健康、投資や生活に役立つ「人生戦略ノート」ブログ

人生の戦略を実戦して楽しく生きるブログです。健康や投資に筋トレなどいろいろな情報を楽しくお届けします。

MENU

「ストレスに強くなる技術を学ぶ【ストレスの考え方】」



スポンサーリンク

サラリーマンはストレスの中でどう生きるかが大事だと思います。もしかしたら仕事が出来る出来ないより、ストレスと上手に付き合いかが一番かも知れません。
仕事が出来てもしない人の分まで頑張って給料が仕事をしない人と同じならストレスを感じるかも知れません。
まだまだ長い人生でストレスを上手に付き合っていく技術を学んでいきたいと思います。

ストレスが溜まっている人はストレスに強くなる技術を学ぶ

ストレス対策をしっかりする事で心の健康を守る

ストレスで一番ダメージを受けるのが精神です。その精神がどんどんダメージを受けると身体にも影響が出てきます。ストレスを溜めやすい人は本当に損です。ストレスを溜めない生き方とストレスを感じやすい自分のメンタルを改善するか、環境を変えていくしかありません。

ストレスを感じるだけ無駄な事もあります。怒った所で結果は同じです。その怒りを感じやすい状態を改善していく必要があります。

怒る事にメリットはあるのか

部下に怒るという言葉がありますが、これは感情が含まれると怒る事に対して叱るは相手の事をしっかり確認して、相手の事を考えなら教えるのが叱るだと勝手に解釈をしています。
今回はテーマのメインは怒りです。どうしても感情的になりやすい人はストレスを溜めやすいです。人間は感情の生き物でどうしても感情を抑えられない事があります。

感情的になってしまう人はもう怒りが癖になってしまっているかもしれません。怒る事で何のメリットがあるか自問自答してみましょう。これで私は結構怒りであるイライラを抑えられるのと結構冷静で入れます。

勘違いしやすい人は損

勘違いで多いのは確証した内容がないのに勝手に思い込むことです。多分やもしかしてといった事で仮定して勝手に怒ってしまう場合があります。私を仲間外れにしているや仕事をしたくないから押し付けているなど勝手な想像をしていいます。現実そうであった所で人の目を気にしながら仕事をしてイライラしてしまう人は結構いるかと思います。

群れから外された人で大人のいじめのようなものです。私的には仕事の同僚であっても他人でしかないので、人に良く思われたいとも思いませんし、効率よく仕事をこなして自分の糧になればいいのでいじめられようと気にせず仕事が出来ます。
そのためイライラもしません。仕事の対価として給料を貰っているので、仕事を上手にこなすことが一番大事だと思います。他人がしないからどうとかは問題外でその分自分がすればいいと思っています。

他人がしない仕事をする事でスキルを上げる

誰もしないや本来はしないといけない仕事をせずにそのまま進める事が社内であるかもしれません。私の会社でも分かっていても誰も積極的にしません。こういった会社はほとんどの人が大したことがない仕事を忙しいようにしています。そして誰もしたがらない事をする事によって「何でおれが!?」「何で私が!?」という気持ちになりがちです。

公務員でもないので会社がつぶれる場合もあります。仕事を積極的にやったことで学んだスキルや効率化を上手にアピールできれば即戦力になりますし、仕事を積極的にやれるぐらいの媒体りーが必要な時代と私は思っています。

ストレスの耐性やスタミナをつけるための運動

ストレスを全く感じないと逆に成長しません。ただその度合いは自分で調整できません。そのためストレス耐性が低いと一気にストレスが沸点にいってしまうのでまずする事はストレス耐性を上げる事です。

これはいろいろやり方があると思いますが、私はジムで体を鍛えて水泳をすることで自分を追い込みます。これで勝手にストレス耐性が付いていると思い込みでストレス耐性をあげています。
あとはスタミナがあれば積極的に仕事をこなしてもまだまだ余裕があるようになればいいと思っているので年々スタミナとストレス耐性のレベルを上げていきたいと思います。

ストレスが溜まっている人はストレスに強くなる技術を学ぶ

ストレスとどう付き合いかはこのブログでもいろいろ紹介しています。ストレスが溜まるのは外的要因があってこそかもしれません。ただストレスと感じるのは自分なのでストレスを感じにくい人になれれば、人生を上手に生きれるのと家庭円満に長生きに健康がセットで付いてくるので、これからもストレスと上手に付き合う方法を模索していきたいと思います。

© 2017 人生戦略ノート