健康、投資や生活に役立つ「人生戦略ノート」ブログ

人生の戦略を実戦して楽しく生きるブログです。健康や投資に筋トレなどいろいろな情報を楽しくお届けします。

MENU

「ストレス解消方法しっかり考えて、人生を楽しく生きる」



スポンサーリンク

ストレスがあるからこそ成長できるのかもしれない。
ただ、それも限度があり貯め過ぎたストレスは体と精神に影響が出てきます。
ストレスの影響は上司や同僚、そしてお客様など要因はいろいろありあます。
日本社会は「悪い事をしてないくても謝る」という文化があります。これがあるせいでお客という立場利用したクレーマーや無理難題をいうモンスターに日々悩んでいる人は多いでしょう。

仕事でストレスが溜まり、家庭内でDVが起きる要因の可能性もあるので、サラリーマンは仕事より、まずストレス対策について学ぶ必要があります。

サラリーマンの敵はストレス

ボクササイズでストレス解消をするリス

あらゆる要因でストレスとなります。上司や同僚など様々なストレスとの戦いで、人生いかにしてストレスを感じるかが幸福度を上げる上でかなり重要な位置にあるのではないか。

お客さんに無理なんだのクレームを言われたりして、それをストレスに感じない術を身につけないといけません。ストレスへの耐性を身につけないと精神に負荷がかかり、病気になります。この精神の病気が厄介で、体のどこも悪くないのに精神がやられているせいで、何もしたくなくなります。こうなれば、復帰するまでかなり長い期間を要するのでサラリーマンは上司よりストレスとの戦いに焦点を絞るのが良いかと思います。

日本はストレス社会

日本はストレス社会だと思いますが、どこの国もそうなのかもしれませんが一点だけ日本特有の無駄があります。それは過剰なサービスです。お店に入って「いらっしゃいませ」というのは英語ではありません。基本Helloだと思います。

見せ側とお客側ではっきり区別し、全てはお客様のためというは無駄だと思います。これから高齢者がどんどん増え、お年寄りのクレームがどんどん増えてい来るのが予想されます。そろそろクレーム対応について、全日本の企業で共有して、クレーム対策を全国的に実施するのが面白いと思う。

そこからいろいろと対策が出来れば、全体的なストレスを減らすことにも繋がるはず。

事なかれ主義の日本社会

日本全体が「事なかれ」主義を貫いているので、何も起きない、些細な事を起こさないとう事をばかりで、政治の世界でも日本だけ完全平和ボケしているので、相手に好き放題にされています。

特に上司になる人のほとんどが「おれの時は問題が起きるな!」というスタンスです。起きない事を祈るより、起きた時の対策をしっかり考えておいた方が良いのと対応するのは下なので、現実逃避せず、起きた時にどうするかの準備をしっかりしておくのが大事だと思います。

ストレスと向き合う

どうしてもストレスは貯まってしまいます。ストレスが溜まった時のプロセスは結構な人が同じプロセスを辿るかもしれません。

何回もストレスがあった場面を思い出します。そしてその時に言えなかった、言わなかった事を妄想で話したりします。これがどんどんストレスを溜めていくプロセスと時間が圧倒言う間に過ぎていきます。

ストレスを感じたら、まず冷静にストレスを認識して、ストレスばかりを考えずに対策を考える→不可抗力であってもイライラする事が自体がもったない→妄想で言い返したりするのではなく、毅然とした態度でイライラせずに対応すると言ったことをやるべきかなと思います。

妄想やあいつは○○やと言っても仕方がないので次はどう対応するかを現実的に考えるべきです。その考えるのは仕事中までにして、仕事が終わればプライベートの時間なので、ストレスや起きた出来事は自分の心にある「仕事用のフォルダー」に閉まっておきましょう。

ストレスを溜めない考え方

ストレスは誰にでも溜まります。これは平等です。ストレスなく生きていくのはかなり難しいです。

ただ、そこで諦めるのは時期早々です。ストレスの耐性やストレスと上手に付き合ったり、ストレスを解消するのは「技術」です。
ストレスを溜めない人は何か白の工夫したりしたり、場面で受けるストレスをいかに減らすかのプロセスをしっかり持っています。
ストレスは技術次第でどうにでもなります

ストレスを解消する方法

ストレスの解消はいろいろな方法があり、自分にあったストレス解消方法を探してみて下さい。やけ食いやけ酒のような自暴自棄は悪影響なので注意しましょう。

カラオケを大声で歌う

大声で歌のはストレス解消に良いので、一人カラオケに行き、北斗の拳のオープニング曲を歌いましょう。

ランニングをする

ランニングする際の注意点はストレスを感じた事を考えない事。このランニングが終われば食べたかったあの究極のラーメンに行くぞでもいいです。楽しいことを考えながらランニングしましょう。

琵琶湖一周

完走した時の爽快感は、ストレスは吹き飛びます。琵琶湖一周に比べたらストレス何てただの出来事。

リラックスできる音楽を聴く

エミネムなどのラップを聴いてノリノリでストレスを解消するのも良いですし、Youtubeで検索すればいろいろな音楽がヒットするので自分のストレス解消に繋がる曲を探しましょう。

アロマをたく

アロマをたく事によって、匂いを感じ取り脳にストレスを抑える働きあがったりするので、かなり手っ取り早くできます。アロマをたきながら読者や勉強はもしかしたら最高のシチュエーションかも知れません。

漫画や映画でクズを徹底的に叩きのめすものを見る

とりあえず、北斗の拳でも見ましょうか!

貸しきり銭湯で湯船の中で一人格闘

運が良い時、だれもいない銭湯に遭遇すればラッキーです。湯船の水を全部出してやろうとする勢いで暴れます・・・・運動と一緒ですねこれ。

ストレスの対策のまとめ

ストレスを感じやすい人感じにくい人などいますが、ストレスへの対策や溜めない方法は「技術」ですのでしっかりその技術を身につけましょう。
学校ではそんな事を押してくれませんし、社会に出ても教えてはくれません。自分でその牛術を上げていくしかありません。会社の特に50代の人達は圧倒的な技術を持っています。

仕事をしなくて、周りに何を入れようと仕事もしませんし、ストレスも溜まりません。ストレスを溜めない所だけを見習って、人生を楽しく過ごせるよう頑張りましょう。

© 2017 人生戦略ノート