読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生戦略ノート

Enjoy the Life

「ストレスに強くなる技術を学ぶ④【我慢と感情のコントロールの対策】」

ストレス ストレス-我慢と後悔

スポンサーリンク

あまりにもストレスが溜まり続けて暴れる人やひたすら暴言を吐く人がいます。こうなってしまえば周りからも敬遠されたり、暴れて人を傷付けてしまった場合は最悪逮捕されてしまいます。
多少なり、人はストレスを持っています。我慢出来ないからといって怒りを態度に出してしまうと後悔してしまいます。私も怒りでそのまま行動に移してしまった事が何回もあります。怒りは人を無謀にして、最後に後悔というの名の失敗を提供してくれます。怒りを態度に出してしまうのがいかに悪い事かと態度に出ないような対策を考えたいと思います。

怒りに身を任せるのは後悔しかない

ストレスが溜まっている人はストレスに強くなる技術を学ぶ 怒りに身を任せて怒る事がいかに無駄化と言うのを小さい時に学びました。怒った時に出る発言は冷静とは全くかけ離れた炎で、この炎が行き過ぎると相手を燃やして殺してしまう場合もあるので怒りと言うのは非常に怖い物だと思います。人間には感情があるので、それをいかにコントロールするかが一番の課題と思います。

我慢が出来ないのはなぜ!?

我慢というのは非常に難しい事と他人が我慢をしろと強制されると余計に我慢が出来ず、イライラしてしまいます。私は我慢は体力と同じで100の我慢力があればそれが消耗していき、最後に0になると怒るかやる気がなくなるかだと思っています。

我慢をするのにもエネルギーが必要でそのエネルギーを常に蓄えたら上限を増やしていくしかないと思っています。
そのエネルギーは料理や食べ物で得て、我慢力の上限を運動などで増やしていくと自分で解釈しています。

我慢の限界に制限を求めるのは辞める

ここまでラインを越えたら怒るという選択をしがちですが、これは非常に悪い事だと自分でも自覚しています。ここまでというラインを設けると怒らないといけないという事になります。
ラインを越えたらという時点でもう冷静ではなく、絶対に怒ってやりたいと気持ちでいっぱいです。

人生で感情的にならない

我慢のラインを越えたら怒るという事を辞めるという選択肢もあります。感情と感情のぶつかり合いは正直時間の無駄です。売り言葉に買い言葉をひたすら続けて結局はただイライラし終わるだけか、どちらかが折れるかしかありません。
ケンカするほど仲が良いというのはケンカしないと仲良くなれないとも言えるので、本来はケンカになる前にしっかり解決しておくのとストレスを溜めない事が一番重要だと思います。
夫婦間や仕事であっても事前に「議論や話し合いはするけど感情的になったら終わりにする」という事を伝えておくだけで自分も相手も冷静に物事を進めていけるきっかけになると思います。

怒らないと決めても怒ってしまう時のダメな言い訳

自分が起こらないと決めたのに相手が~と他人のせいにしてしまいがちです。これは他の事でも全て当てはまります。他人の影響で自分にも影響があったというのは言い訳です。他人がどうであれ自分がどうしたかが大事です。社会人でも足を引っ張ったり、仕事をしない人はいっぱいいます。だからといって自分はしないという選択肢をした時点で先に挙げた人達と同じになります。

しっかり芯を持って、自分の意志で故魚津していきましょう。

感情を自分でしっかりコントロールする

感情をコントロールするには自分で立てた我慢項目をしっかりクリアした積み重ねで感情のコントロールが出来ると思います。これを一番最初に学べるのが子供の時です。子供の時は無邪気に欲しい物ばかりです。それを買ってもらえなかったりと我慢の連続だと思います。その連続で我慢というのを学んで自分の感情を自分でコントロールを覚えていくと思います。

大人になって感情のコントロールをする方法

①赤信号を渡らない
②毎日飲んでいるお酒を一日飲んで一日休憩をする
③エスカレーターやエレベーターを使わない
自分ルールを設けて、それを実行していくので意志力が大事という事なのと①の赤信号を渡らないなど余裕のある行動をしていけるぐらいリラックスする必要があるという事です。
②のお酒についても意志次第で簡単なのと健康にも良いのと③の行動も運動が出来るので感情のコントロールするための意志力と運動の両方を得られるので一石二鳥になると思います。

ストレスに強くなる技術を学ぶ④まとめ

怒るだけ無駄なのと怒ってしまった時点で負けだと思います。怒って行動しても良いことはほとんどありません。怒ってから後悔しても遅いです。後悔さき立たずの一番のメインは怒りで行動し後悔することが非常に多いかもしれません。
我慢の限界は誰にでもあります。人と人とのやりとりで我慢をしないクレーマーにあえばすぐに我慢の限界がくるかもしれません。ただそこで起こると余計に後悔します。我慢に頼らずテクニックを使ったりと我慢に依存しないようにするの方法もこれから考えていきたいと思います。クレーマーとのやりとりで左から右に流せるテクニックやクレームをすんなり終わらせる方法やメンタルに影響を与えないクレーム処理などいろいろテクニックを探していきます。