健康、投資や生活に役立つ「人生戦略ノート」ブログ

人生の戦略を実戦して楽しく生きるブログです。健康や投資に筋トレなどいろいろな情報を楽しくお届けします。

MENU

健康

「集中力と疲労は姿勢で決まる!姿勢矯正シートの実力」

マラソンのシューズを購入しにスポーツショップに行きました。その時にちょっと「座って靴を履いてみましょう」と言われた時に座った椅子に衝撃を受けました。 正確には椅子の上にある「姿勢矯正椅子」でした。 購入したのは「MTG(エムティージー) Body Make…

「朝食を絶対に食べるべき!朝食を食べない事によるデメリット」

高校生の時から社会人4年目まで朝食を食べない生活を続けていました。 朝起きてから顔を洗って歯磨きをしてすぐに家を出るという生活を続けていました。冬になるたびに朝がしんどすぎて体温が全然上がらないのでどうすればいいかを調べた結果、「朝食」が全…

「プラモデルで脳トレ!楽しくできるプラモデルが脳トレになる4つの理由」

最近脳の老化について考えるようになりました。自分の上司や周りの先輩たちを見ると新しい事になると理解が非常に遅い。ここで単に馬鹿にしているのと同じ道をたどるので、30にもなったので新しい事に挑戦し、今のうちに脳のトレーニングをしようと思い、…

「健康を維持するために簡単にできる5つの習慣」

健康を過剰に意識すると、変なキーワードが身につきます。飲むだけで安心、体に必要な7つの栄養素をたった一杯で摂取することができますなど、もしかしたら良い栄養素かもしれませんが、健康は複合的な行動の上で維持することができます。 自分がしている健…

「睡眠時に口呼吸になっている人は人生を損している6つの理由と対策」

手洗いうがいにバランスの取れた食事、運動をしっかりしています。健康のために行動してるのにも関わらず、朝の目覚めが悪かったり、頭痛や風邪を引きやすく、すぐに口内炎ができたりとずっと不思議に思っていましたが、原因がわかりました。 それは睡眠時の…

「ダイエットと健康維持の効果を発揮する水泳をするメリット」

ジムでランニングをするより、かなりの効果がある水泳。 ダイエットには効果的な水泳、水泳という運動による健康維持にも大きな効果を発揮します。水泳をする事で得られる素晴らしいメリットを紹介します。

「社会人のための健康維持に必要な運動を簡単にする方法」

運動不足は社会人になってから大きな課題の一つです。仕事で疲れている中でわざわざ運動をして疲れるのは嫌だという人向けに、健康維持のために運動の習慣による大きなメリットと簡単にできる運動を紹介します。

「20代30代で物覚えが悪くなる記憶力低下の原因と4つの改善方法」

最近、記憶力の低下と言いたい事を間違えたり、自分がした行動を思い出せないなど、20代にして脳の衰えを感じる場合があります。脳の衰えは昔と比べて早くなる環境(自分自身の言い訳)なのかもしれませんが、早急に対策が必要です。 記憶力の低下の原因を…

「就寝前に感じるストレスを布団に持ち込む悪影響と対策」

【2015/7/1の記事を修正したものです】 布団に入ってから寝るまでに人それぞれ眠るための方法があるはずです。私はヒーローになって敵を倒すことを想像しながら寝ています。 そしてストレスを感じている時は、ストレスの原因の事ばかり考えると寝れなくなり…

「通勤電車で寝なくなってから体調が良くなった話」

引越しをしたのでいつも座る事ができていた通勤電車に座れなくなりました。通勤時に座るとすぐに寝ていました。座れずに寝れない状態だと疲労が溜まると思っていたら逆に体調が良くなりました。

「健康維持するための簡単に出来る6つの行動」

若い内は健康を意識せず無茶ばかりしたり、させらたりします。そして年を重ねる血圧に体重の上昇に腰痛や関節痛など様々な病気のリスクが増えてきます。 健康を意識せずにただ単に生活をしているだけでは、近い将来病気になる可能性が非常に高いです。今すぐ…

「社会人の疲労回復を促すための疲労を溜めない行動」

昼はサラリーマンの顔、夜は副業をする人には特に仕事から帰宅した後も副業の仕事があります。 仕事から帰って切ると疲労が溜まっています。疲労が溜まらなけばもっと副業の効率があがります。副業の効率を上げるためにも疲労回復を促すために何気なくしてい…

「低体温の悪影響と原因と低体温改善する行動で将来の病気のリスクを下げる」

夏風邪を引き、熱が出そうな所で何とか食い止める事に成功した翌日に体温を測りました。すると体温がちょうど35℃でここまでの低体温は今後、病気のリスクを上げる可能性があるので、今の内に体温を上げて、低体温対策をしたいと思います。

「夏風邪にかかる原因と夏バテ対策と予防」

2015年7月12日の記事をに公開された記事を再編集しています。 菌は熱に弱いので、夏風邪を引くという事は体の免疫が低下していると言えます。夏風邪にかかる原因の追究と予防方法 今回の反省を踏まえて、夏風邪対策について調べてみました。

「疲れやすい原因と疲労回復力を上げる行動」

生きていく中で毎日疲労との闘いです。疲れやすいのは脳に原因があり、原因の説明と疲れやすいと感じやすい原因の対策を紹介したいと思います。

「呼吸を意識する事によって得られた4つの効果」

呼吸を意識する事で実感があるレベルです。 根本的に自分自身の心と体が弱いのではなく、呼吸が浅くなりがちなのを意識して深く呼吸する事ですぐに効果がでた4つありました。

「疲れやすい体と心の原因を改善する『呼吸』を意識する事で得られる疲労回復」

仕事で疲れたり、帰宅後に眠くなったりと毎日なぜかクタクタ状態。帰宅後に勉強や読書をしたくても出来ない状態。 疲労回復するために疲れないを溜めない行動の一つして呼吸を意識する事で改善できることに気が付きました。

「社会人の疲労回復するための行動」

仕事は疲れるものです。いくら疲労対策をしてもすぐに結果が出ません。 真っ先にやるのが疲労回復させるためにどうするかを実行する事です。

「通勤時間などでの睡眠は悪習慣である理由」

通勤時間で毎日寝ていました。通勤時間で寝るから寝ないように行動すると体調が良くなりました。 なぜ体調が良くなったのかを調べてみました。

「疲れた時に速攻で疲労を回復するシンプルな睡眠をする方法と段取り」

会社帰りに「お疲れ様でした」と言った後に自分自身がお疲れモードでクタクタだなという事が増えました。週末になる前に仕事の度合いによっては疲労のピークが来ているかもしれません。そんな時にシンプルに回復する方法は潔く寝る事と寝るための段取りが必…

「節約でエアコンを付けない選択肢の弊害と家族に対しての反省」

実家に住んでいた時から扇風機で十分でした。一人暮らしをしてからも扇風機で十分という思い込みを反省する事がありました。

「人生を楽しむための3つのテーマの行動を意識する」

人間の平均寿命はどんどん伸びている事は誰もが知っていることです。寿命が伸びても病気だったら何の意味もありません。 簡単に出来ることを実践して死ぬまで健康でいられるよう3つのテーマの行動を意識していきたい事があります。

「疲れにくい体を作るため自律神経を意識した3つの行動」

疲れの対策をどうしていくかを考えていると丁度テレビで疲れについての特集がやっていました。 自律神経に負担を掛けないようにする事がメインで簡単に出来るのと体に良い事だと思ったのて意識的にやってみようと思いました。

「噛む事を意識するだけで得られる7つのメリット」

噛む事を意識する事で得られるメリットを気付いている人は少ないです。 朝昼晩の食事の際、何気なくご飯を食べるのではなく一度噛む事を継続するだけで体と心にメリットがあります。

「若い内に健康を意識して行動する事で、老後の経済負担を減らす」

老後の経済負担が怖くて貯金しがちです。貯金をいくらしても不安はなくなりません。特に病気の時の金銭負担は多くなる可能性があるので健康を意識した行動が必要になってきます。

「朝食を食べた事による得られるメリット」

朝食を食べる方がメリットがある、食べない方がメリットがあるといったいろいろな意見があります。自分の体調に合う行動をすれば良いだけです。ただ朝食を食べないより、食べる方が良いメリットの方が多いと思うので自分の体調の事と合わせてメリットを紹介…

「疲労を蓄積させない体を作る教科書」

仕事終わりに感じる疲労。疲労を感じると帰宅後に趣味や勉強を阻害する原因の一つとなります。 今出来る事を少しずつ行い、疲労を蓄積させないようする方法をまとめました。

「疲れやすいのは体よりメンタル!?疲労回復するためのメンタルトレーニング」

忙しい中でも元気な人は年齢に関係なくいます。その人達は基本的に明るい性格が多い印象です。 疲労を感じるのは体力がないだけではなく、メンタルが影響している事があると思うのでメンタルトレーニングの方法をまとめてみました。

「疲労回復を促す行動と食べ物 疲れが取れない人のための攻略本」

疲れが取れない状態で次の日、また次の日と疲労が蓄積していくと仕事や日常に悪影響を及ぼします。 何もしないままだと疲労は溜まっていく一方なので、疲労回復するための行動に役立つ攻略本を作ってみました。

「短い睡眠でスッキリするための行動と習慣」

短い睡眠でスッキリするためにはたった一つの事より複合的な習慣や行動によって短時間睡眠が実現する事ができます。 ただ常に短時間睡眠でいける訳でもないので短時間睡眠をするための行動と習慣を自分の体験を交えて紹介します。

© 2017 人生戦略ノート