人生戦略ノート

Enjoy the Life

「就寝前に感じるストレスを布団に持ち込む悪影響と対策」


スポンサーリンク

寝る前の考えが睡眠の質に大きく影響を与える

【2015/7/1の記事を修正したものです】

布団に入ってから寝るまでに人それぞれ眠るための方法があるはずです。私はヒーローになって敵を倒すことを想像しながら寝ています。

そしてストレスを感じている時は、ストレスの原因の事ばかり考えると寝れなくなり、睡眠時間と質が低下してしまいます。寝る前にストレスの事を考えない対策を見つけました。

布団に入った時に考える内容が睡眠の質を左右する

布団に入って、目を瞑った時に考える内容で一日の睡眠の質が決定します。何を思って寝るかで睡眠時間と睡眠の質が大きく左右されます。いかにストレスが人にダメージを与えるか身をもって体験することばかり。

睡眠時間と睡眠の質を悪くする理由は、明白で「布団に入ってから考える内容がストレスの場合睡眠は最悪」ということです。そうならないために自分の心を整理する必要があります。

寝る前に仕事の事を考えてしまう人の対策

仕事の事は、全て仕事場で完結するようるべきです。仕事は家に持ち込まないようにするのと会社から一歩でも外にでれば思考を切り替えるようにしましょう。 サッカーで例えると仕事の時は「守備」に付き、プライベートは「攻撃」に切り替えるようにする(守備や攻撃はどちらでも!)。仕事とプライベートの切り替えが今後より一層重要な事になり、その切り替えをしっかり出きるようにしましょう。

自分の心を整理する事と就寝前にストレスを感じたの時の対策があります。

1.仕事の時のキャラを作る

仕事の時とプライベートではキャラを変えるようにします。そのことを学べたが部活動でした。
サッカーのキーパーをしている先輩で普段は物凄く面白くて優しい先輩です。練習や試合になると一気に豹変し、シュート練習でボールがゴールの枠から外れるとその人の先輩後輩関係なく、「ヘイヘイーゴールはどこ???!!!」と大声で叫びます。そして部活終わるといつも通り面白くて優しい人に戻ります。

部活の時と普段の時では全く違うキャラとして切り替えることで布団にまでストレスを持ち込まないようできるテクニックとして使えます。

2.寝る前に考えること

寝る前にストレスの事を考える事を辞める

ストレスの事を考えるとこれも一気に眠りにくくなります。眠りにくいと眠りつく時間が圧倒的に遅くなるので睡眠の質が低下するのと眠りが浅くなります。一日の最後にストレスを受けた内容を考えるないようにするには、ストレスを布団に持ち込まない事です。

職場から出てもストレスを感じる人は職場から出る前にきっちり自分の気持を整理するべきです。自分の考えを整理するために原因をノートに書き、ポジティブに解決する方法やポジティブに割り切る言葉を書いたりして、自分の気持ちを整理しておきましょう。

3.食べたい料理を考える

美味しい料理を考えよう

どんなに割り切っていても寝る間際にストレスの原因を考える事があります。そうなると睡眠時間の減少と睡眠の質の低下になります。そうなる前に布団に入る前に食べたい料理を考えます。そして誰かと食べたり、とびっきりの美味しいラーメンを食べて友達に自慢する事を考えながら寝るようにすれば、無駄なストレスを寝る前に表面化するのを防ぐことができます。

4.旅行の事を考える

寝る前に旅行の事を考えてリラックスする

旅行は仕事の活力になります。半年後や一年後に旅行に一定の周期で行くようにする事でストレスを感じてもポジティブで乗り切れるようになります。 寝る前に次の旅行場所やしたい事、食べたいものを考えながら布団に入る事でストレスを感じにくくすることができます。

4.楽しい事を考える

飲みに行った時に先輩から褒められたり、何気ない会話でのやりとりで嬉しかった事を想像します。もし楽しい事がない場合は日々楽しいと感じれるようアンテナを張りましょう。 社会人になった時から嬉しいことは非常に少なくなります。嬉しいと思えた体験をどんどん増やすために寝る前に3分日記として日記帳かEVERNOTEに書いたりするなどして、楽しい事を自分で作りましょう。

寝る前の考えについてのまとめ

寝る前にどう考えるかで睡眠の質は大きく変わります。ストレスを寝る前までに持ってくると中々寝付けないことが多々ありました。出来る事はいろいろ試したのといかに自分を制御して心の整理ができるかに尽きます。

寝る前にストレッチをしたりなどストレスに向き合ったり、見方を変えたりする事で布団にまでストレスを持ち込まないようしましょう。