健康、投資や生活に役立つ「人生戦略ノート」ブログ

人生の戦略を実戦して楽しく生きるブログです。健康や投資に筋トレなどいろいろな情報を楽しくお届けします。

MENU

「睡眠の質を向上させる朝スッキリするための6つの方法」



スポンサーリンク

人生戦略ノート,朝,朝スッキリ

目覚ましが鳴ると「まだ寝ていたい」と思うのが多くの社会人の願いです。
朝起きて支度をして仕事に向かうのは憂鬱で仕方がありません。
>
朝が辛いというのも社会人としての悩みで、朝起きて仕事に向かうまでの「憂鬱」は朝起きてスッキリしていないのが原因かもしれません。
朝起きた時にスッキリする事ができれば「憂鬱」を解消できるので、その方法を自分自身で実践して効果があった6つの方法を紹介します。

朝スッキリするためには、寝る前と起きた時の習慣が大事

朝スッキリするためには、寝る前と起きた時の習慣が大事

睡眠の質を向上する事で今まで感じていた「だるさ」、「眠気」、「憂鬱」などが無くなり、仕事を前向きにできるだけでなく、人生においてどう楽しむかなど余裕が生まれます。
睡眠は人間にとって大事な行動で、睡眠の質を向上させることで良い方法で人生が変わります。

睡眠の質を向上させるには「寝る前の習慣」「起きた時の習慣」が大事です。

寝る前にしておきべき習慣

睡眠の質を向上させるためにまずカンタンにできる事を紹介していきます。睡眠の負債はすぐに溜まりますが、睡眠の資産はコツコツ溜めていく必要があります。
寝る前にしておくべきことはコツコツ積み重ねる事で睡眠の質は向上します。

1.寝る前のストレッチ

寝る前のストレッチ

上記に上げたストレッチで血行を良くし、副交感神経を刺激させて眠りの準備を整えるのと毎日やれば体を柔らかくできるので怪我をしにくい体作りにもなるので習慣化するべきです。
睡眠の質を向上させるだけでなく、血流や肩こり解消など圧倒的なメリットが多数あるので寝る前のストレッチは必ず習慣化するべきです。

2.お風呂に入る時間は気を付ける

お風呂に入る時間は気を付ける

お風呂に入ってから数時間後には必ず眠くなります。一度熱々の風呂の後にパンツ一丁でいるとダラダラしている急激な眠気に襲われました。

蒸しタオルの作り方を学ばないといけませんね。

3.寝る1時間前の照明を少し暗くする

寝る1時間前の照明を少し暗くする

寝る前に注意する3つ内容

寝る前に3点注意する事があります。

  1. 寝る前の飲酒
  2. 寝る前のスマホ
  3. 睡眠時の口呼吸

寝る前の飲酒は論外です。寝るために飲酒をするという人がいますが、飲酒で眠る事ができます。ただ睡眠の質を犠牲した睡眠なので本来得られる効果が半減します。


寝る前のスマホも同様で暗くした状態でスマホを見るのでブルーライトを直に浴びる事になり、体のホルモンバランスなどに悪影響。毎日していると眠くなりにくくなったりとデメリットしかないので寝る前のスマホは禁止です。

そして最近になって気が付いた口呼吸での睡眠。圧倒的なまでのマイナス要素で、睡眠の質を下げるだけはなく、口内環境を悪化させて免疫を低下させる恐れがあります。口呼吸を無くすだけで睡眠の質は町がなく向上します。
詳しくは下記の記事に書いていますので参考にしてください。

www.xn--fdkl2l313jkkuvhzboa.com

起きた時にする習慣

朝起きた時にする事は特別な事は一切ありません。すべてはごく当たり前の行動です。
仕事がある平日の睡眠は、しっかり睡眠時間を確保して眠い状態です。朝が辛いという人は今寝ている時間よりより早く寝る事です。

そして朝起きた時にする行動や工夫で睡眠の質が向上しスッキリした状態になれます。

4.朝食を食べる

睡眠の質を向上させる朝食

寝る時は体温が下がる事で眠気がきます。熱が外部に逃げていく「放熱」をする時に眠くなります。
起きた時は放熱された状態なので体温が下がったままです。まずは体温を上昇させるためには「朝食」を食べ。心臓にエネルギーを補給してあげる必要があります。

朝食を食べなかった私が朝食を食べるようになって劇的に変化しました。朝食を食べてから元気が出てくるなどメンタルにも影響する朝食。必ず食べるべきです。
朝食によって得た情報をもとにまとめた記事を書いていますのでこちらを参考にしていただければ幸いです。

www.xn--fdkl2l313jkkuvhzboa.com

5.寝起きストレッチ

寝起きストレッチ

起床したタイミングで寝起きストレッチ。これを始めると体の調子がかなり良い。もっと早くにしっておけばよかったと思うぐらい素晴らしい習慣。
朝の血流を向上させ、体をリラックスした状態にしてくれます。起きてから頑張って続けると体の調子がどんどん上がってくるのを実感できる習慣です。

6.朝日光を浴びる工夫

朝日光を浴びる工夫

寝る前にカーテンをせずにしたり、起きた時にベランダに出るなどしたちょっとしたことを続けることで、体内時計が整に朝と認識してくれます。
人間は日光に浴びる事で体内時計にスイッチをしっかり入れる事ができます。今やっているのは寝起きストレッチ終了後にベランでコーヒー牛乳を飲みながら3分ほど日光浴をしています。冷蔵庫には数種類のコーヒー牛乳を入れているのでどれを飲もうか今は朝の1つの楽しみとなっています。

番外編!朝食後にする朝スッキリさせる荒業

朝食後にコーヒー!!を飲みたいけど時間を確保できない。そんな時にしているのが小さいコーヒーカップで少し濃いコーヒーをクイっと一気飲みします。朝の眠気が吹っ飛びます。
ただ、濃いコーヒーのため、利尿作用MAXで通勤電車でトイレに行きたくなるレベルなので注意が必要です。

© 2017 人生戦略ノート