読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生戦略ノート

Enjoy the Life

「ハワイの飲食店を予約を簡単に出来るOpen Tableの紹介」

Web Web-アメリカの予約サイト

スポンサーリンク

f:id:Barrgan:20151010084733p:plain

ハワイ旅行は最高ですね。ストレスから解放され日本でのせわしない日常を忘れ全て楽しむために有意義な時間を使う事が出来ます。英語を少しだけ勉強しましたが早口で正直何を言っているか聞き取れません。単語と単語をつなぎ合わせてやっと理解が出来た時は結構嬉しかったです。

今回は簡単にハワイ旅行で飲食店のお店を予約するための便利なサイトを紹介したいと思います。

ハワイの飲食店で予約するには

ハワイで予約するには電話かホームページ上で予約するしかないかなと思っていました。日本にいる間に予約するにも電話だと国際電話なのと英語を話せないので現地の旅行会社のスタッフに頼もうと思いました。ホームページ上でもあったのですが、複数の店舗に何回も入力するのは面倒なので除外しました。
現地で予約を入れるようと思っていたのですが、旅行が近づくにつれて予約が取れない場合がありそうなので何か予約を一括管理しているサイトがないかと探していると「Open table」というサイトがありました。

Open tableについて

Oahu Restaurants | OpenTable

インターネットで即時予約できるサービスで、アメリカでは幅広く使われている予約専用のサイトです。
行きたいお店を自分でピックアップしていると思うのでその店舗をOpen tableで英語で検索してみましょう。ハワイのページは英語で記載されているのでChormeだと翻訳が出来るので分かりやすいと思います。メールの登録する際もGmailだと英語でメールが届いても日本語に翻訳する事ができます。ただ翻訳は完璧じゃないので日本語訳は意味が分からない所出てきます。

Hawaiiのお店を予約とキャンセルについて

行きたいお店を英語で入力して「find a table」と探します。
ハワイの飲食店を予約をするときに使った便利なOpne table ウルフギャングステーキを検索してみるとPM4時30分とPM8時30分に空いています。注意することは日本時間ではなくハワイの時間だという事です。グーグルカレンダーと動機してた場合は日本時間での曜日に記載されますがそこから時差を計算すると予約したハワイの時間になります。

キャンセルする場合は予約当日30分前までにキャンセルをする必要があります。キャンセルは予約時に受け取ったメールの「Cancel reservation」というボタンがあるのでそこから簡単に予約のキャンセルが出来ます。予約が完了するとメールが来るので無事キャンセルされたか分かります。現地にいる場合は予約をキャンセルする時にWi-fiがないと携帯代を高額請求されてしまいます。
Wi-fiをレンタルしない場合キャンセルする場合はお早めにしましょう。

実際に使ってみた感想

こういったサイトがあるという事で本当に出来るのか試しにハワイのアラモアナセンターのメイシーズの3Fにある「パイナップルルーム」を予約して行ってきました。その時に受付に言った言葉が「Reserve【リザーブ】 自分の名前」で予約が出来ていました。
実際使ってみた感想は簡単に予約できるので非常に使いやすいです。ホテルにWi-fiを無料で使えるのなら現地でサイトにアクセスして予約すると待ち時間なしでご飯を食べると思います。

あとがき

予約が本当に出来ているのか結構不安ではありました。そして英語を話せないので受付で緊張してしまい・・ませんでした。何とか適当に単語を並べて予約しているという事を伝われば大丈夫という気持ちでいきました。ハワイは日本人が多いのである少ない英単語で理解してくれるので助かりました。次回ハワイに行くときは飲食店で使えるぐらいの英語力を目指したいのと副業でハワイ旅行の費用を稼ぎたいのでこれからもどんどん前向きに頑張りたいと思います。