読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生戦略ノート

Enjoy the Life

「海外旅行で学べた事をまとめ」


スポンサーリンク

勉強をするための動機づけをする方法

海外のネガティブな情報ばかりだとテロや殺人にスリなどいろいろあります。それが日本より発生する率が多いのは事実です。ただそれだけで海外に行かないというのはただびびっているだけだと思います。私も完全なビビリとアメリカ文化のチップ文化は合理的だけどそんなに払いたくないという貧乏性なので行きたくないと思っていました。

いざ海外旅行に行ってみると考えが180度変わりました。

海外旅行で学べた事をまとめ

日本での国内旅行の場合はあまり物を必要としません。泊まるホテルや旅館に歯ブラシやタオルにスリッパなどが常備されています。海外だとスリッパはなくて販売されていたりします。販売価格も5$とかなのでびっくりしてしまいます。
いかに国内のホテルや旅館が素晴らしいサービスをしてくれているかを理解することが出来るのと同時に過剰なサービスだと思ったりもします。海外旅行に行くときはまず準備する物や量が増えるという事を学んだのと行く先々の国での文化をある程度調べようとするので自然に勉強するクセが出来ると思います。

言葉が通じない

言葉の壁が非常に大きいです。言葉が通じない、何を言っているか分からないとなると一生懸命身振り手振りで説明します。英語圏で学校で学んだ英語をつなぎ合わせて頑張って話して通じた時は非常に嬉しいです。日本でここまで嬉しい事はないと思ったのと言葉が分かっても通じない事もあるので一生懸命相手に話すってことがいかに大事かを学びました。

話し方一つにしても言い方や話し方で通じ方が変わるので日本にいればこんな簡単な事にすら気づかなかったと思います。

動作がぶっきらぼう

動作がぶっきらぼう過ぎて驚きの連続です。ホテルキーを出して部屋番号と名前を伝えるとタオルが貰えるサービスがホテルにあります。その時にキーを渡して、キーが返ってくるときにポイっとされました。日本だと特に老人は怒る動作ですが、海外に行くとまずそういった事が気になりません。そしてただの憧れかもしれませんが、そのポイっとした人は普通に笑顔かつ凄いボディーと美人なので嫌だとは感じませんでした。

美人がすれば何をしても許されるという訳ではなく、海外は日本で失礼に当たる動作であっても関係ありません。そう考えると日本人って結構細かい事に怒ったり、小さい無駄な事で起こる人種なのかなと思いました。自分もそういった無駄だと思う事で怒ってしまうのでそういう時は海外のこの出来事を思い出して処理しようと思います。

チップ文化の国

チップ文化というのはよくわからない状態で調べた所でどのタイミングで支払うかは全く分かりませんでした。ただ料金の15%~18%の上乗せをして支払うという事ですが、料理を持ってきた時か最後かは分からない状態で結構不安でした。
ただ分からないからお店に行かないという事はせずとりあえず行ってみようという事で突撃してみました。そして周りを見ながらどうしているかを不自然にきょろきょろしない程度で見ているとお金を払う時にチップを渡していました。そして日本とは違い席での支払いがほとんどでした。この時点で気づいたことは飲食店でおつりというのは大きい金額を支払っとき以外はおつりなしだと思いました。

よくブログなどにおつりを貰えませんでしたという事が記載されていますが、きっかり15%18%分をチップで貰いおつりを返すという事はありません。ここも日本人が細かい所でのあれ!?と思うところだと思います。
チップという文化は初めは嫌いでしたが、働く側からすればモチベーションに繋がるのとしっかり頑張れば給料が増えると多分最低賃金が低いと思います。その分チップで稼ぐためにしっかり働くのでみなきびきびかつ楽しそうに働いていました。
日本だと時間給で+α支払いはないので、雇う側はしっかり働かそうとするのと雇われる側はダラダラしながら時間を過ぎるのを待つので生産性が低いのかなと思います。

そして一番良かったのが飲食店でチップを払う際に料金の何%をしっかり計算するので頭の良い運動になったと思います。ただ注意するのは周りの会計をひそかに見ていましたが、日本人はしっかり計算しないのかかなり多めのチップを支払っていました。それだけサービス対価として払いたかったと思うのと反面あまり札を用意していなかったかもしれません。アメリカに行く際は20$10$5$1$札を多めに持っている方が良いでしょう。

一度は行くべき海外旅行まとめ

海外旅行に行くと知らない事や違った文化に触れあうので非常に良い刺激になります。日本国内にいればあまり刺激あまりないのと人生で学ぶ事はいっぱいありますが、あまり日常の事で学ぶことは少ないと思います。一方海外だと学ぶことだらけです。あるカフェと言う名のバーで大きめのボトルを注文し、お肉とハンバーグを頼み最後にレシートを持ってきた時に何か書いてありました。全く読めないのとボトルについてうんちゃら言っていたので貰える事は理解したのですが、この飲んだやつを貰うのはよく分からないと思いました。
その時に聞いてみると1Fでレシートを見せるとボトルを貰えると言われて、今飲んだボトルを持っていく訳ないじゃん的な事を凄い笑顔で言われました。聞いてみないと分からないのと英語は分からないのですがなんとなく分かるという事が出来たのが大きな発見でした。

あと当たり前の事ですが、英語や日本語以外の言語を聞き取りづらいので目を見て相手の口をしっかり見ないと分からない事を学びました。当たり前の事まで学ぶ海外旅行。一度と言わず何回も行くべきだと思います。