読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生戦略ノート

Enjoy the Life

「時間を有効に使うためのスマホ依存を解消する11の方法」

スマホ スマホ-スマホ依存解消

スポンサーリンク

スマホを触る時のルールを作り、スマホ依存症を解消する11の方法

ガラケーからスマホに変えてから出来る事が増え、スマホを片時も離さないスマホ依存になりました。通勤時間やお昼のご飯を食べている時でもスマホをさわっていました。
スマホを触り続ける事で時間の無駄遣いをしていると分かっていても抜けれないスマホ依存。完全にスマホ依存症だった私が実施してスマホ依存の解消方法を11個紹介します。

スマホ依存の悪影響

スマホ依存という言葉に気が付く人は、自分のスマホ依存を深刻に思い、解決しようとしている人です。それ以外は自分がスマホに依存しているとは思っていないでしょう。スマホに依存する事でデメリットが非常に多い事は明白です。

時間の浪費、ストレス増大、寝不足、首への負担などがあります。スマホを触っている時間を別のことに使っていたら人生変わっているかもしれません。スマホ依存は人生に影響しているのと大半の人が人生にとってメリットのある影響を受けません。ほとんどの人がスマホ依存による悪影響になっている可能性があります。

関連記事 「スマホ依存による人生にとって6つの悪影響」 - 人生戦略ノート

スマホ依存を解消するきっかけ

社会人になってから2年後にスマホに切り替えました。スマホ購入後からかなりのスマホに依存し、SNSやゲームにドハマリしてしまいました。朝起きてスマホ、ご飯を食べる時にスマホ、寝る前にスマホを触り続けていました。

スマホ依存になってから会社の同僚や友達の交流をおろそかにしてしまったのと、スマホを深夜まで触っていたので寝不足でイライラするなどデメリットが非常に大きいです。

社会人5年目になり、このままでは年を重ねるごとに自分がダメになっていくという自覚があったのと今の妻に出会った影響でスマホ依存は人生をダメにすることに気が付いた事でスマホ依存を解消する行動を実施しました。

1.通勤時間はスマホをカバンに入れる

通勤時間はスマホをカバンに入れる

電車通勤の人はすぐにスマホを触りがちです。今は電車でスマホを触らないと落ち着かないという人は大野ではないでしょうか。
ポケットに出しやすくコンパクトであるスマホは触りやすいのでつい触ってしまいます。今後の対策はスマホをカバンに入れるて、一番大事なのがスマホを触らない時間に何をするかが大事です。

本を読むのがオススメですが、満員電車だと本を出すスペースがないのと大きな本だと重いので運ぶのとカバンの中のスペースを取ってしまいます。そんな時に有効活用できるのが電子書籍です。

関連記事 「電子書籍を読むためにKindleを導入した感想と電子書籍のメリット」 - 人生戦略ノート

2.格安SIMにして一ヵ月の容量を設定

格安SIMにして一ヵ月の容量を設定

格安SIM会社でてくれたおかげで大手キャリアの通信容量7ギガや5ギガだけではなく、1ギガや3ギガといったプランを設定する事が出来ます。

大手キャリアだと通信容量が多いので格安SIMを使い、通信容量を3Gタイプの定額プランに契約することで3ギガを超えると速度制限になるので、月を超えるまで不便になります。その影響でスマホを無駄に触らないように考えるようになればスマホ依存の解消に一歩近づくことになります。 ただスマホの通信速度が遅いからと言って生活に影響を与える事はないので、スマホを触るという事を抑制するためにあえて通信速度が遅い格安スマホなどにしてみるのも一つの手かもしれません。

3.SNSの時間を見直す

SNSの時間を見直す

学生については分からないので、何とも言えませんが社会人になってLINEで複数の友達と常に交流している状態がスマホ依存とSNS依存になります。既読スルーで無視したりなど、いろいろな問題があるかと思いますが、わざわざ社会人になってLINEで交流するぐらいならご飯を食べに行って直接話せばいいでしょう。

LINEで返事をしなかったり、もう友達じゃないとか言う友達がいれば学生時代は毎日顔を合わせても社会人になると合う機会が少なるので面倒な人は切ってしまう事でスマホ依存、SNS依存の両方を解消するきかっけいになります。

4.ポケットに入らないタブレット型に変更

ポケットに入らないサイズのスマホに変更する

ポケットからすぐに出せるスマホはすぐに触ってしまいがちです。特に電車でスマホを触っていないと落ち着かないという事を私の周りでは良く聞きます。

ポケットに入らないタブレットにする方法は基本携帯2台持ちがオススメです。1台はガラケーの電話、2台目はiPadやタブレットに変更します。歩きスマホは無くなり、座れる場所場でしか触れません。更にスマホと違いサイズが重くなるので長時間触り続ける事ができない事により、面倒と思うようになれば、スマホ依存の解消につながります。

タブレットはデータ通信のみなので、格安SIMを使えばすぐに使えるので月額料金を抑える事ができます。格安SIMはヨドバシカメラやビックカメラなど大手家電量販店に専門コーナーがあるのですぐに契約する事ができます。

5.スマホを触る目的とルール化

スマホを触る目的とルール化

スマホを触るだけで目的やルール化をする必要があるのかと疑問に思ってしまいますが、スマホ依存は損をすると感じたのと自分以上に依存している友達を見るとスマホ依存を解消しないのとこの先危ないと感じました。

仕事や勉強で使う場合は全く問題ありません。惰性で触ってしまうスマホを依存を防ぐために私の場合はゲームアプリは1日30分とゲームをする曜日を決める、家に帰ってからはスマホを触らない、ニュースアプリを見る時間は朝と夜のみに二チャンネルのまとめサイトは絶対に見ないというルールにしました。
自分のルールをしっかり守る事ができたので現在はスマホの通信容量は3ギガ以下に収まっています。節約ができ、時間まで増えたので嬉しい事ばかりです。

6.アプリグループの名前を自分をバカにする名称を付ける

自分自身が良く使っているアプリ達をグループ化し、グループの名称を「人生の時間を無駄にしているアプリ」や「依存者向けアプリ」など自分自身をバカにするようなタイトルにして、触ろうとした時の抑止なります。

少しでもスマホ依存を解消するための行動です。完全に抑止できるほどの力はないですが、月日が経ち、ふとした時にタイトル名を見ると考えさせてくれます。

7.モバイルバッテリーは持ち歩かない

モバイルバッテリーは持ち歩かない

1年以上使うとスマホの電池がすくなくなります。
電池のヘリが速いためモバイルバッテリーを持つようになります。スマホ依存解消するためにはモバイルバッテリーは不要です。

触り過ぎるからこそ充電のヘリが速くなります。スマホ依存を解消し、格安スマホに変えてからは電池持ちが良くなったのでモバイルバッテリーは不要になりました。逆に電池切れになれば放置しておけばいいでしょう。

今の世の中、プライベートですぐに返事がほしい、したいというのはストレスのもとになります。

8.寝る場所にスマホを置かない

寝る場所にスマホを置かない

ベットや布団の横で充電している人が多いかと思います。スマホは目覚まし時計の機能があり、非常に便利なのですが、ついつい布団やベットでスマホを触ってしまう言い訳をしてしまいがちです。
寝る間際に充電しながらスマホを触ってしまう事に中々抜け出せなかったです。

まず、スマホでの目覚まし時計昨日は全て無効にし、起きる時は目覚まし時計にします。寝る間際にスマホで目覚まし時計を確認する習慣は睡眠の質を低下させます。
寝坊の心配があるなら目覚まし時計を2つ購入すればいいでしょう。2つ同時に壊れる確率は低いです。2つ同時が怖いなら3つの目覚まし時計を購入すればいいでしょう。
目覚まし時計1台1,000円以内で購入できるので、スマホ依存を解消するためなら安いです。スマホ依存を解消し、副業に時間を使えれば人生に余裕がでてきます。

9.スマホのロックを複雑にする

Iphone
www.tabroid.jp

andorid
andronavi.com
スマホを触るときに複雑なロックにしておくと事で触るのを億劫にさせる方法です。あとはメンタルとの戦いです。常に複雑なパスワードに変更したい誘惑があるかと思います。

この誘惑を打開する対策の一つして、我慢できた期間を記録することです。我慢が3ヶ月続けば焼肉などご褒美を準備したり、いろいろと楽しめる工夫しましょう。
これがきっかけで格安スマホにして、月額料金を抑えることに成功すれば、スマホ依存からの脱却+お金に余裕が出来るので一石二鳥です。

10.スマホを一定時間をOFFにする日や時間を作る

休みの日からでも構わないので、朝から夕方までスマホの電源をOFFにします。いわゆるちょっとしたデジタル断捨離です。やってみると分かりますが、最初はソワソワしますが、慣れてくると家にいる時はスマホをあまり触らないようになれます。

少しずつスマホから距離を取る事で依存度が減少していきます。スマホ依存を解消する事で副業の時間を作る事ができました。

11.アプリでスマホの使用時間を制限

www.appbank.net

weekly.ascii.jp

japan.cnet.com
いろいろなアプリが出ています。どれだけ触っているかの分析や制限をかえてスマホを依存から脱却していけます。

スマホ依存を解消するまとめ

スマホ依存を解消するための11の方法を実行しましたが、ある事をすればスマホ依存を完全に解消するのではなく、全てきかっけです。

スマホという多機能なモバイル端末は、便利で生活を豊かにしてくれている事は確かです。使う側のレベルがまだまだ追いついていないの現状です。スマホを使っていると思っているが、実はスマホに使わされているといった事になっているのではなかと思っています。

スマホ依存を解消する事で時間に余裕ができ、メンタルや睡眠の不調を解消する事から格安スマホで月額料金を抑えることなど多くのメリットががあります。惰性でスマホを使う時間を減らした分、自分の人生のための行動をするため、副業や趣味などをしていくべきです。