健康、投資や生活に役立つ「人生戦略ノート」ブログ

人生の戦略を実戦して楽しく生きるブログです。健康や投資に筋トレなどいろいろな情報を楽しくお届けします。

MENU

「飲み過ぎて翌日が気になる二日酔い対処法のために寝る前にできる4つの行動」



スポンサーリンク

二日酔い対処法のために寝る前にできる4つの行動

二日酔いになると頭痛、吐き気など後悔してしまいますね。

二日酔いを治すより、二日酔いになる前に対処する必要があります。
寝る前にできる二日酔いの対処としていつも私がしている4つの方法を紹介します。

寝る前にしておくべき4つのこと

どんなに意識していてもお酒のペースが進んでいます。次の日に二日酔いになりたくないと思っていても、中々セーブする事が難しいです。

その後にくる二日酔いで大きく後悔してしまいます。楽しく飲んで、次の日に二日酔いがこないようにすれば、後悔せず、また次回に楽しい飲み会をする事ができます。

1.お風呂に入らない

二日酔い対処法のために寝る前にお風呂に入らない

お酒を飲み過ぎた時にお風呂に入った翌日は、良く二日酔いが必ずくるという経験をしている人は多いかと思います。多量にアルコールを摂取した後にお風呂に入る事で血行が良くなり、アルコールが全身へと回っていきます。その影響でさらに酔いが促進され、二日酔いになりやすい状況を作ってしまいます。

夜、家に帰宅後はお風呂に入らないと気持ち悪いという方は多いかもしれません。できれば、飲酒直後はお酒を避ける方が無難です。次の日が仕事の時は、なお朝に入るようにしてください。

お酒が入ると睡眠の質が低下し、朝起きるのが難しいです。そのために夜遅くまで飲まない事を徹底するなど切り上げる時間を徹底するべきです。

2.寝る前にスポーツドリンク

二日酔い対処法のために寝る前にスポーツドリンク

アルコールを摂取すると水分を欲するようになります。水を飲んでも飲んでも足りない状態なります。水だけを飲むと体のナトリウムイオンが一定の濃度に抑えようとするので、体に水保持できず、どんどん出てしまい、最悪,、脱水症状になります。

そのため、塩分やカリウムを摂取し、体に水を保持させるための水分補給が必要となります。アルコールの摂取で、水分のバランスがくずれるので、水ではなく、スポーツドリンクがオススメです。成分的にしっかり水分保持するための塩分やカリウムが入っているので、水分バランスを整えてくれます。

ただし、スポーツドリンクは砂糖がかなり多く入っているので、あまり体には良くないです。そんな時にオススメなのが経口補水液です。

二日酔いに効果がある経口補水液

スポーツドリンクは、砂糖が多すぎる問題があるので、二日酔い対策として何度も活用すると太る可能性あがります。健康的で二日酔いの対処として必要な成分が入っている経口補水液を寝る前に飲むのがかなり効果的です。

経口補水液の成分は、炭水化物、食塩、カリウム、マグネシウム、リン、ブトウ糖、塩素が含まれています。
参照元:商品情報 OS-1(オーエスワン) PETボトル オーエスワンゼリーなどのラインナップ|大塚製薬工場

炭水化物は肝臓がアルコールを分解するのにかかりっきりになるので低血糖状態に陥りやすいのを防ぎます。食塩や塩素にカリウムは、体の水分バランスを整えるために必要な成分です。アルコールで体内の水バランスが崩れ、対外に排出しやすくなり、体内の水分が保持しづらい状況を防ぎます。
マグネシウムは頭痛を抑える効能があるので、経口補水液は二日酔いの対処する方法として、かなりの効果がある一品です。

ただ、私が経口補水液を飲んだ感想は、味重視ではありません。飲んだ味は、美味しいではなく体によさそうというだけです。飲みやすさ、美味しさならスポーツドリンクになりますが、二日酔いと体のためを考えれば、お酒を飲んだ後は経口補水液を飲みましょう。

3.肝臓を助けるドリンク剤

肝臓を助けるドリンク剤

肝臓水解物という成分で、肝臓の機能を活性化させ、アルコールの分解を早めます。アルコールを早く分解させるドリンク剤や二日酔いにくるだるさを取ってくれるドリンク剤は多数存在しています。

「ウコン」は肝臓の活性化により、アルコールを分解する効果があります。最近はウコンに効き目がないので、ヘパリーゼを飲んでいます。今の所、ヘパリーゼは私の中でかなり効果があります。

4.サプリメントを飲む

肝臓を助けるドリンク剤

どうしても飲み過ぎてしまう事が多い中で、お風呂に入らず(断腸の決断)と寝る前にスポーツドリンクまたは経口補水液を飲み、さらに肝臓頑張れ!という気持ちでj二日酔いに効くドリンク剤を飲みます。それでも二日酔いは顔を覗かせる場合があります。そういった時のケースの大半は圧倒的なまでの「飲み過ぎ」です。

いつも以上の飲み過ぎを経験すると翌日に二日酔いは必ず来ることが想像できます。最後のひと手間として、二日酔いに効くサプリメントで万全の対策を取る事ができます。飲み過ぎない事が大事だと分かっていても、忘年会や歓迎会に付き合いが必要な社会人。

翌日が仕事でもお構いましに飲まないといけない場面が多々あります。そんな時にサプリメントを飲む事で、翌日の二日酔いがなく、すっきりした状態で過ごすためにもサプリメントをジョン日しておくのがオススメです。

二日酔い対策のサプリメント

【特許取得成分配合】二日酔い・飲み過ぎ対策サプリ【エカス ekas】


あらかじめ予定が決まっている飲み会の場合は、飲み忘れがないよう100円均一で購入した小さな袋にサプリメントを入れ、カギに付ける事で飲み忘れ防止になります。

3つのカテゴリーで二日酔い対処する方法

http://www.xn–fdkl2l313jkkuvhzboa.com/entry/hutukayoi-taisaku

飲み過ぎて翌日が気になる二日酔い対処法のために寝る前にできる4つの行動まとめ

二日酔いになると次は飲み過ぎないと後悔しても何度も同じことを繰り返してしまいます。飲んでいる時間は楽しいので、楽しい事しか考えられません。
改善するより、できるのは楽しく飲んで、翌日はスッキリした状態を実現するために寝る前にする二日酔い対処法を実施することです。

遅くまで飲み過ぎてしまった時は、お風呂に入らず、水分補給をスポーツドリンクか経口補水液をたっぷり飲み、肝臓を助けるドリンクを飲み、最後にサプリメントを活用することで二日酔いを遠い世界に飛ばすことができます。もし二日酔い対処法を実施しなければ、仕事にいけないようになり、会社の同僚への信頼関係を損なう可能性があるので、飲み過ぎた場合は二日酔い対処をするようにしましょう。

そして、飲み過ぎないためにも適量、自分のペースで飲む、できるだけ早く帰る(出来れば苦労しない)事を頑張りましょう。

© 2017 人生戦略ノート