人生戦略ノート

Enjoy the Life

「二日酔いの対処として肝臓機能に良い5つの栄養素」


スポンサーリンク

二日酔いの対処として事前に肝臓機能のためになる5つの栄養素

二日酔いは地獄の苦しみです。年齢を重ねるごとに肝臓機能は弱り、二日酔いになりやすい。

年と共に肝臓は、活性酵素の影響を受けやすい状態になり、サビやすくなります。肝臓がサビるとアルコールの分解機能が低下し、二日酔いになりやすくなるので、普段の食事が大事になります。食事の中に肝臓に良い食べ物を摂取し、二日酔い対策をしましょう。

年を重ねるごとに弱る肝臓

肝臓は、一日に多くの血液が流れます。肝臓は代謝や解毒など生命維持に必要な機能を備えています。そのため血液から運ばれる酸素を大量に消費する必要があり、酸素を消費した時に「活性酵素」が発生しやすくなります。

「活性酵素」は、体内に侵入したウィルスや菌を除去してくれるますが、増えすぎると酸化する・・・すなわちサビやすくなります。増えすぎた活性酵素を無効化する機能がありますが、年齢と共に酵素を無効化する機能が低下します。

肝臓がサビで弱る事で、アルコールを分解する機能が低下し、二日酔いになりやすいだけではなく、動脈硬化や全身の老化に影響します。肝臓を守る事で、二日酔いだけではなく、健康ためにも大切な事になります。

アルコールを分解する肝臓に良い素

アルコールを摂取することで血流が活性化し、肝臓にアルコールを運ぶようになるので、アルコールを分解するために多くの酸素が必要となります。アルコールを定期的に摂取する人は、肝臓に重い負担かけ、肝臓をサビる速度を早めています。

アルコールを飲まない「休肝日」を作り、肝臓に負担をかけない日をしっかり作るべきです。
そして、年齢と共にサビやすい肝臓のために肝臓に良い栄養素を摂取し、肝臓を保護し、二日酔いの対処になり、楽しいし飲み会ができます。

肝臓に良い栄養素を5つ紹介します。

1.タウリン

タウリンと聞けば、ファイト~一発~♪」からのタウリン1,000ミリグラム配合の商品を想像することができます。タウリンは栄養ドリンクのイメージが強いでしょう。 胆汁酸の分泌を促すことで肝臓の働きを促進し、肝細胞の再生を促進させることなどがあります。

そしてタウリンは、アルコールの分解を促進するので二日酔い対策にもなります。

タウリンを含む食材は、 主に魚介、特に貝類(カキなど)、たこ、いかなどに含まれています。食生活に魚介類を入れるようにするだけで、タウリンを摂取し、二日酔いの対処となる肝臓を働きを促進させることができます。

2.スルフォラファン

ブロッコリーに微量含まれるフィトケミカルの一種。年齢と共に弱くなる肝臓。活性酵素の影響を受けやすい肝臓は、どんどん酵素によってサビやすくなります。

スルフォラファンは、体内の解毒酵素や抗酸化酵素の生成を促進し、体の抗酸化力や解毒力を高めてくれます。

毎日「解毒」や「代謝」に忙しい肝臓をサポートし、肝臓において(1)化学物質の解毒を担う解毒酵素や(2)酸化ストレスを軽減する抗酸化酵素の産生量を高め、さらに(3)肝臓の炎症を抑えることがわかっています。
このため、「スルフォラファン」の継続摂取は、肝臓が自ら持つ防御機能を高めて肝機能を改善すると考えられています。
引用元:http://sulforaphane.jp/

3.ビタミンA・B・C・E

肝臓にはビタミンを貯蔵する機能があります。 必要に応じてビタミンを血液中に放出します。 肝臓の機能が低下するとビタミンを貯蔵する量が減り、ビタミンを放出できる量が減ることで、肝臓の働きがどんどん悪くなるのでしっかりビタミンを摂取しておく必要があります。
肝臓機能に役立つ栄養素はビタミンA・B・C・Eです。

ビタミンAを多く含む食材は、レバー・ほうれん草・にんじんなどの緑黄色野菜に含まれています。
ビタミンBを多く含む食材は、レバー・豚・バナナ・牛乳などに多くふくまれています。
ビタミンCを多く含む食材は、赤ピーマン・黄ピーマン・焼きのり・ゆず・レモン・パセリなどに多くふくまれています。
ビタミンEを多く含む食材は、アーモンド・とうがらし・マーガリンなどに多く含まれています。

4.クルクミン

ポリフェノールの一種であるクルクミンは肝臓機能を改高める効果があるといわれています。

クルクミンはウコンなどの含まれる黄色の色素の成分です。肝臓機能を高め、二日酔いになりにくくし、肝臓を活性化する優れた栄養素です。できれば毎日少量でも良いので、クルクミンを摂取する事で肝臓機能を高めることができます。

肝臓機能を高める事で、二日酔いになりにくい状態を作れます。
クルクミンを含む食べ物は、カレー・ウコン・たくあんなどがあります。日々摂取する事で肝臓機能を強化することできます。

クルクミンを摂取しておくことで肝臓が活性化され、肝臓機能が強化されるので、二日酔い対処のために日々摂取しておきたい栄養素です。

5.オルチニン

オルニチンはもともと体内に存在する非必須アミノ酸の一種で肝臓の働きをサポートし、疲労を回復する効果があります。
「二日酔いにはしじみ汁が良い」といわれているのは、しじみに多く含まれるオルニチンが肝臓の健康に働きかけるためです。
引用元:オルニチン | 成分情報 | わかさの秘密

二日酔いの対処となるだけではなく、疲労回復効果があるオルチニン。オルチニンを含むしじみを普段の食事のメニューに入れたい所ですね。

現代社会では、飲みによる付き合いが多い場面があります。飲み会が増えるとその分、疲労が溜まりやすくなるのと二日酔いとの闘いになります。普段の食生活で肝臓のためになる食事を日常に取り入れる事で、どんな時でも元気よく人生を過ごせます。
食事で肝臓に良い栄養素を摂取できない場合は、「肝臓エキス」、「ウコンエキス」、「しじみ(オルニチン)」のトリプル配合され、
その他8種の必須アミノ酸、ビタミン、ミネラル、ポリフェノール、などを一粒にギュッと濃縮に詰め込んだレバー肝臓エキスとウコンにシジミでカンパイが心からおいしくなる【レバーが肝心】を日々摂取するのがおすすめです。いつ飲んでも楽しい、二日酔いにならないために事前に肝臓を強化しておく必要があります。

二日酔いの対処として事前に肝臓機能のためになる5つの栄養素

二日酔い対処として、「休肝日」を作ることが大事です。肝臓はアルコールの分解だけでなく、健康のために必死に頑張っている臓器です。頑張り過ぎると酸化しやすく肝臓機能が低下するので、日々の食べ物に注意する必要があります。

栄養素は過剰摂取は毒なので、1つの栄養素だけをピックアップして摂取し続けるのではなく、バランスのとれた食事でバランスよく栄養素を摂取する事が二日酔い対処となります。

飲んだ後に後悔しないためにも、飲んでない時の食生活で肝臓を活性化する食べ物を食べていきましょう。