読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生戦略ノート

Enjoy the Life

「副業をするための時間の考え方」


スポンサーリンク

副業を始めるサラリーマンがどんどん増えています。そしてこれからもどんどん増えるかと思います。税金に物価の上昇による可処分所得が目減りする中、本業だけでの収入源は決定されているといっても過言ではありません。

何を副業にして稼げばいいか分からない人はいろいろ検索をするかもしれませんが、まず副業を始める前に副業をする時間があるのか、また自分の時間の使い方や無駄をしっかり見直しているのかを最初にやる方がいいかと思います。
今回は副業をするための会社での「時間」や「仕事」について考えていきます。

副業をする時間はしっかりあるのか!?

副業をするための時間の考え方 副業をするにあたってまず考える事はどのうような副業をするかではなく、どれくらいの時間があるのかをしっかり理解しておく必要があります。ただ漠然と増税に物価の上昇で可処分所得が減り、目の前に危機がないのに今まで貰っている分が減るというだけで副業をする人は失敗する可能性があります。

自分がどれだけ使える時間があるのかを把握せずに副業をすると中途半端で終了してしまいます。これは副業だけではなくサラリーマンの勉強にも同じことが言えます。
副業や勉強は基本は時間の確保が大事だと思います。

副業は時間をたっぷり使う

副業を始めてから収益が出るまで非常に時間がかかるケースが圧倒的に多いかと思います。すぐに副業を開始して利益を上げられる人は凄いですがその凄い人のやり方ばかりを見て、同じように利益を上げらえるほど甘くはありません。

副業は時間がかかるのと副業をするにあたっての勉強が必要になります。

利益が出るまで険しい道のり

利益が出るまでにかなり道が険しいかと思うのとこれを続けて利益を上げららえるかどうかが分かりません。最初は暗闇の中手探りで探しながらやる感じになります。その手探りも後になればなるほどこうすうればいいだけだったというのが見えてきたりします。気づかない事だらけで時間が余計にかかってしまったケースが非常に多いです。

サラリーマンの仕事の考え方

副業はあくまでも副の業なので本業を疎かにしてはいけません。本業をしっかりやってからの家での時間で副業をすることになるのでまずは本業をメインで考えましょう。
ただ本業で残業目当てや周りの人が帰りづらい状況で家に帰りにくい人がいますが、しっかりコミュニケーションを取り、早く帰れるようにしましょう。R

いい人で仕事を引き受けても時間の無駄

いい人は他人に言われたことや上司の仕事を全て引き受けてします。それをしたからといって収入が増える訳でもありません。日本の企業はどれだけ頑張ろうが昇給はあるかもしれませんがかなり頑張ったところで給料は増えません。
昇給をするために日々の仕事を頑張るという人がいますが、そんな事は当たり前である一定の線引きをして仕事を引き受けない事も賢い選択と時間の確保につながります。

会社で給料を上げるより副業で収益を上げる方が簡単

必死に働き、会社に利益を上げることが出来ても会社によって特別なボーナスも歩合もない会社だってあります。そういった会社のために自分の時間を使うのは私からすればもったいないかと思います。ある程度の仕事と会社へ利益を上げればそれでいいかと思います。いくら会社に利益を上げても利益のほとんどは会社の物です。経費や給料をもらっているのでそれ以上を求めるのであれば転職か交渉しかありませんが目先のお金のために行動するよりかは副業で稼ぐ方が賢いかと思います。

会社はあくまで会社なのでいつも以上に時間を使わず、会社では時間を少なくして利益を上げていくことを意識して仕事をし、時間をしっかり確保してから副業が出来る環境を作りましょう。
www.xn--fdkl2l313jkkuvhzboa.com

副業をするための時間の考え方まとめ

会社で自分の人生の時間を使われているのは勿体ないかと思います。もちろん会社では仕事をきっちりしますが、無駄な会議やミーティングも率先して改善をしていき、自分が使える時間をしっかり確保していきましょう。
会社の無駄をしっかりなくせるように周りとコミュニケーションを取りながら上手に改善していく事が大事です。
①仕事の効率化を図り、残業時間を減らす
②改善する際の周りとのコミュニケーション
①と②を会社で意識しながら、自分だけの業務改善ではなく、周りの業務改善が出来れば自分を含め、課全体の時間が出来るのでWINWINになると思うのでしっかり頑張っていこうと思います。