読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生戦略ノート

Enjoy the Life

「早起きする事によって得られるメリット」

健康 健康-早起きのメリット

スポンサーリンク

早起きは三文の徳と言われています。時間に余裕が出来たり、朝から気合いが入るので非常にお得だと思いますが、朝は少しでも多くの時間を寝たいという欲求が強いです。早起きをしたいのであれば早く寝れば良いという単純な事をしても起きる時間は同じでした。
更にこの寒い季節だと布団から出たくない状態になり、起きる事が辛い時期になります。
今回は寒くなった冬の朝に強くなるためと早起きは一体どういうメリットがあるのかをまとめてみました。

早起きは難しいけど対策次第でどうにでもなる

低血圧などの体調に左右されたり、睡眠の質が低い影響で多くの寝る時間が必要だったりいろいろあります。体質の改善はすぐには出来ませんが睡眠の質を上げる方法はいろいろあります。

www.xn--fdkl2l313jkkuvhzboa.com

布団変えれば質が上がったり、日光を取り入れたり、いろいろな事を実践していくと結構改善されました。
今は儀式のように朝起きて、「やるぞ~うぉおおーーー」と叫びながら布団を押し入れに閉まっています。

自分にとって必要な睡眠時間を調べる

自分がどれくらいの睡眠時間が必要かをしっかり考えておくことです。昔睡眠時間を5時間で生活をしていました。
夜ご飯を食べた時は眠すぎてしんどかったのと平日5日間の中で1日はあまりにも眠たく過ぎて夜の9時に寝て起きたのが7時30分であってもまだまだ眠たかった。
あまりにも生活が非効率過ぎたので、寝る時間を増やして6時間にしただけで改善されました。自分の睡眠時間がどれくらいかをしっかり把握しない限り早起きが出来てもしんどいだけです。

早起きするためにすぐに立つ

目覚ましをしっかりセットしても早起きが出来る訳ではありません。最近どこかで見た情報があります。

起きた時にすぐ布団から出て立つ事が出来るか、出来ないかで起きれるかどうかが決まる

目覚ましを遠くに置き、それを消すために立つという事をすれば多少の起きる事への改善にもなります。

早起きのメリットとデメリット

早起きが良いという事は良く言われている事です。メリットばかりで私も一度早起きをしていろいろやろうと思いましたが、早起きをする事が苦手で一度朝活を断念しました。

www.xn--fdkl2l313jkkuvhzboa.com

断念はしましたが、朝スッキリ起きるための努力のおかげで朝起きてしんどいという事が無くなっただけでも大きな進歩です。
私の場合は早起きをすればメリットがあると思っているので、少しずつ早く起きれるようにしていきたいと思います。ここで注意する事は全ての人間が早起きをしてメリットがあるという事ではありません。
個人差もあるのと睡眠時間を削って朝早く起きるとか不可能なので、自分にあった睡眠時間の平均を探して、早起きする時間を決めて逆算して寝る時間を計算したするべきです。
睡眠の本や記事はいろいろありますが、どれが正しいかより、どれが自分にあっているかを探してメリットデメリットを判断して見て下さい。
それでは私が早起きをすればメリットがあるという6つの事を紹介したいと思います。

1.余裕ができる

朝余裕が出来るので、夜に勉強の時間に使い朝に趣味の時間に使うという事だとかなり合理的だと私は思います。まだそれは出来ていませんが、夜にしたい事をして勉強しようと思っても集中力が続かなかったりします。夜はブログなどをして、後は勉強をして早く寝て、朝起きてゲームをしたり、プラモデルを作ったり趣味の時間に使う事だって出来るので時間の使い方が上手になるかもしれません。
時間に余裕ができると朝早くに出勤し、集中してやれる時間であったり、メリットを探せばいくらでもあります。

2.夜残業をして頑張ってアピールから解放される

頑張っているアピール」のために夜遅くまで残っていること

3.心と体に良い

朝早起きを繰り返すと朝から頑張るぞーというワクワク感が湧いてきます。逆に朝ギリギリまで寝たいという事を続けていると心が乱れたり、体がだるかったりとあまり良い事がありませんでした。
これを改善するために朝早く起きる(いつもより20分早く起きるのが現状の限界)事を頑張ればポジティブになったのと風邪を引かなくなりました。

4.子供と接する時間が増える

子供は朝早くに起きたりします。休日だと朝から遊びたいと言う時に夜型で朝はぐっすり寝たタイプだとしんどいと思ってしまうかもしれません。もし子供が出来たら子供より早く起きて子供が起きてきて、運動をしたいのであればすぐに出来るようにするのと、やっておきたい事があれば運動をする前にやっておこうと思います。
それが出来れば自分のしたい事の時間と子供と遊ぶ時間が確保できるので、一石二鳥となります。

6.飲み会を断る理由になる

早起きしている事と朝早く起きて何をしているかをしっかり宣言しておけば断る理由にもなります。朝早く起きてダイエットなり、勉強なりをしているという事を伝えれば断る理由の一つになります。
そして最近思っているのは付き合いでお酒を飲みにいく事が大事だという思い込みと押し付けは非常に生産性の低い事でお酒を飲んで良い事はあまりないと思います。
断っていくと最初は寂しいかもしれません。ただ後になれば健康や時間の確保とお酒を飲んだからストレス解消が出来るという妄言からも開放されると思います。私はまだ開放されていません。

早起きする事によって得られるメリット

私に取ってはいろいなメリットがあります。今考えているのは毎日早起きをせず、月水金に早起きをして、火と木は普通の時間に起きるという事をしようと思っています。
毎日早起きはメリットがあると言われても出来ない場合があり、出来ないと分かるとやろうと思っていた計画がパーになり、自分が出来なかった事で自分で落ち込んでしまうのも嫌なので変則的な早起きを実施したいと思います。
そして早起きをしてやりたいことはガンダムのプラモデルを作りたいです。まとまった時間で集中したので夜は妻からの妨害や妻が放った密偵であるインコが邪魔をしてきたりするので、早急に早起きを実施して成功したいと思っています。