると損をする

生命保険のパンフレットの請求して商品の勉強をする 保険に入りたい人はまずネットで情報を調べるかと思います。本来なら聞けば済む話ですが勧誘が非常にうざかったり、営業社員しつこく電話をしたりとうんざりする可能性もあるのである程度自分で調べて後は保険ショップにいって、話を聞きつつ用意していた内容で加入をしていこうという流れの方もいるかと思います。

ただ調べたサイトの情報が全て正しいかは判断出来ない場合は加入をする際、出来たことを出来ないと思って契約をすれば損をするかもしれません。

パンフレットで最初に学ぶ

保険商品の勉強でまずするのはパンフレットで商品を理解する事です。それを読んで内容をしっかり把握して分からない事を保険のプロにぶつけましょう。
パンフレットを読んでも分からないぐらいなら無難に保険を加入しない方がいいかもしれません。何が必要でどのような目的があるかなど明確にない場合は保険の売り手のカモにされる可能性があります。

パンフレットの入手う方法と勉強方法

1.保険ショップでパンフレットを大量にゲットする

今は保険の窓口やスーパーにショッピングモールに保険ショップがあるかと思います。入りづらいかもしれませんが、さっと入ってパンフレットを大量に持って帰ればいいでしょう。
声を掛けられる場合は100%ですが、この生命保険のパンフレットがほしいと言って貰ってさっと帰りましょう。

2.保険会社の公式サイトを見る

保険ショップに行くと100%声を掛けられます。それが嫌な人は保険会社にあるホームページで商品を選択して商品の内容を勉強しましょう。

www.msa-life.co.jp

www.tmn-anshin.co.jp

3.保険会社の公式にあるPDFのパンフレットを見る

保険会社の公式サイトからPDFをゲットするのは意外に難しいです。正直どこにあるか分からない状況です。
検索で出てくるか、保険会社の公式サイトの検索をする所で上手に検索すれば出てくる可能性があります。グーグルやヤフーの検索で出てきます。
ただ簡単に分かる内容の保険は出てこないかもしれません。定期保険は誰でも分かると思うので出てこないかもしれません。

出てくるパンフレットも古いのが出たりと保険会社自体が自社サイトの商品をPDFでのパンフレットを提供していない
なのでこの3は使えませんでいた。

4.保険会社からパンフレットを資料請求

保険会社から資料請求でパンフレットを送ってくれます。その中で電話やEメールのどちらかを記載しないといけない場合があります。そこから営業をしかけてくる事がほとんどなので上手に行動しましょう。
www.msa-life.co.jp

資料請求|東京海上日動あんしん生命
]

5.損害保険に加入している代理店にパンフレットを送ってもらう

損害保険に加入している人は代理店で契約している人か通販で契約している人の2パターンだと思います。
ネット通販で加入していない場合は、代理店に生命保険のパンフレットを送ってほしい事を伝え、定期保険と低減定期と収入保障保険と終身保険の4つを送ってもらい、それを見て勉強すればいいかと思います。

もちろん代理店も営業電話を入れてきます。勉強をして商品の内容を理解しても加入はまだ早いです。

商品勉強の次に考えないといけない事

次に考えないといけないのは終身で行くのか定期保険(低減定期、収入保障)で行くのか、そして保険期間に保険金(死んだときもらえる金額)の設定が必要となり、ここの部分は人それぞれになり、ここが一番難しいことろです。
次回は加入する際の参考になる情報(自分の主観)を紹介しようと思います。

パンフレットの請求して商品の勉強まとめ

生命保険は非常に難しく判断が難しい内容になっています・・・・というのは嘘です。シンプルに考えれば非常に簡単なのと私が接しているお客さんのほとんどは無理やり難しくしている傾向があります。
次回はシンプルに考えられる加入方法と私の考えを紹介したいと思います。
ついでのこういった内容もしっかり見ておきましょう。

www.sinkan.jp
一世帯の年間保険料の平均は無視してもいい情報です。

toyokeizai.net

toyokeizai.net
保険に当たり前はありません。人それぞれの意志と考え方で保険に加入するので売り手の意見に惑わされないようにしましょう。
もし面倒でもう嫌だとなれば府民共済でも構いません。65歳以降から保障が減っていきますが、老後に働き盛りの保証はいらないので非常に理に適っている商品設計で顧客と府民共済の運営の双方ともwinwinに近い状態です。
ただ府民共済の利益は莫大でこんな事が起こっています。

www.nikkei.com
日本の保険は保険会社が圧倒的に設けることができる内容なので、入るのであれば掛け捨ての保険は極力安価に保険料を抑え、あとは自分で備えたりしっかり対策を取りましょう。l

医療保険は入ってはいけない![新版]

医療保険は入ってはいけない![新版]


“おすすめ”生命保険には入るな!

“おすすめ”生命保険には入るな!


© 2017 人生戦略ノート