人生戦略ノート

Enjoy the Life

「ストレスに強くなる技術を学ぶ⑦完全版【イライラした時の対策】


スポンサーリンク

ストレスに強くなる技術を学ぶ⑦完全版

限られた時間で記事を書いているので小出し感が出ています。前は一気に書いていたのですがそれをすると平日がすぐに終わってしまうので勉強する時間がなくなってしまうので、前回に続き小出しに分けた記事の完全版を作りました。

イライラした時の対策

イライラした時に怒り任せで行動すれば後になって後悔する事がありますね。イライラしたと感じた時にどう対処していくは人生において非常に大事なことです。
このイライラをどうコントロールするかで人生の選択が大きく変わってくると思います。イライラした時に選択して成功してもただの運で失敗の方が多いかと思います。まずはイライラするというが癖になっている人がいるのでまずそこを自覚する必要があります。

イライラする癖を無くす

イライラするというのが癖になっていると思います。これが行き過ぎると何も起きていないのにイライラしてしまったりします。
イライラするという事を自覚したら、冷静に考えるのとすぐに対処した方がいいかと思います。簡単な対処法はいろいろあります。

イライラしてしまったらガムを食べる

休憩室やトイレの個室でもいいので、ガムを噛むと結構冷静になるのと噛んでいると怒りがイライラが収まってきます。そして噛むという事は脳にも良い事だと思いますが日本ではガムを噛むのはあまり良い感じではありません。
社内や人と話すときにガムを噛むと失礼にあたるので無心で噛める場所を探しましょう。

タバコを吸う喫煙室があるならガムを噛むガム噛み室があっても良いのではないかと思ったりしています。

イライラしたら体操をする

イライラした時は運動をするのが一番です。ただ会社で運動をするなんてことは出来ません。出来るのは体操です。
ちょっとした時に体操をすれば結構ストレスが軽減できます。短い時間で出来るので体操はオススメです。

落ち着く環境を作る

イライラした時に逃げれる場所を作るのが一番です。会社で休憩室などがあればイライラしたらその場所に行ったり、トイレに行ったりして落ち着いく環境を作るのが良いかと思います。
休憩室で3分だけ音楽を聴いたりといろいろ出来る事があるのでちょっとずつ工夫してストレスを溜めないようにようにしましょう。

うるさいぐらいの深呼吸

深呼吸をして落ち着くのは非常に良い事です。ただ吸い込むのと吐きこむのが甘いとたいした効果がないのではないかと思います。周りの目を気にせず、すーっと吸ってはーと息を吐くぐらいの事が出来ないのであればすぐにストレスが溜まってしまうと思います。

深呼吸は大げさにやる方が効果はあります。私の場合は鼻で物凄く息を吸い込んでから3秒ほど我慢してから息を吐く深呼吸をしています。このおかげで仕事中のイライラがかなり軽減されています。

イライラした時はお気に入りの事をする

イライラした時のリラックス方法を人によっていろいろあります。音楽を聴いたり、お菓子を食べたりとイライラした時にする事をルーチン化するのがいいでしょう。
音楽を聴いたり、スマホに入っているインコの画像を見たり、今ハマっているゲームをしたりと自分が気に入っていることをしてストレスを軽減する行動をしっかり把握しておくのがストレスを軽減する対策になっていると思います。

小さい休憩を取る

1時間に何分休憩をしましょうと決まっている中で休憩を取る人はいないでしょう。休憩はお昼休憩しかないと思っていると人が多数です。

タバコを吸う人はタバコを吸いに行く時間は休憩になっているので吸っていない人はお昼以外に休憩に行ってはいけない事はないです。2時間か3時間に10分でも良いので休憩を取っても問題がないのと他の人がやっていないから私はやらないという周りの目を気するぐらいなら自分が休憩する先駆者になりましょう。

イライラした時に人を笑わせる

イライラする時にイライラした発言をすると余計にストレスを溜める行為です。そういった時は後輩で同期でも構わないので、ストレスが溜まったことを言うより笑わせるぐらいの事が出来たらストレスは軽減されると思います。
自分が受けたストレスの内容を面白く言う事が出来れば、家に帰った時に家族を笑わせたりとコミュニケーションにもなると思います。

イライラの原因を紙に書く

イライラした原因を紙に書きまくります。その時は暴言やネガティブな事を一気に吐き出します。吐き出した後の紙の最後に今後どうすればいいかと前向きな対策をしっかり書いて終わらせるとストレスの影響から次にどうするかの学習とストレス解消が出来るので一石二鳥です。

イライラした内容と分析に解決方法をしておけば同じことや類似した事が起きた時に対処がしっかり出来るのでこれはやるべきです。