人生戦略ノート

Enjoy the Life

「サラリーマンの通勤時間の使い方を考える」


スポンサーリンク

サラリーマンの通勤時間の使い方を考える

最近電車に座れることが非常に多く、嬉しい状態になってします。しかし嬉しい反面座ると睡魔に抗う事が出来ていない状況です。電車で寝てしまう対策を再度考えるのと電車で何をするかをしっかり設定していこうと思います。

通勤時間の年間トータル

通勤時間は年間どらくらいあるのでしょうか。週休2日間で適当に月20日通勤があると仮定すると20日×12月で240日通勤があります。
通勤時間は往復で約2時間なので480時間の通勤時間があります。日に換算すると20日あります。この時間をスマホで時間を潰すのは人生を損にしていると思ってきています。

既存のキャリをやめて格安SIMにする

既存のキャリアスマホだとLTEで速度が速くて快適さを売りにしていますが、その分「しっかりお金は頂戴ね」という感じになっています。そもそもスマホの快適さは触る事が多いのが前提でこれから触る時間を減らしていくならいっそ格安SIMにする方が合理的。

格安SIMにして速度が遅くしてあまり触らない環境と月額料金を抑えて節約をしようと思います。(実際格安SIMを使った感想は速度が特段遅いと感じる事はありませんでした。)

スマホを触る時間を決める

家ではほとんどスマホを触らないのですが、一番触ってしまうのが通勤時間です。特にニュースを見るためと自分に言い訳をしています。結局全部読むとまとめサイトのしょうもない記事を見てしまうので見る項目をしっかり決めておくことにして、しっかりルール通りにするようにしたい。

www.xn--fdkl2l313jkkuvhzboa.com

スマホケースに定期を入れない

上の記事にもありますが、今多いのが定期入れ一体型のスマホケースなのでカバンにスマホを入れても改札で使わないといけないのでカバンに入れるという選択肢がなくなります。
これが悪循環になっていると思うので、定期入れ一体型のスマホケースを捨てることにしました。

通期時間で教科書より問題集が良い理由

教科書も勢いよく何回も何回も見るのもいいと思うのですが、通勤時間で問題を解く方がいいかと思います。一番良いのが朝の通勤時間で教科書を読む項目をスケジュール化して帰りの通勤時間で問題を解くのが一番効率が良いです。

何もせずに今後の計画を考える

勉強勉強と思うと逆にモチベーションが下がる場合があります。そういった時はスマホで今後の計画について考えたり、家で何をしていくか、どう遊んでいくかをしっかり考えて自分の考えをEVERNOTEなりにメモしていきましょう。
通勤時間は勉強や読書をするのも良いですが、考える時間に使えるので通勤時間を有効に使いましょう。

サラリーマンの通勤時間のまとめ

通勤時間に何をするかが本当に大事だと思います。そのためには寝るという選択肢をなくすようにしたいのと勉強をするという決意が必要です。人間楽な道に進みたくなる生き物です。ただ楽な道を選び続けた事によって後悔をしたくないので一番きつい事と自分がしたくない事を積極的していこうと思っています。

そのために何回も挫折した通勤時間での勉強を頑張りたいと思います。まずは座ると目の前が真っ暗になる対策を本当にしないといけません。
電車は本当に眠たくなるのでそこをどうしていくかを考え、習慣化したいと思います。