健康、投資や生活に役立つ「人生戦略ノート」ブログ

人生の戦略を実戦して楽しく生きるブログです。健康や投資に筋トレなどいろいろな情報を楽しくお届けします。

MENU

「時間のない社会人の勉強を効率的に進める方法」



スポンサーリンク

時間のない社会人の勉強を効率的に進める方法

勉強は結局は時間です。いくら質や効率を上げたところで最後に物を言うのが時間です。ただ時間がいくらあっても効率よく勉強できなければ時間の無駄になります。
学生時代はいくら時間があっても集中して勉強出来なかったりと社会人になりスマホという爆弾の登場により更に集中しにくい状況に陥っています。スマホに依存しないようにしていかないといけないのと少ない時間で集中してしっかり効率良く勉強する方法を考えてみました。

コツコツ積み重ねの質を上げる

コツコツ勉強をしようと思っても、中々出来ない事があります。帰るのが遅くなったり、断れない誘いなどがあります。毎日コツコツ勉強をするのが一番大事ですが、どうしても時間が取れなかったりする場合があります。
コツコツ積み重ねを意識しても効率が上がらずに成果が出ないまま辞めてしまう事もあります。私は何回も勉強を始めてそこから成果に繋がらず、辞めたことが多々あります。そうならないために成果を上げるためにしっかり勉強の時間を作ろと思ってもしたい事がいろいろあるのでそうそう出来ません。
出来ない時点でダメなのですが、したい事を我慢してまで勉強をするという事が出来る人間ではないので、時間はある程度確保しますが、その時間でしっかり集中して効率を上げていく事を考えたいと思います。

書いて覚える場合は丸写しはしない

単語を覚える際、書いて覚える方法は私的には一番覚えやすい方法です。書きながら口に出したりすると更に覚える質が上がります。ただ何十回も書いた所で効率は上がらないと思います。書くことだけに集中しすぎるのと早く書きたいという無意識の反応で覚えるために書くという事より、書き終える事をメインになってしまいます。
そして教科書の内容や問題集の答えを丸写しをする人がいますが、時間がないのに丸写しをするという事は自ら非効率な事をしています。

教科書や問題集を丸写しするのではなく、自分の言葉に置き換えてなおかつ短い分で要点を抑えた事をノートに書きましょう。そうすると考えて書くので記憶に残りやすいです。丸写しは覚える事を意識するより、移して書き終える事に意識してしまうので時間の無駄になります。

教科書より先に問題集をする

資格試験の場合、問題集と教科書があります。先に強化を見て覚えてから問題集をやるという流れをしがちですが、先に問題集を解きましょう。
簡単な話、教科書を見て全て覚えられないのと何が一番大事かが分かりにくいです。問題集をした時に何を聞かれるかが分かるのと問題を見る→答えるを繰り返すとその内容を覚えやすいと思います。

問題集の答えが分からなければすぐに解答を見る

いきなり問題集をするので分かる訳がありません。問題を見て、数秒で自分的にはこうかもしれないという答えを持ち、解答を見て内容を理解しましょう。
そしてすぐに解答を見て、答えを暗記しておけば効率が上がります。その効率を上げる一番の方法は過去問で、過去問に過去10年過去問を解きまくって答えを暗記するのもありです。

100%覚える理解してから次のページに行くのは辞める

100%覚えるために同じページを何度も勉強してしまいがちです。これは一番良くないパターンです。これをしてしまうと問題集や教科書が中々進める事が出来ず時間が無くなり、後半のページにかける時間がなくなってしまいます。
100%覚えて理解する事より、資格試験なら合格がゴールです。合格をするためにはまず全部のページの問題や内容を理解する事が必要です。

問題集は最低3週する

時間を決めて先に進めていきましょう。まず目指すのは問題集の中の問題を全て解くことです。2週目で覚えきれていない所や苦手な所を3週目に2週目の弱点を勉強するべきです。
問題を解くときにしっかり意識して覚えるように工夫するのとページをどんどん進める事が大事です。

問題を解いてから教科書を見る

問題を一通り解いたら教科書で知識を補完します。その時も時間をあまり使えないので全部を読むのではなく重要な所や問題に出た項目と内容を要点良く読むことが重要です。
読むことに対しても100%読む必要はありません。

30分1セットで勉強をする

1時間1セットでやりがちですが、私的には30分の方が良いと思います。1時間休憩後に再度勉強しようとしても中々集中出来ません。30分ぐらいの集中しか出来ないポンコツ人間なので1時間の勉強をしてしまうと集中力の借金をしてしまっている感じです。
休憩後に勉強する事に集中出来ないので30分1セットにして、少しずつセット数を増やすしていく方が継続して勉強する事が出来ると思っています。

時間があるなら自分で問題を作る

自分で問題を作ったりするのは非常に良いと思います。夜は問題を解いたら要点をまとめる事に使えばいいでしょう。
自分で問題を作る時間があるとすれば通勤時間です。通勤電車で単語カード何て書くことが出来ないと思った人は頭が固い人です。スマホや携帯があるのでメモやEVERNoteに問題を作る事だって出来ます。
覚える専用の単語BOXというアプリもあるので、自分の使えるツールを上手に使って勉強の効率を上げていきましょう。
https://kanahira.wordpress.com/%E5%85%AC%E9%96%8B%E4%B8%AD%E3%81%AEiphone%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA/%E5%8D%98%E8%AA%9Ebox/

www.xn--fdkl2l313jkkuvhzboa.com

これ以外にもいろいろなアプリがあるので、自分で探して使いやすい物を選択して勉強していきましょう。

時間のない社会人の勉強を効率的に進める方法まとめ

時間がないないという人は時間を作るために何をしているか、時間がないなり出来る事をしているのが大事です。無駄な事やこだわりで時間がないというのがあったりするのと口癖のように時間がないと言っている人は、時間を使うのが下手な人と行動しない人のどれかかもしれません。
時間がないなりに勉強は出来るので、少ない時間でいかに継続して勉強出来るかが大事なので、私もしっかり行動していける人間になろうと頑張ります。

© 2017 人生戦略ノート