読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生戦略ノート

Enjoy the Life

「サラリーマンで給料を増やすより、副業でお金を稼ぐ事を考える理由②」


スポンサーリンク

前回なぜ副業をする必要があるかの理由を書きました。

日本の企業の採用の変化に応じて、給料が変化すれば問題はなかったのですが、そんな事出来ないのは当たり前ですね。今回はサラリーマンという観点より、日本の状況から副業を考える理由を考えたいと思います。

物価の上昇が止まらない

この物価の上昇することによって、使えるお金が減ると言う事になります。その影響で生活必需品の値段が上がり、今まで残っていたお金より更に少なくなる事が分かります。

この物価の上昇は誰もが実感している事だと思います。その中で特に重要視しているのが、節約やお金の使い方です。物価の上昇のきかっけで、今まで考えずに楽しく余裕のある事からどんどん物価が上昇しているので家計を守る術を身につけていく必要があります。

節約やお金を使う方法をしっかり考えていても、どんどん上昇してくる物価に給料も上昇すれば何の問題もありません。物の価値が上がり、給料は今まで通りなら給料は減っているのと同じです。
そして物価上昇とは別に少子高齢化や政治家の無能な影響で、税金はどんどん上昇していきます。

税金の上昇により、使えるお金が更に減る

物価の上昇で使えるお金が減り、節約をしってしっかり家計を守るために主婦や夫婦で対策をしている方もいるかと思います。まだ物価が上昇しても今まで3つ使っていた物を2つにして我慢するといった事などが出来るのに対して、税金は強制的に取られるので対策のしようがありません。

これから税金は上がることが確実なのと、老後の年金が貰える年齢がどんどん先延ばしになり、払うのバカらしいと思っている中で更に厚生年金の保険料が上がっていきます。
平成29年9月分で厚生年金の保険料率は18.3%になります。

www.office-i.net
ただ、平成29年以降に上がらないとは言ってないないのと、政治家は徐々に率を上げれば不満を和らげると思っているので、厚生年金以外でもこれからどんどん料率を徐々に上げていくかと思われます。
特にこの手法で一番分かりやすいのは「消費税ですね」。
2014年4月から8%になり、10%は2017年4月からになります。
そして、高齢化社会の影響と税金を将来納めてくれる子供達の減少から分かることは介護保険料率が上昇するかと思います。

円安による影響

物価の上昇は円安による影響もあります。ただ円高の時に物値段が下がったかと言うとそんな事はほとんどなかったかと思います。この事から学べることは日本という国は「一度値段を上げるとほとんど下げることはしない」という事が分かります。
そして、円安は輸出は有利ですが、輸入は不利となります。海外旅行に行けば使えるお金が円安だと減ることになります。

企業だと原材料を安く買おうにも円安で、円高の時以上の値段になっています。そして企業も頑張って努力はしていますが、企業努力では限界があるので、商品の値段を上げるなり、いつも同じ値段だけど内容量を減らすといった工夫をするしかない状況です。

サラリーマンは副業でお金を稼ぐ事を考える理由

物価の上昇に税金も上昇し、円安で使えるお金がどんどん減っていてると思います。これから徐々に物価や税金が上がっていくと何かを我慢したり、切り詰めるといった事を本格的にする必要が出てきます。そもそも物価が上昇すれば預金の利率から給料が増えるはずなのですが、全く増えないのが問題だと思います。
この状況下で考えるべき事は、家計の支出を減らす事と副業で今使えるお金を増やす事が急務だと思います。
それに加えて、お金に拘らず、資産にもしっかり注目したりする必要があると思っていますが、不動産は手を出すのは辞めた方がいいと思っているので、もし持つなら株ぐらいしか今は思いつきません。
会社に人生という時間を全て注ぐより、7割8割で残り分を副業に回すことを考えるのが本当の自己防衛だと思います。