読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生戦略ノート

Enjoy the Life

「休み明けの憂鬱をぶっ飛ばすたった一つの行動」


スポンサーリンク

休み明けの憂鬱をぶっ飛ばすたった一つの行動

2017年1月8日の記事を更新しています。

休み明けの憂鬱は本当に嫌ですね。仕事前の前日が非常にしんどい状態になり、せっかくの休みなのに気分良く過ごすことが出来なかったり、仕事が嫌で嫌で仕方ないと感じてしまうので日曜日の夕方から元気が無くなります。

仕事が嫌だというストレスが溜まっています。人生仕事の時間は長いので憂鬱を防ぐたった一つの行動を実施してみたらぶっ飛ばせたので紹介します(効果には個人差しかありません)。

学生が憂鬱になる原因

あるニュースを見ていると学生が長期休み明けで自殺が多いとテレビで見ました。今の学生はいろいろ環境が変わっていて、LINEのグループ外しなど陰湿化しています。いじめや話しかけても無視など様々な状況で長期休み明け後に学校に行きたくないという気持ちが圧倒的に大きくなり憂鬱になり、最悪悲しいケースは自殺になります。

学校だと教育のためと言いながらどこに向かっていくのかが分からないので子供は本当に嫌になりますが、社会人になると生活のために頑張らないといけません。

社会人の憂鬱

仮に二日間休みの終日の夕方から憂鬱になってきます。どうしても行きたくないと思える状況でも休みづらいのが日本です。行きたくないという理由だけで休みのはありえません。

憂鬱を放置すると心に重大な損傷を与え、再起不能になる可能性があります。

若年層に多い「新型うつ」は学生時代にメンタルをすり減らしたことによって起きると思っています。昔とは違い、テクノロジーの発達や環境の変化で学生時代から人付き合いが難しくなっています。

これからはいかに休日や空いている時間に行動して憂鬱やストレスをぶっ飛ばしていく必要あります。
そして、休みまとまって取れるイベントも注意が必要です。

GW、お盆休み、正月明けが憂鬱

会社では休まない事が美徳としてある中、そういった無駄な慣習はとことん無視をするのでしっかり休みを取っていました。休みをしっかり取ったからといって、どこかに出る訳でもなく家の中でダラダラしていました。

そのダラダラ明けの仕事が憂鬱度合いが一番頂点になります。外出する事や動くことが心のためには一番大事な事です。 外に出ない事だけで心に悪影響があるということを始めて体験した事で学びました。

長期の休みを取らないベテラン社員の憂鬱対策

休みをしっかり取ることは大事ですが、休み明けが憂鬱になります。その憂鬱にならない対策として長期の休みを取らないというのかもしれません。
休みを取らず、体力の低下による疲労回復の低下にストレスを溜めていきます。

あまり休まない影響で若年層のうつ病と40代以降のうつ病の症状が違うのかもしれないと勝手に分析しています。
休み過ぎない、働き過ぎないというバランスが大事としか言えない状況になります。

休み明けの憂鬱をぶっ飛ばすたった一つの行動

家にこもらず外にでることです。
運動でも趣味のために外出でも何でも構いません。

自分が外で熱中できることを見つけましょう。

寒いから暑いから外に出たくないというのは置いておいて、外に出て楽しめる事を見つける事が大事です。 グーグルのテレビコマーシャルは「してみたい」という事を思わせる外に出て何かをしたという意欲が出てきます。

www.youtube.com

いろいろな事を参考にして、「外にでましょう」。